冬化粧の羊蹄山(蝦夷富士)-2019-11-10

2019.11.10(日) 2 DAYS Hokkaido
うでズク
うでズク

活動データ

タイム

06:02

距離

8.9km

上り

1,193m

下り

1,193m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

初雪⛄️観測で❄️の少ないうちなら登れると計画 南斜面の真狩コースなら誰かも登っていると期待し現地へ 予想は甘かった 駐車場には誰も居ないので、夜明け前のLEDを使ってのスタートは見送り 🌄日の出に合わせてスタート 2合目までは昨日登ったであろう👣たくさん 3合目からはアイゼンの出番 🐾は有るが👣は全くなく心細くなる ふんわりと積もった❄️は踏み込むと深く沈み込み、ラッセルしながらソロでは次の一歩がなかなか進まず 8合目手前で断念することに、 この❄️質では、先の大きなシュートをトラバースする時に雪崩れてしまい、避難小屋に辿り着かないと判断 目標時間内に山頂到着が見込めず 日没までに下山するにも体力の消耗が想像以上で脚がつる始末 汗だくで👕や🧤がびしょびしょ💦 下りもガレにアイゼンの爪が不安定に当たるため🦶脚首捻挫で 大ゴケ2回も 引返しの6合目あたりでソロのご婦人と離合 アイゼン無しでストック使用で上がって来ていたが、どの辺りまで登られたのだろうか? 下山後、京極温泉♨️でまったりと 露天風呂から山頂を眺める 南側からやって来た☁️が⛰️にあたり北側からの☁️と一緒にまた南へ 不思議な風の流れやなぁと、 札幌の友達に先日教えてもらったラーメン🍜屋へ レンタカー返却して秀岳荘へ アドバイスしてもらったので、 現況報告のあいさつへ さぁ寝る前に洗濯🌀👕がスゴい💤

夜明けのキャンプ⛺️場
ビジターセンターは春まで冬眠
⛺️場抜けると登山道
登山口にはお知らせ 入山届箱が無かった
🐾未明にpassしたであろう
🐾何かわかるかな
おーdeer🦌
🦊かなぁ
大事な案内 ぶら下がったりしないでね
この辺りは👣跡たくさん
⛰️が大きいとこの案内がなかなかでてこない
そろそろアイゼン装着
前爪がほしいとこだが
お気に入りの赤べこの鈴
白樺の向こうにお釜の縁が見える 雲が無く快晴☀️
日の出🌄
廻りの⛰️もよく見える
割りと狭いtrail
いや~、目標はまだまだ上です
倒木もそのままで越えるのが辛い
だいぶ登ったけど、まだ
麓には❄️があんまり無い
今日のfirstTrack なかなかこれは味わえない
やっと汗だく👕💦
樹氷
笹が減ってきた 標高によって景色が変わっていく
斜度があると❄️が深くて なかなか進めない
頭に枝があたり、首元に❄️が入ってくるヒヤッ
いい感じ かなりクタクタで休憩が多くなってきた
踏み込むとガレまでアイゼンが沈み込み 足首を捻って痛みます
ここでTimeover 登り目標時間に山頂へ辿り着かない この先のシュートをトラバースするには❄️が柔らかくて雪崩れそう
しっかり休憩 誰も登って来ない
今回の装備 ロープも2束あるが出番はない
さて下山します
避難小屋までは行きたかった
日射し強く ❄️が溶けてきた
汗だく👕💦
次は夏に
大きくなった霜柱 仙台にこんな飴あったなぁ
いぃ👣跡
ビバーク出来そう
下るとすでに溶けてぐちゃぐちゃ
アイゼンに🍂が詰まって歩きにくい
くたびれた

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。