大境山 大境山登山口 日帰り 往復

2019.11.10(日) 日帰り Yamagata, Niigata
ボッチ登山家T
ボッチ登山家T

立地的にはほぼ山形の新潟百名山、大境山に登ってきました。 所々なかなか急で下りはビクビクでしたが、山頂からの景色はよく気を付ければとても楽しい山でした。 紅葉は終わり気味でしたが、葉の落ちた白い木がとてもきれいでした。

登山口出発。間違って右側に行ってしまいました。
1/37 2019.11.10(日) 06:34

登山口出発。間違って右側に行ってしまいました。

登山口出発。間違って右側に行ってしまいました。

おかげで初めてカモシカ見れました。
2/37 2019.11.10(日) 06:36

おかげで初めてカモシカ見れました。

おかげで初めてカモシカ見れました。

正しい道は対岸。
3/37 2019.11.10(日) 06:36

正しい道は対岸。

正しい道は対岸。

戻って再出発。
4/37 2019.11.10(日) 06:38

戻って再出発。

戻って再出発。

さっきの標識を左に曲がり、しばらく歩いたのちこの標識を右に曲がります。
5/37 2019.11.10(日) 06:42

さっきの標識を左に曲がり、しばらく歩いたのちこの標識を右に曲がります。

さっきの標識を左に曲がり、しばらく歩いたのちこの標識を右に曲がります。

川辺の道を進み少し登ると緩やかな登りになりますがそれも長く続かず、
6/37 2019.11.10(日) 07:01

川辺の道を進み少し登ると緩やかな登りになりますがそれも長く続かず、

川辺の道を進み少し登ると緩やかな登りになりますがそれも長く続かず、

急で細い上りに変わります。帰りが怖い。
7/37 2019.11.10(日) 07:12

急で細い上りに変わります。帰りが怖い。

急で細い上りに変わります。帰りが怖い。

心強いピンクテープ。
8/37 2019.11.10(日) 07:42

心強いピンクテープ。

心強いピンクテープ。

景色が開けます。
9/37 2019.11.10(日) 07:48

景色が開けます。

景色が開けます。

さらに上から。
10/37 2019.11.10(日) 07:49

さらに上から。

さらに上から。

稜線歩きとなります。左側が危険。
11/37 2019.11.10(日) 07:54

稜線歩きとなります。左側が危険。

稜線歩きとなります。左側が危険。

山頂が見えてきました。
12/37 2019.11.10(日) 08:03

山頂が見えてきました。

山頂が見えてきました。

少し下ります。
13/37 2019.11.10(日) 08:05

少し下ります。

少し下ります。

沢で登りに転じます。
14/37 2019.11.10(日) 08:10

沢で登りに転じます。

沢で登りに転じます。

これから登る道。険しさはこの後痛感。
15/37 2019.11.10(日) 08:18

これから登る道。険しさはこの後痛感。

これから登る道。険しさはこの後痛感。

景色はとても良いです。
16/37 2019.11.10(日) 08:20

景色はとても良いです。

景色はとても良いです。

急坂を登り切り、あとは緩やかな道を行きます。
17/37 2019.11.10(日) 08:29

急坂を登り切り、あとは緩やかな道を行きます。

急坂を登り切り、あとは緩やかな道を行きます。

池です。なかなか立派。
18/37 2019.11.10(日) 08:40

池です。なかなか立派。

池です。なかなか立派。

山頂目前。ほっとする道です。
19/37 2019.11.10(日) 08:42

山頂目前。ほっとする道です。

山頂目前。ほっとする道です。

山頂着。標識なし。潔しです。
20/37 2019.11.10(日) 08:45

山頂着。標識なし。潔しです。

山頂着。標識なし。潔しです。

エブリ差岳などなど。雲の中です。
21/37 2019.11.10(日) 08:49

エブリ差岳などなど。雲の中です。

エブリ差岳などなど。雲の中です。

飯豊本山も雲の中。
22/37 2019.11.10(日) 08:49

飯豊本山も雲の中。

飯豊本山も雲の中。

360°見渡せて素晴らしい。
23/37 2019.11.10(日) 08:49

360°見渡せて素晴らしい。

360°見渡せて素晴らしい。

24/37 2019.11.10(日) 08:49
25/37 2019.11.10(日) 08:49
山肌綺麗。
26/37 2019.11.10(日) 08:50

山肌綺麗。

山肌綺麗。

恐怖の下山開始。
27/37 2019.11.10(日) 08:57

恐怖の下山開始。

恐怖の下山開始。

第一の難関。わかりにくいですが急です。
28/37 2019.11.10(日) 09:12

第一の難関。わかりにくいですが急です。

第一の難関。わかりにくいですが急です。

現実逃避して景色を見渡す。葉の落ちた木々が白くてきれいだなぁ。
29/37 2019.11.10(日) 09:12

現実逃避して景色を見渡す。葉の落ちた木々が白くてきれいだなぁ。

現実逃避して景色を見渡す。葉の落ちた木々が白くてきれいだなぁ。

腰を付き、周りの小枝にしがみつきながら何とか降りれました。
30/37 2019.11.10(日) 09:16

腰を付き、周りの小枝にしがみつきながら何とか降りれました。

腰を付き、周りの小枝にしがみつきながら何とか降りれました。

沢通過。Tのガイドブックではここが水場になっていました。水が落ちていたのでそこで補給できそう。
31/37 2019.11.10(日) 09:27

沢通過。Tのガイドブックではここが水場になっていました。水が落ちていたのでそこで補給できそう。

沢通過。Tのガイドブックではここが水場になっていました。水が落ちていたのでそこで補給できそう。

第二の難関通過中。
32/37 2019.11.10(日) 09:44

第二の難関通過中。

第二の難関通過中。

勾配が緩やかになってほっと人心地。落ち葉ザクザクで楽しい。
33/37 2019.11.10(日) 10:21

勾配が緩やかになってほっと人心地。落ち葉ザクザクで楽しい。

勾配が緩やかになってほっと人心地。落ち葉ザクザクで楽しい。

小川のわきを歩きます。
34/37 2019.11.10(日) 10:30

小川のわきを歩きます。

小川のわきを歩きます。

登山口着。
35/37 2019.11.10(日) 10:37

登山口着。

登山口着。

歩いた道を見上げる。
36/37 2019.11.10(日) 10:38

歩いた道を見上げる。

歩いた道を見上げる。

立ち寄った温泉から。飯豊連峰雪が少し積もっていました。
37/37 2019.11.10(日) 11:40

立ち寄った温泉から。飯豊連峰雪が少し積もっていました。

立ち寄った温泉から。飯豊連峰雪が少し積もっていました。

登山口出発。間違って右側に行ってしまいました。

おかげで初めてカモシカ見れました。

正しい道は対岸。

戻って再出発。

さっきの標識を左に曲がり、しばらく歩いたのちこの標識を右に曲がります。

川辺の道を進み少し登ると緩やかな登りになりますがそれも長く続かず、

急で細い上りに変わります。帰りが怖い。

心強いピンクテープ。

景色が開けます。

さらに上から。

稜線歩きとなります。左側が危険。

山頂が見えてきました。

少し下ります。

沢で登りに転じます。

これから登る道。険しさはこの後痛感。

景色はとても良いです。

急坂を登り切り、あとは緩やかな道を行きます。

池です。なかなか立派。

山頂目前。ほっとする道です。

山頂着。標識なし。潔しです。

エブリ差岳などなど。雲の中です。

飯豊本山も雲の中。

360°見渡せて素晴らしい。

山肌綺麗。

恐怖の下山開始。

第一の難関。わかりにくいですが急です。

現実逃避して景色を見渡す。葉の落ちた木々が白くてきれいだなぁ。

腰を付き、周りの小枝にしがみつきながら何とか降りれました。

沢通過。Tのガイドブックではここが水場になっていました。水が落ちていたのでそこで補給できそう。

第二の難関通過中。

勾配が緩やかになってほっと人心地。落ち葉ザクザクで楽しい。

小川のわきを歩きます。

登山口着。

歩いた道を見上げる。

立ち寄った温泉から。飯豊連峰雪が少し積もっていました。