東北遠征 驚異の冬の訪れ 岩木山 2019-11-06

2019.11.06(水) 2 DAYS Aomori
さとし
さとし

活動データ

タイム

07:00

距離

12.5km

上り

1,471m

下り

1,475m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

岩手山の翌日は鳥海山に登ろうと、秋田県南部に向かって車を走らせた。 翌日、鳥海ブルーラインにて驚愕の事実が。 この1週間の期間は夜間閉鎖の時間帯がある、との看板が立っていて、ゲートは封鎖されていた。 そんな...地図を見ると、もう一方からも鳥海山の登山口まで道がある。 よし、こちらから攻めてみよう!と思い、車を走らせる。 が、ここも鳥海ブルーラインだったか、、同じようにゲートは封鎖されていた。 どうしようか考えていると、関係者の方がやってきた。ブルーライン上部の道路なシャーベット上になっていて、開通には更に時間がかかるとのこと。 時刻は8時30分を過ぎていた。 鳥海山の難易度を考えると、これ以上のスタートの遅れは無理だ。 どの道、鳥海山は明日で冬期閉山する予定だったようだ。 諦めて、秋田県北部に向かって車を走らす。 岩木山にしよう、と。 翌日、岩木山神社からスタートする。平野部の天気はそこそこ良いが、山の上部にガスがかかっており、何やら黒い、、嫌な雰囲気だ。 登り始める。 枯れ沢を登っていったりと、思ったよりハードなコースだ。 7合目を過ぎたあたりからか、、ガスの中へ。冬の装いを見せてくる。 霜、、というか、凍結していたのだ。少し様子を見ながら登っていくが、岩場で凍結している範囲が少しずつ広がっていった。 これは無理だな、、時期的に、こんなこともあろうと、ザックに忍ばせておいたチェーンスパイクを装着。これがかなり効いた。 だが、8合目から上になると、爆風と凍結が酷くなってきた、、まさか、これ程とは。 山を甘く見るな。 凄まじい白の世界に心が持っていかれそうになる。 白の凍結の世界だが、気温はまだ急激には低くはない、レイン上も羽織り、防御力をアップさせる。 頂上へ辿り着くも、ガスは抜けず、真っ白の凍結の世界だった。。 もう冬なのだ。少し分かってきたのだろう? 山に心身の希望を求めるな。 そう言われている気がした。 避難小屋の壁に身を隠しながら、頂上では過ごした。 誰もいない。 下りる時も一筋縄ではいかなかった。ゴーグルが欲しいくらいだ。 爆風の中、慎重に足場を選び、下りていった。 やはり8合目より下に来ると平穏は戻っていた。 山のゾーン、というやつかもな。 これも山なんだ。こちらも常に先回りをした装備は心がけていかなくてはならない。 自分が生きている鼓動を感じながら、岩木山を後にした。

活動の装備

  • ボトルホルダー Add-on bottle holder one size 2530-00100
    MAMMUT

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。