点線を辿る冒険 仏ノ辻山

2019.11.04(月) 日帰り Saga, Fukuoka
Furukawa
Furukawa

活動データ

タイム

03:04

距離

4.7km

上り

275m

下り

278m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

今日のバルーンは風で中止という情報。 結局山しかないのかと、意味無く納得…。 でも、コンデジが使えないので近場の山で、花とか展望とかどうでも良い場所…。 そんな場所あるのか…気になる山(仏ノ辻山)はあるのだが情報が少なすぎる。 ヤマップで検索しても白木方面からの情報のみ。 ヤマケイにいたっては、検索にヒットさえしない。 国土地理院地図では、広滝方面からの点線があるのだ。 それなら、そこ(点線)を辿って仏ノ辻山へ登ろうではないか! と、一人で盛り上がってしまった。^^; そしてヤブコギ、くもの巣をなんとかクリアして山頂に到着! 昼食後、反対側の白木方面に下山。 しかし、その後バイクを置いた場所まで戻るための大冒険が待っていた。 今回の山行きは、来年前期高齢者を迎えるじいさんを、興奮のるつぼに落し入れてくれた。 是非どなたか、このルートに挑戦してほしい。楽しさを保証する!

途中、土器山(からわけやま)の山容が素晴らしすぎたのでパチリ
城原川に沿って県道21号線を進む
途中、めがね橋を観光
めがね橋からの城原川のながめ
橋の欄干からほとばしる「恵みの流水」によって虹がかかる
さて、取り付きそばの車寄せにバイクを駐車
ここが取り付き。  ドキドキ、ワクワク!
多少のヤブコギ、くもの巣はあったが、ひたすら点線を辿って登る
山頂到着。三等三角点が立派だ
山頂で昼食。なかなか味わい深い。
デザート。  じいさんは、やっぱり和菓子だね。
山頂は3畳くらいのスペースがあって、居心地がよい。
白木方面への道。  どんな道なのか、ワクワクする。
猿の腰掛?
数回道迷いしつつも、地理院地図を信じて、ひたすら点線を辿って白木方面の取り付きへ到着。
戻るために未知の領域に入っていく。  ワクドキがとまらない。
一服の休憩。  花を写す余裕。
最初は立派な作業道が続く。
巨石があり…
滝もあり…
良い雰囲気の道が…この先でスパッとなくなってしまった。
沢を渡って山側にエスケープ。
道なき道。冒険の始まりだ。
奥作礼の「人生の並木道」ってこんな感じなのかな?
山側の道がなくなる。  また沢を渡って反対側に。
数回、道がなくなるたびに沢渡りを繰り返すが、倒木が道を塞ぐ。
幾度となく山側へのエスケープ、そして沢渡りを繰り返す。  もう少しだ。
やっと、迷宮から抜け出すことができた。  反対側の取り付き。
ほっとしてきれいな花が目に入った。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。