まだ間に合う紅葉の守門岳(保久礼〜二口周回)

2019.11.04(月) 日帰り Niigata, Fukushima
ジロー
ジロー

活動データ

タイム

04:11

距離

12.8km

上り

1,293m

下り

1,293m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

山頂も冠雪なし。保久礼からは紅葉はイマイチですが、下山で使った二口登山道は標高1000m以下はまだまだ紅葉が見頃です。保久礼の下の方にかなり大きな倒木が2〜3本連なっていましたが何とか通れます。例年では冠雪が始まっている時期ですので防寒具とチェンスパは忘れずに。 二口登山道は初めて使いましたが、ものすごく素晴らしいルートです。保久礼からはすぐに大岳、稜線にアクセスできて良いのですが、景観が今ひとつ。それに整備された階段もありがたい反面、歩きにくかったり。その点、二口登山道は展望も良く、特筆すべきは圧巻のブナ林。紅葉も相まって素晴らしいルートでした。 私は保久礼〜二口周回でしたが、二口〜保久礼周回の方が登山口までが下りなので楽だと思います。 さて、知らない人も多いかと思いますが、アスリートのためのSNSで活動記録を記録するStrava(ストラバ)というアプリがあります。 先日の粟ヶ岳のログをStrava(ストラバ)で見たら総合16位とありました。なんのこっちゃと思って調べてみたら、このアプリはセグメントといわれる区間を設定でき、オンライン上でタイムを競い合うことができるそうです。 見てみると区間は「粟ヶ岳バーティカルキロメートル」と名称が定められており、一位はスカイランニング2019ワールドチャンピオンの上田瑠偉選手。ちなみに二位は松永紘明選手。二人ともプロのトレイルランナーです。 一緒のレースを走ることなどありえないようなこうしたスーパースター選手とオンライン上でタイムを比較できるのが、このStrava(ストラバ)というアプリの最大の魅力なんだとか。知らなかった(笑) 私はタイムは足元に及ばないどころかランキングされるのも恥ずかしい位のタイムですが、ライバル(ライバルか?笑)との差が一目瞭然に分かるのが面白いですし、頑張ろうというモチベーションにつながります。 近くの山で調べてみると守門岳の保久礼ルートにも区間設定がされていました。しかも、やっている人がすごく少ない。これはチャンスとばかりにさっそく守門岳に行ってきました。 二週間前からインターバルトレーニングを始めたのですが、わずか二回と練習にも関わらず心肺機能向上は効果てきめんです。苦しくない程度のペースでひたすら袴岳までノンストップでした。 登山口から80分を切ったつもりでしたが、区間設定が駐車場からだったようで81分でした。競争相手が少ないこともあり、今のところ暫定2位です(笑)

保久礼からスタート
大岳山頂は店じまい
そうそう!これが見たかった😆 紅葉は落ちていますがさすがの大迫力です‼️
青雲岳
登山者がランチのようです。
袴岳ピーク
パチリ🤳
ガスっぽい
まずまずの景観
白くなってきました
草紅葉も枯れてきました。
二口登山道から下山したらヒラタケの開き気味のものを発見😁
十分イケますので確保😆
黄色
中間点からはなんと滝が見えます😊
二口ルートは紅葉のパラダイスでした❣️
赤色
真紅
オレンジ
キノコです。
狂い咲きのイワウチワ
このぶな林が最高でした👍
すごくいい‼️
青空も😆
このぶな林です。黄色の森に赤の紅葉、そして青空。言うことなし😆
これから黄色に染まります。
光が差してきてより一層の輝き✨
素晴らしい。
最高のトレイルです❣️
味のある標識
なるほど。
立派な標識
紅葉ルートをラン(登り坂なので早歩きですけど😅)
なんと保久礼の入口はここだった。今まで知りませんでした😓
なんとなく寂しさも
ここに出てきます。無事にゴール。
ストラバでセグメント区間が設定されています。これは粟ヶ岳バーティカルキロメーター。
一位はスカイランニング2019ワールドチャンピオンの上田瑠偉選手です。私は総合16位。
今日は守門岳保久礼〜袴岳レースに参戦。
総合2位を獲得😆

類似する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。