【ソロ】羊蹄山_ご来光

2019.11.04(月) 2 DAYS Hokkaido
もじゃ
もじゃ

活動データ

タイム

11:49

距離

14.6km

上り

1,566m

下り

1,567m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

てんくらA判定になったので以前よりねりねり計画してたナイトハイクからのご来光を見てきました。 駐車場で車外気温2℃。 暗くてわからないが星が輝いているのでおそらく晴れ。 1合目につく頃には暑くて厚手のフリースを脱ぐ。 2号目くらいから霜柱が多数。先行者の足跡がわかりやすくて面白い。 時折ふくろうの鳴き声、鹿の叫び声が聞こえる。休憩中にライトを消してみたりして楽しむ。 4号目手前ですぐそばの笹藪から何やら大きめのものが地面に落ちる音が。完全にびびり笛を吹きならす。 5分程、熊スプレーのトリガーに指かけたまま待機するが笹が動く音も聞こえないのでたぶん生き物ではないだろう。でもびびってしまったので1時間ほどペース早めで登ってしまう。これが後に響く。 そんな恐怖も忘れ7号目。登山道の雪、氷が増えてきたのでチェーンスパイク装着。 8号目、ずっと見えてた町の灯りが見えなくなってることに気付く。暗くてよくわからんがまさか雲海か? 9号目を過ぎ這松トンネルが夏より低くなってる気がする。凍って下がったか。 外輪到着。空が白んで視界が良くなる。ライトいらず。右周りの岩場ルートで東側を目指す。 水平線が紅く染まりきれい。日の出予定10分前になんとかポジション確保。 きれいな朝日+おまけの雲海。羊蹄の神様に愛されてる気がする。 ベース・ミドル・薄いダウンベスト・厚手のフリース・ダウン着込む。爪先だけ異常に寒い。今後の課題。 だらだらと飯を食い、だらだらと雲海を楽しむ。結局2時間ほど滞在。 登りペースを守れなかった+夜間の緊張+凍結の緊張か、へとへとで下山。 霜がゆるんでどろどろ。2号目半から枝を杖替わりに。 ちょっとした課題はあるものの下見登山までしたので概ね計画通りで最高の結果。 真狩温泉に寄って帰宅。 とにかく眠い💤

類似する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。