中ア・北部編 YOUはドコから三ノ沢岳へ?! 三ノ沢岳独標尾根藪山道中記

2019.11.03(日) 2 DAYS
とりあたま
とりあたま

活動データ

タイム

13:49

距離

12.6km

上り

2366m

下り

818m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

◆警告◆ 実体験をもとにダラダラ書き連ねてますので、マンドクセな方は最後の総評だけをどうぞ 台風やら仕事で伸び伸びになっていました、去年からの宿題…三ノ沢岳から西へ延びる尾根の途中にある「中三ノ沢岳」。 そこを独標尾根から踏破しつつ、三ノ沢岳へとかつての登山道を歩ききる企みです。( ゚A゚ )ドコソレ? 続々とうpされる皆様の秋晴れの素晴らしいレポに比べ、とても泥臭い誰得な山行ですので、お暇があったらそっ閉じして下さい…( ´∀`)   ◆初日◆:風越山登山口~風越山~天狗山~独標~中三ノ沢岳 去年の先週、還暦記念に独標まで歩きましたが、今回はしっかり中三ノ沢岳を目指すので幕営装備(冬仕様)と水5㍑のフルザックで出発デース。 藪山なのでブラックスタートは今回も茄子です( ´∀`)   独標迄のコースの状況は去年とほぼ変わらず、台風による風倒木が増えた位で相変わらずの笹薮と激急登ですね…( ; ゚Д゚) フルザックで登るのが辛い辛い&辛い!当たり前ですが、日帰り装備とは比べるべくもなくペースが上がらない…   それでもなんとか、独標まであと少しの森林限界を越えたハイマツと岩のリッジを登っている最中、どこからか人の声が?(゜Д゜≡゜Д゜)? 幻聴かなwと思ったら、前方に2人の姿が見えました…どこから来たのぉ? ……話を聞くと、とんでもないところから縦走してきたそうですwたまげたなぁ… 分かる人は分かる、「あっち」からです( ゚Д゚)マジデカ… ネットに記録を上げていないそうで、その藪行が見れないのは至極残念無念也……    予期せぬ稀人と遭遇しつつも独標に到着、ここまで5時間15分…日帰りよりも1時間以上かかってます(;´Д`)…なによりも急登に次ぐ急登にめっちゃ疲弊してます( ´Д`)=3 オフゥ… ザックの重さが身に沁みます。   さてここからミッチーの領域…ハイマツの間の踏み跡を下りていきますが、踏み跡が尾根から南へずれていく?蕎麦粒側は引っ張られそう?GPSで方向を確かめて密藪を掻き分け下ります…ハイマツは直ぐに無くなり、灌木の密藪を潜り抜けると苔むした樹林になるので、方向が分かりやすくなります。どーやら北に逸れすぎたようで、尾根に復帰します。尾根上は踏み跡があり、真新しいピンテもあることにちょっとビックリ…やはりこのルートは多少は歩く物好きがいるようです♪( ^ω^ ) ここから中三ノ沢岳まで道自体は歩きやすいですが結構なアップダウンがあり、総じて勾配も急なので疲労は溜まる一方…( ´Д`)=3 徐々に倒木も目立ち始め、中三ノ沢岳手前の大倒木帯はまともに正面突破は出来ないので、右へ回避したり、倒木に乗って進んだり…臨機応変に越えていきます。 そろそろ幕営地を探したいのですが、過去ログにあった、2380p辺りの平地はちょうど倒木帯を回避していた辺りなので、直接確認してはいませんが、風倒木で塞がっている気がしたので、仕方なく中三ノ沢岳まで行ってしまいます… ( ;´・ω・`)ドコカナイカナ… 14時頃に中三ノ沢岳の山頂「であろう」地点に到着…当然、山名板も三角点もありませんが、KUMO氏の布があったので間違いはないでしょう♪ここから先が鬼門なのは予習さているのでこの辺りでビバーク出来るスペースを探す…(゜Д゜≡゜Д゜) ほんのちょっぴりシェラフ分のスペースを見つけ、強引にツェルトを張ってまだ早いですがここで本日はお終い!飯よりコーヒーより、ヘロヘロで寝不足の為、速攻寝ます( ˘ω˘)スヤァ…   2時間ほど仮眠して暗くなる前に夕飯を喰って早く寝ましょう♪夜更かしは美容の点滴ですからね? 晩御飯はほんのちょっと贅沢にハラミを焼いてビビンバにして食しました♪(゚д゚)ハオチーウマウマ!! おなかがくちくなって寝るだけなんですが、山では2時間も寝れば眠気は覚めてしまいます(疲れが取れるとは言ってない…)のでまんじりともせず、夜は更ける…時計を見る度「まだこんな時間かよ…」とがっかり(´・ω・`) まず間違いなく私以外誰もいない真夜中の藪山…風の音も獣の鳴き声も聞こえない…虚無りつつ明日の行程を脳内シミュレートするのでした…●●●おわり●●● …………………… ……………… ………… おわらない…   ◆2日目◆:中三ノ沢岳~三ノ沢岳~千畳敷駅 普段の私ならブラックスタートで時間と距離を稼ぐところですが、ここは深山幽谷藪山藪尾根ですので気兼ねすることなく明るくなるまでゴロゴロします……………………実態は、暗がりで挑めば遭難必至な領域なのでチキってます(´・ω・`)   昨日とほぼ同じ時間に出発し、中三沢岳を越えてコルへと下りていきます。地図を見るとお分かりですが、尾根上に岩峰が鎮座してまして…積雪期はこれを越えますが、無雪期は岩に加えて藪が行く手を阻みますので過去ログ通り、北側の岩交じりの草付きの「急」斜面を巻いていきます。……巻くと言っても、当然歩ける場所を探して攀じ登る・下る/灌木の枝を払う・潜る・跨ぐ…枝が折れてバランスを崩したり滑れば大惨事大戦必死です。こんな場所で行動不能になるのは=脂肪確定ですので背面のザックの重量、嵩に注意しながら歩けるポイント見つけてホールドを確実に進みまーす♪ 幸い、マストなコースは決まっているようで正しく歩けば、歩いた形跡があります…獣かもですがw 最初の大岩峰以外にもいくつか尾根上の岩を巻くポイントがありますが、自分は北側を巻いたのですが、もしかしたら南側を巻く方が楽な所もあったかもしれません…若しくは岩峰を直登するか…暫く尾根下の巻きをこなしていると尾根上に復帰するようになります。 尾根上はシャクナゲやコメツガ、シラビソ?の「超」猛烈な藪ですのでかなり苦戦します。 かつての登山道の名残も見られますが、直ぐに藪に消えてしまいます… それでも途中に幕営適地があったのはちょっとビックリw   そして森林限界を超えてハイマツ漕ぎが始まります…初めの内は背丈を越えるハイマツが進行方向に逆向きに被さってきます!! これが兎に角キツイ!枝に足を乗せ、手で枝を押しのけ、身体を割り込ませて進みますが、ザックの所為で引っかかる、あと少し足が上がらないwひたすら重労働?全身運動を強いられます… 時折、北斜面のハイマツのないゾーンにエスケープしますが、そこから尾根に復帰するのにまた一苦労…時間の割に距離が全く稼げず、疲労だけは加速度的に溜まっていき、心が病んできます… 出発してから時間にして2時間程ですか?黙々とハイマツ漕ぎを続け、斜度も上がる頃、巨岩の陰の腰を下ろせる程度の砂地に到着します。 ここまで来れればしめたもので、ここから先はハイマツの丈が低くなり、明確な踏み跡がハイマツの中に現れました♪!   多少ハイマツの枝が煩いものの、足元に道があるのは全然違いますねぇ…快適です! 一気に距離を稼ぎ、徐々に斜度が増し、ハイマツの海に岩が多くなってくると道を見失いました…只、ハイマツは既に脛程度なのでどこを歩いても無問題…というか、かなり斜度がきついので畢竟、ハイマツをホールドにして巨岩伝いに登るルートを採らざるを得ず、概ね尾根を沿うライン取りになりました。  ここからはどう岩を伝って登り上げるかのルーファイが大事になります。尾根の西側に入り込むとかなり危険なポイントがあるので尾根の東側の巨岩を伝って行くのが良いと思います。 兎に角ホールドを掴み損ねて転落しないことだけに注力して、なんとか三ノ沢岳頂上…の50m程下の岩稜に乗りました!もう殆ど山頂と同様なのですが、ここからもう少しハイマツの下のリッジを進んで行かねばなりません。稜線沿い、若しくは東側を巻くようにハイマツ帯を進みますがもうイヤ!、山頂手前で大岩の壁に遮られ、これを右手に回り込み、再びハイマツ帯を…右手下方に草付きが見えたらそっちへ下りてハイマツをやり過ごし、山頂手前で稜線に復帰すればめでたく三ノ沢岳頂上でこざいます!!!!!!   出発から3時間ちょっとでしたが、初日以上の体力と精神力を酷使しましたよ…… ハイマツ漕ぎの練習としてはまあまあ?総量的には少ないかもですが、この達成感は久し振りです。 山頂に人がいないのも尚嬉しい! この喜びを1人で堪能できるのは僥幸でした♪( ^ω^ ) 暫し感慨に浸ります…… ∫( ゚∀゚*)三(* ゚∀゚)∫〈ケキャキャキャキャ!!! ………………… \( °Д° )三( °Д° )/〈アババババババ!!! ………………… └( @∀@ )三( @∀@)┐〈ンホオォォォ!!! ………………… √(^皿^ )三( ^皿^)√〈ブルルルル!!! ………………… …………… ( ; ゚∀゚)=3〈ハァハァ…… …………… ( ・_ゝ・)〈…行くか(賢者モード) ……… …… ◆帰還編 後の祭り◆ 時刻は10時、予定では13時までに木曽駒まで行ければそのまま上松コースを下って7km程歩いて風越山登山口のマイカーに戻る予定でいました。 もろちん、3連休だったら中岳のテン場でもう一泊して余力を十分残して下山出来たのですが…   脳内シミュでは1時間程度で主稜線に復帰して、更に1時間程度で宝剣を越えて…と想定してましたが、予想以上に疲労困憊だったようで、主稜線への登り返しが絶望的に辛い… 登山道は日陰に多少雪がありましたが、ノーチェーンで歩けました。 それでも兎に角長い…気がする( ´Д`) 一般道に出た安心感もあったのでしょうか?何かのスイッチが切れたようで、ペースが全く上がらず1時間20分もかかって主稜線へ…(ヽ´ω`) この時点で足はガクガク…とても宝剣岳へと登る体力と精神力は残ってません……無理に登っても時間オーバーな上に滑落必至でしょう。 ……ロープウェイ客とごっちゃになるのも嫌だし…   そんなわけで、千畳敷へ下降します。ここも日陰にしっかり雪があって危険なのでチェーンを装着!デッドウェイトにならずに済んでなによりでした……下るだけならサクサク下れるのですがね… 千畳敷駅にアビナゲナク着いて時刻は12時ちょい前…あと1時間で千畳敷を登り返して、中岳越えて、木曽駒登って……死力を尽くしても2時間は掛かりそう…( ;´・ω・`) そこからCT約6時間ちょい、8割巻いて5時間…下山が19時…風越山登山口まで2時間として21時… ………………うん…ないわー(;´Д`) 時間的にも体力的にも天元突破するので強行案はボツ。 最後の最後で体力のなさが災いしてロープウェイ下山というみっともない敗北の結末となりました…(´・ω・`) …ロープウェイ、混んでるし…バスの中は隣に座った家族連れがガキ相手に九九の詠唱させて五月蠅いし…殺意湧く。 なんだかんだで駒ヶ根駅を13時50分に出発して、塩尻を経由して木曽山脈の反対側の上松駅に着いたのが17時…( ´Д`)=3 ここからも約7km、2時間ちょい掛けて真っ暗な林道をトボトボ歩いて行きます…途中でショートカットの木曽古道がありましたが、ヘッデンの電池が弱くなってきて、なにより完全に登山スイッチが切れているのでチキって突入できません…('A`) …そんなこんなで37時間ぶりに車に戻って、361号線が不通なので延々19号を塩尻まで登り、高速で帰りましたとさ…なんですかねぇ、この後味の悪い山行は?   ◆◇◆てなわけで、総評…◇◆◇ ・日帰りでも十分可能(下山は上松、18時間程?)、寧ろ後半の藪漕ぎを考慮するならザックは小さい方が吉 ・時期的には幕営装備、水の消費、気温、虫、藪の濃さ等を考慮して9月下旬~10月初旬が吉 ・エスケープは無いので、中三ノ沢岳までで疲れ切っているなら戻ったほうが吉 ・独標までの途中にある笹藪は左斜面を巻く道がリボンと共にあるのでしっかりルーファイをすれば藪漕ぎは不要 ・天狗山手前コルの崩壊地からの草付きの登りは尾根筋から左寄りに踏み跡あり ・独標手前の偽ピークの藪は左側に抜け道あり、強引に突破してもすぐに藪抜けする ・独標からのハイマツ下りはすぐに樹林帯に入るのでざっくり多少強引に下りて、樹林帯でリカバリするほうが楽かも ・中三ノ沢岳までは薄いながらも踏み跡、ピンテ有り、倒木帯はアドリブでかわす ・中三ノ沢岳から先の岩峰は左を巻く。日帰り装備なら強引に登っても可? ・石楠花等の猛烈な藪があるので折り畳み式の手ノコがあると吉 ・尾根上の藪は巻けるところは巻く ・背丈越えのハイマツ漕ぎは最初の1時間程度?左側に際を巻くポイントもあるが、復帰が大変なのでやらないほうが吉? ・ハイマツが低くなると道が出てくる ・三ノ沢岳手前の支峰への登りは巨岩伝いに尾根筋の右側を意識してハイマツの海を攀じ登る ・ハイマツホールドがしっかりしていますが、かなりの斜度なのでうっかり転落すると最悪死にます ・支峰から山頂までは稜線沿いか右側のハイマツ帯を巻く。右下方に草付き帯が見えたら一旦下りて登り返せば山頂! ・あとは気力で下山してね …台風19号の所為でタイミングがずれて冬装備でやる羽目になりましたが、このポンコツでもまだなんとかなるもんですねぇ…( ^ω^) Siさんに言ってしまった手前、やれずに冬を迎えたらどーしよーと思ってましたが、今年は雪が遅いお陰でギリギリチョップで間に合いました。 もうこの尾根を「テン泊装備」で歩くことは無いでしょうw ごきげんよう三ノ沢岳!モウコネーヨ!!ヽ(`Д´)ノモウコネエヨ!! まぁ、誰かから同行依頼があれば考えますが… もうすぐ冬山なのであとどれくらい藪山藪尾根がやれるかしら?次は…中小川登山道か?黒覆尾根か?熊沢岳南西尾根か?            終          制作・著作          ━━━━━           ⓃⒽⓀ 誰か代わりに中小川登山道のログうpして~!        

木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 風越山登山口からスタートデース!直前まで361号線が不通なのを知らずに時間がかかりマーシタ!
風越山登山口からスタートデース!直前まで361号線が不通なのを知らずに時間がかかりマーシタ!
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 私以外、車はありませーん。
晴天が約束された連休にここに来る変わり者がいるか?ここにいるぞ!
私以外、車はありませーん。 晴天が約束された連休にここに来る変わり者がいるか?ここにいるぞ!
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 藪っぽいですが、こんなのは藪に入りませんw
藪っぽいですが、こんなのは藪に入りませんw
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 カヤトの丘です
カヤトの丘です
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 御嶽山が見えます。王滝側の安全対策が完了したら継母岳へ行ってみたいなぁ…
御嶽山が見えます。王滝側の安全対策が完了したら継母岳へ行ってみたいなぁ…
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 笹がおでましですが、すぐにご退場します
笹がおでましですが、すぐにご退場します
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 倒木に別の根が張ってます。たまげたなぁ…
倒木に別の根が張ってます。たまげたなぁ…
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 風越山頂です。
フウエツ?カゼコシ?
風越山頂です。 フウエツ?カゼコシ?
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 シュイーン!!
まだ余裕があります
シュイーン!! まだ余裕があります
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 少し歩いて展望台
少し歩いて展望台
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 麦草~牙岩~木曽前岳~木曽駒…なにもかも懐かしい…去年だけど
麦草~牙岩~木曽前岳~木曽駒…なにもかも懐かしい…去年だけど
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 ガンガン進みマース!
ガンガン進みマース!
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 倒木デース!
倒木デース!
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 まともに突破は出来ませーん!
まともに突破は出来ませーん!
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 私好みの様相になってキター!
私好みの様相になってキター!
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 去年苦労した笹藪ですが、左側に巻道がついているとわかったので平気ですwマーキングあるし!
去年苦労した笹藪ですが、左側に巻道がついているとわかったので平気ですwマーキングあるし!
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 こんなに下るの?って感じで巻きますが、下り基調の尾根部なので信じて進みましょう
こんなに下るの?って感じで巻きますが、下り基調の尾根部なので信じて進みましょう
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 まぁ、多少なりとも藪山行をこなさないとルーファイすらできないと思いますがw
まぁ、多少なりとも藪山行をこなさないとルーファイすらできないと思いますがw
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 目指す独標はまだ先です
目指す独標はまだ先です
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 ここも去年ドキドキだった天狗山手前コルの崩壊地
ここも去年ドキドキだった天狗山手前コルの崩壊地
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 しっかりルートを見定めれば、何も怖くないデース(強がり)
しっかりルートを見定めれば、何も怖くないデース(強がり)
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 藪の急登はフルザックには堪えます…やめてくれ…
藪の急登はフルザックには堪えます…やめてくれ…
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 お馴染みの巨岩帯も…
お馴染みの巨岩帯も…
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 クリアしてまた急登…
クリアしてまた急登…
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 天狗山に到着。2年続けてここに来るのは私ぐらいか?
天狗山に到着。2年続けてここに来るのは私ぐらいか?
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 KUMO氏のリボン
KUMO氏のリボン
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 ハイ、チーズ!
ハイ、チーズ!
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 気持ちの良い樹林帯…と感じられるのは天狗山山頂のみ
気持ちの良い樹林帯…と感じられるのは天狗山山頂のみ
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 またひたすら急登…重い、ツライ…
またひたすら急登…重い、ツライ…
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 森林限界を越えた辺りで出会った、藪やのお二方。
なんと中八丁峠から蕎麦粒岳を越えて縦走してきたそうです!!
知っている人は知っている、中アのあのルート!人の痕跡が全く無く、三ノ沢岳へのルートの方が全然マシだと言ってました…たまげたなぁ…
真の兵(つわもの)に出会えたことに感謝!
森林限界を越えた辺りで出会った、藪やのお二方。 なんと中八丁峠から蕎麦粒岳を越えて縦走してきたそうです!! 知っている人は知っている、中アのあのルート!人の痕跡が全く無く、三ノ沢岳へのルートの方が全然マシだと言ってました…たまげたなぁ… 真の兵(つわもの)に出会えたことに感謝!
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 去年は雪がありましたが、今年はまだ無いのが助かりました
去年は雪がありましたが、今年はまだ無いのが助かりました
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 藪っぽい箇所もありますが、薄いので問題ありません
藪っぽい箇所もありますが、薄いので問題ありません
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 もうちょっと。
ここのテーブル岩で小休止
もうちょっと。 ここのテーブル岩で小休止
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 やって来ました、独標・蕎麦粒岳。でもほんとはここは萩原沢岳と言います…嘘はいけない
やって来ました、独標・蕎麦粒岳。でもほんとはここは萩原沢岳と言います…嘘はいけない
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 あれが本当の蕎麦粒岳。遠目で見ても、ヤバそうな山…
あれが本当の蕎麦粒岳。遠目で見ても、ヤバそうな山…
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 これから目指す中三ノ沢岳、三ノ沢岳…アップダウンすごそう…
これから目指す中三ノ沢岳、三ノ沢岳…アップダウンすごそう…
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 良~い天気デスネェ…(現実逃避)
良~い天気デスネェ…(現実逃避)
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 いつまでもここでのん気君してられませんね(覚悟、完了!)
いつまでもここでのん気君してられませんね(覚悟、完了!)
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 敵は全て下郎!
フハハハハハ~!!
敵は全て下郎! フハハハハハ~!!
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 そしてハイマツ帯を降りていく
そしてハイマツ帯を降りていく
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 直ぐに樹林帯
直ぐに樹林帯
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 尾根筋になんとな~く踏み跡ありまーす
尾根筋になんとな~く踏み跡ありまーす
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 ちょっと枝がうざいとこもありますが…
ちょっと枝がうざいとこもありますが…
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 真新しいピンテが!
真新しいピンテが!
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 概ね歩き易い道でーす
概ね歩き易い道でーす
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 でもアップダウンがきついデース
でもアップダウンがきついデース
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 倒木帯は潜るより左右へ避ける、上を歩いて渡ったさ~
倒木帯は潜るより左右へ避ける、上を歩いて渡ったさ~
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 山中に一人…たまんねぇ!
山中に一人…たまんねぇ!
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 また倒木帯
また倒木帯
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 そして急登…
そして急登…
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 またまた倒木帯
またまた倒木帯
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 振り返ると独標からまだあれだけしか来てないのね…
振り返ると独標からまだあれだけしか来てないのね…
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 途中に転がってた水入りペットボトル。中身に異常なかったので、有り難く煮沸して使わせていただきました♪
水に余裕はありましたが、バックアップはあって困るものではないので助かりました。
途中に転がってた水入りペットボトル。中身に異常なかったので、有り難く煮沸して使わせていただきました♪ 水に余裕はありましたが、バックアップはあって困るものではないので助かりました。
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 そして中三ノ沢岳に到着!来~た~ぞ~!!また一つ、中アのピークを制圧です。
そして中三ノ沢岳に到着!来~た~ぞ~!!また一つ、中アのピークを制圧です。
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 はい、ここにもKUMO氏の布です。藪をやる上でなによりの勲章になります。
はい、ここにもKUMO氏の布です。藪をやる上でなによりの勲章になります。
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 山頂すぐ手前の僅かな隙間を見つけました。
山頂すぐ手前の僅かな隙間を見つけました。
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 今回、ゲロ藪対策の為に買ったイスカのエアマット。丸めてザックの中に入れられる、寝心地もOKの逸品です
今回、ゲロ藪対策の為に買ったイスカのエアマット。丸めてザックの中に入れられる、寝心地もOKの逸品です
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 無理くりツエルトを設営、あまりの疲労っぷりに2時間程爆睡しました
無理くりツエルトを設営、あまりの疲労っぷりに2時間程爆睡しました
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 楽しい夕飯タイムの始まりでーす
楽しい夕飯タイムの始まりでーす
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 アルファ米を戻している間にハラミを焼く…般若波羅蜜多(ハンニャハラミタ)
アルファ米を戻している間にハラミを焼く…般若波羅蜜多(ハンニャハラミタ)
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 ビビンバにしていただきます♪
ハオチーウマウマ!
新しく買った小テーブルの使い勝手はなかなか♪
………………
このあとおやすみですが、例によって全く寝付けないw
ビビンバにしていただきます♪ ハオチーウマウマ! 新しく買った小テーブルの使い勝手はなかなか♪ ……………… このあとおやすみですが、例によって全く寝付けないw
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 明けて朝食…食欲はあまりありませんが、本日のハードワークの為、無理やりでも食べなきゃ!(使命感
明けて朝食…食欲はあまりありませんが、本日のハードワークの為、無理やりでも食べなきゃ!(使命感
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 マルちゃんの正麺、トンコツ味にメンマ、チャーシュー、小葱、きくらげ、紅ショウガをトッピング♪
マルちゃんの正麺、トンコツ味にメンマ、チャーシュー、小葱、きくらげ、紅ショウガをトッピング♪
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 再びの中三ノ沢岳
再びの中三ノ沢岳
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 ガッキィィーーン!!
ガッキィィーーン!!
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 コルへと下りていく
コルへと下りていく
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 いよいよ岩峰を巻いて行きます。ここはまだ普通…
いよいよ岩峰を巻いて行きます。ここはまだ普通…
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 巻きが始まりました…あまりの無茶苦茶な藪とトラバースで暫く写真無し。
歩ける場所を探せば大体そこが正解w
巻きが始まりました…あまりの無茶苦茶な藪とトラバースで暫く写真無し。 歩ける場所を探せば大体そこが正解w
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 途中にこんなビバークポイントも…ゲームで言えばセーブポイントですが、現実は甘くない
途中にこんなビバークポイントも…ゲームで言えばセーブポイントですが、現実は甘くない
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 滅茶苦茶な藪ですが…
滅茶苦茶な藪ですが…
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 足元には僅かに登山道の名残が
足元には僅かに登山道の名残が
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 ひたすら藪漕ぎに耐える
ひたすら藪漕ぎに耐える
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 石楠花に純粋な殺意が湧いた、今日この頃
石楠花に純粋な殺意が湧いた、今日この頃
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 地獄のような尾根上のハイマツ漕ぎにあって、途中の岩は天の助け
地獄のような尾根上のハイマツ漕ぎにあって、途中の岩は天の助け
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 振り返る…結構歩いて来たなぁ
振り返る…結構歩いて来たなぁ
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 あぁ、良い天気…そんな日にハイマツ漕ぎですかそうですか…
あぁ、良い天気…そんな日にハイマツ漕ぎですかそうですか…
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 ハイマツが低くなるまで我慢すると…
ハイマツが低くなるまで我慢すると…
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 道だー!
道だー!
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 暫くボーナスタイム♪
暫くボーナスタイム♪
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 ここにもビバークポイントが!
ここにもビバークポイントが!
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 かなり近づいた…気がする。
かなり近づいた…気がする。
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 この景色を励みにもう少しガンガル
この景色を励みにもう少しガンガル
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 改めて見上げると凄い斜度…
改めて見上げると凄い斜度…
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 空木への稜線…皆さん歩いてるんだろうな~
空木への稜線…皆さん歩いてるんだろうな~
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 岩から岩へハイマツを掴んで登っていく
岩から岩へハイマツを掴んで登っていく
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 もうちょっと~!
もうちょっと~!
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 やって来ました!山頂手前の支峰。あと50mほど登ってあそこまで行けば…
やって来ました!山頂手前の支峰。あと50mほど登ってあそこまで行けば…
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 ハイマツに苦しめられますが、あの草付きへと下ればショートカットできます
ハイマツに苦しめられますが、あの草付きへと下ればショートカットできます
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 キマシタワー!
キマシタワー!
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 こんなプレートがあったなんて去年は知らなんだ…
こんなプレートがあったなんて去年は知らなんだ…
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 とうとう独標から三ノ沢岳まで繋がりました!
自分の力で憧れを現実にした達成感は代え難い達成感です!
とうとう独標から三ノ沢岳まで繋がりました! 自分の力で憧れを現実にした達成感は代え難い達成感です!
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 でもまぁ、冬装備の罰ゲームでよくやれたなぁとしみじみ…
日帰りでもやれたよね…寧ろ日帰りの方がハードル低いかもw
でもまぁ、冬装備の罰ゲームでよくやれたなぁとしみじみ… 日帰りでもやれたよね…寧ろ日帰りの方がハードル低いかもw
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 さぁ、勝鬨だぁ!
さぁ、勝鬨だぁ!
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 ヤッダーバァアァァァァアアアアア
ヤッダーバァアァァァァアアアアア
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 …改めて自分を見ると…去年に比べて随分ふとましいなオイ…
…改めて自分を見ると…去年に比べて随分ふとましいなオイ…
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 ここから主稜線に…予想以上にガタガタズタボロだったようで、登りのペースが全く上がらないw
ここから主稜線に…予想以上にガタガタズタボロだったようで、登りのペースが全く上がらないw
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 すれ違った登山者は4人程…晴天でも三ノ沢岳に来る登山者は少ないのね…
すれ違った登山者は4人程…晴天でも三ノ沢岳に来る登山者は少ないのね…
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 ヘロヘロになりながら到着…
ヘロヘロになりながら到着…
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 宝剣まで登り返す気力ナッシン…
宝剣まで登り返す気力ナッシン…
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 極楽平へ…
極楽平へ…
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 右奥に見える熊沢岳南西尾根…
右奥に見える熊沢岳南西尾根…
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 久しぶりに南アルプスをこっちから見た気がする
久しぶりに南アルプスをこっちから見た気がする
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 千畳敷へ下りまーす。
もろちんチェーン装着デース
千畳敷へ下りまーす。 もろちんチェーン装着デース
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 千畳敷駅に到着…
観光客がクッソうざい(#^ω^)ピキピキ
千畳敷駅に到着… 観光客がクッソうざい(#^ω^)ピキピキ
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 もうここから登り返す気力も体力も無いので、「心の底から嫌だけど」、観光客に混じってロープウェイ下山します…敗北だよ敗北…敗北者じゃけぇ…
もうここから登り返す気力も体力も無いので、「心の底から嫌だけど」、観光客に混じってロープウェイ下山します…敗北だよ敗北…敗北者じゃけぇ…
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 時間をすっ飛ばして、上松駅。
ここから2時間ちょっと、7km弱歩きます。最後の1時間は暗黒の林道歩き…
時間をすっ飛ばして、上松駅。 ここから2時間ちょっと、7km弱歩きます。最後の1時間は暗黒の林道歩き…
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 37時間ぶりに帰って来たヨ~
37時間ぶりに帰って来たヨ~
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 おしまいだー!!
おしまいだー!!

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす