関東周辺ハイクー社山・半月山

2019.11.03(日) 日帰り
もみ
もみ

活動データ

タイム

04:40

距離

5.4km

上り

771m

下り

765m

活動詳細

もっと見る

秋は紅葉がキレイなところがいい。 調べに調べてやってきたのは社山。 読み方は「しゃざん」だ。 ヤシロヤマでもなくサザンでもない。 くだらない、申し訳ない。 天候不順な日々の分、紅葉の時期も遅れている らしく。 紅葉には日照時間が影響することをネットで学ぶ。 駐車場からまずは展望台まで。 ここまでは登山の方以外も多いので、少々混雑。 展望台からは八丁出島に男体山が見える。 よく日光あたりの観光写真にでてくる風景。 男体山の青々とした山容と足元の赤のコントラスト がいい。 こんな服があったら着てみたい。 ここから先は登山者のみが進む道。 これは密やかな自論だが、登山者でないと見れない素晴らしい景色のほうが、用意された場所よりも美しいと思っている。 この山は正にその山だ。 展望台を回り込み、人気が一気に無くなると、 パッチワークのような色とりどりの山が姿を表す。 様々な木がバランスをとりながら生きている。 生態系の美しさがある。 そして時折風景が開けるが、 色合いが赤から黄に変わったりする。 歩くたびに違う面を見せてくれる。 社山までのルートは登り下りを繰り返す。 そう、まさにサーキットトレーニング状態。 学生時代の部活を思い出す。 最近は月一登山になってしまっているから、 足が悲鳴をあげる。 個人的に登りは好きだが、下りが未だ苦手。 毎度、トレッキングポールをいい加減買おうと思うも、未だ買えてはいない。 疲弊のピークが社山の中腹。 ここから山頂までは約1時間。。 登ったら下るのか… そんな当たり前の事が頭をよぎり、山頂の風景を想像。 ネットで検索も試みたがここは山中。 電波はない。 とりあえずそんな時はご飯だ。 湯を沸かし、おにぎりを頬張る。 そして食べたらおネムの時間がやってくる。 最近は食べたらすぐに眠くなる。 眠さと体の重さで、下山を決める。 これでいい。頂上が目的ではない。 美しい景色の中で美味しいご飯を食べられたら幸せだ。 帰りは奥日光の湯元へ。 つくやいなや、あちらこちらで湯気が立つ。 窓を開ければ硫黄の香り。 温泉宿に日帰り湯があることをビジターセンターの 方が教えてくれる。 数件紹介してもらったが、1番遠いところが源泉に 近いらしく、そこへ向かう。 大きな構えの温泉宿があり、そこで湯を借りる。 駐車場に着くと、愛想の良さそうなおじさん従業員 が近づく。 日帰り温泉で寄らせてもらう旨を伝えると、態度が急変。 あっちに車止めといて。と、そそくさと離れていく。 こんな態度が取れるのは、よほど湯に裏付けされた 自信なのだろう。 気分を戻し、湯に期待を戻す。 湯が良ければいい。目的は湯だ。 湯の前に厠によると、水道管が硫黄で変色している。 どれだけ濃いのか。 湯に浸かると源泉掛け流しで最高に熱い。 しかし、湯の花が湯葉のように舞い、体に硫黄の匂いが染みつく。 間違いない。ここは本物だ。 湯をあがると水とコーヒーがセルフで用意されている。水で渇きを潤し、コーヒーも頂いておく。 あると飲んでしまうのは人の性か。 ゆったりしていると外国の旅行者に対応するさっきのおじさん。あせあせして、しゃべれる人を連れてくる。そして、笑顔で駐車場へ戻っていく。 ゆったりしたので、帰るために駐車場へ向かう。 さっきのおじさんが一瞬笑顔を見せたが、日帰りのやつだと気づいたのだろう。 流し目で見送られる。 どうだ、うちの湯は。自信にあふれた無愛想な目に 本物を感じる。 いいだろう、また来ます。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす