念願の下の廊下1日目

2019.11.01(金) 日帰り

ずーっと下の廊下に行ってみたいと思っていたが、開通日と自分の予定がなかなか合わず行けずじまいだった。 夏。最近よく一緒に山に行く人に「下の廊下、行きません?」と声を掛けたところ「行きましょう」と返事をもらい、今年こそ!と狙うことになった。 日程調整した結果、小屋も閉まった11月3連休前になったため、必然的にテント泊に。 久々のテント泊のうえ、この10月だけで5人も滑落死している場所だけにちょっと緊張したが、紅葉はちょうど見ごろで人も少なく、天候もまぁまぁ良くって、絶景を堪能することができた。 阿曽原小屋のテン場もほどほどの込み具合。露天風呂はちょっと遠かったが良い湯で一日の疲れが吹き飛ぶ。 良いタイミングでこれたことに、我ながらナイスなスケジューリングだと思った。 あ。2日目・3日目の写真も入れちゃった。。

アルペンルートのこちら側を通るのは、山では初めて
1/48

アルペンルートのこちら側を通るのは、山では初めて

アルペンルートのこちら側を通るのは、山では初めて

この標識を見落とし、いきなり道迷いしました。これは分かりにくい!

この標識を見落とし、いきなり道迷いしました。これは分かりにくい!

この標識を見落とし、いきなり道迷いしました。これは分かりにくい!

初っ端から絶景でテンションあがります⤴
3/48

初っ端から絶景でテンションあがります⤴

初っ端から絶景でテンションあがります⤴

赤色が入るとより一層綺麗。
4/48

赤色が入るとより一層綺麗。

赤色が入るとより一層綺麗。

でも黄色も美しい。
5/48

でも黄色も美しい。

でも黄色も美しい。

6/48
初日の核心部。
7/48

初日の核心部。

初日の核心部。

遠くにいくつもの滝が見えます。
8/48

遠くにいくつもの滝が見えます。

遠くにいくつもの滝が見えます。

面白い形で雪渓が残ってます。
9/48

面白い形で雪渓が残ってます。

面白い形で雪渓が残ってます。

10/48
滝行のような水流の通過。
11/48

滝行のような水流の通過。

滝行のような水流の通過。

12/48
13/48
14/48
水の色と赤色と紅葉と。溜息しかでません。
15/48

水の色と赤色と紅葉と。溜息しかでません。

水の色と赤色と紅葉と。溜息しかでません。

16/48
関電用の電車が走っているここは高熱帯。ものすごくあったかい。

関電用の電車が走っているここは高熱帯。ものすごくあったかい。

関電用の電車が走っているここは高熱帯。ものすごくあったかい。

こういう人工物が突然出てくるのが、この道の面白いところ。

こういう人工物が突然出てくるのが、この道の面白いところ。

こういう人工物が突然出てくるのが、この道の面白いところ。

21/48
22/48
高さが半端なくってヤバイ💦
23/48

高さが半端なくってヤバイ💦

高さが半端なくってヤバイ💦

阿曽原テン場。
24/48

阿曽原テン場。

阿曽原テン場。

翌日はさらに快晴。
25/48

翌日はさらに快晴。

翌日はさらに快晴。

まさに水平道。
26/48

まさに水平道。

まさに水平道。

滝も立派。
27/48

滝も立派。

滝も立派。

28/48
29/48
何度見ても素晴らしい道。
30/48

何度見ても素晴らしい道。

何度見ても素晴らしい道。

31/48
32/48
長い長いトンネルを抜けて、滝の上に出てきます。ここはかつて、泡雪崩が起きて多数の死者が出たところ。道を作っても吹っ飛んでしまうんでしょう。
33/48

長い長いトンネルを抜けて、滝の上に出てきます。ここはかつて、泡雪崩が起きて多数の死者が出たところ。道を作っても吹っ飛んでしまうんでしょう。

長い長いトンネルを抜けて、滝の上に出てきます。ここはかつて、泡雪崩が起きて多数の死者が出たところ。道を作っても吹っ飛んでしまうんでしょう。

この道危険!
34/48

この道危険!

この道危険!

長い長いトンネルの入り口
35/48

長い長いトンネルの入り口

長い長いトンネルの入り口

長い長いトンネルの下は水流が。
36/48

長い長いトンネルの下は水流が。

長い長いトンネルの下は水流が。

上からも水がぽたぽた。
37/48

上からも水がぽたぽた。

上からも水がぽたぽた。

38/48
欅平に出ると、猿に遭遇。
39/48

欅平に出ると、猿に遭遇。

欅平に出ると、猿に遭遇。

趣のある祖母谷温泉。2コめの温泉。
40/48

趣のある祖母谷温泉。2コめの温泉。

趣のある祖母谷温泉。2コめの温泉。

河原から温泉が湧き、湯気がたってます。
41/48

河原から温泉が湧き、湯気がたってます。

河原から温泉が湧き、湯気がたってます。

時々熱湯が噴き出て火傷しそうになる。油断禁物。
42/48

時々熱湯が噴き出て火傷しそうになる。油断禁物。

時々熱湯が噴き出て火傷しそうになる。油断禁物。

黒部川の流れ。
43/48

黒部川の流れ。

黒部川の流れ。

帰りはトロッコ列車で。鉄子にはたまらない絵に、写真を撮る手が止まりません。
44/48

帰りはトロッコ列車で。鉄子にはたまらない絵に、写真を撮る手が止まりません。

帰りはトロッコ列車で。鉄子にはたまらない絵に、写真を撮る手が止まりません。

貴重なスイッチバックの瞬間
45/48

貴重なスイッチバックの瞬間

貴重なスイッチバックの瞬間

西洋風の発電所の建物があったり。
46/48

西洋風の発電所の建物があったり。

西洋風の発電所の建物があったり。

古い橋があったり。
47/48

古い橋があったり。

古い橋があったり。

発電所があったりで、あっという間の1時間半の列車旅~♪
48/48

発電所があったりで、あっという間の1時間半の列車旅~♪

発電所があったりで、あっという間の1時間半の列車旅~♪

アルペンルートのこちら側を通るのは、山では初めて

この標識を見落とし、いきなり道迷いしました。これは分かりにくい!

初っ端から絶景でテンションあがります⤴

赤色が入るとより一層綺麗。

でも黄色も美しい。

初日の核心部。

遠くにいくつもの滝が見えます。

面白い形で雪渓が残ってます。

滝行のような水流の通過。

水の色と赤色と紅葉と。溜息しかでません。

関電用の電車が走っているここは高熱帯。ものすごくあったかい。

こういう人工物が突然出てくるのが、この道の面白いところ。

高さが半端なくってヤバイ💦

阿曽原テン場。

翌日はさらに快晴。

まさに水平道。

滝も立派。

何度見ても素晴らしい道。

長い長いトンネルを抜けて、滝の上に出てきます。ここはかつて、泡雪崩が起きて多数の死者が出たところ。道を作っても吹っ飛んでしまうんでしょう。

この道危険!

長い長いトンネルの入り口

長い長いトンネルの下は水流が。

上からも水がぽたぽた。

欅平に出ると、猿に遭遇。

趣のある祖母谷温泉。2コめの温泉。

河原から温泉が湧き、湯気がたってます。

時々熱湯が噴き出て火傷しそうになる。油断禁物。

黒部川の流れ。

帰りはトロッコ列車で。鉄子にはたまらない絵に、写真を撮る手が止まりません。

貴重なスイッチバックの瞬間

西洋風の発電所の建物があったり。

古い橋があったり。

発電所があったりで、あっという間の1時間半の列車旅~♪

類似するルートを通った活動日記