紅葉🍁の祖母・傾完全縦走‼️(秋の山籠りのススメ)

2019.10.30(水) 4 DAYS Oita, Kumamoto, Miyazaki
おかべっち、
おかべっち、

活動データ

タイム

29:27

距離

36.1km

上り

3,698m

下り

3,671m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

今年度は入社25年目にして初めて5連休(インフル休暇は置いといて😅)がもらえるので、ここぞとばかりに色々と山行計画を練る🤔 穂高、立山、富士は予算的にNG😅なので、屋久島か祖母・傾縦走か悩んでいたところ、奥さんからの「屋久島に一人で行くのずるい」・・・💦と鶴の一声で祖母・傾縦走に決定‼️ それでも3日間人間社会から解放されて、しかも超・超久しぶりの祖母・傾‼️は気絶するほど嬉しい😆 ピカピカの1年生気分でドキドキ💗ワクワク💓楽しみま〜す⤴️ 2019年(令和元年)10月30日〜11月1日 DAY1 九折登山口→三ッ尾→坊主尾根→傾山→九折越小屋泊 走行距離 約9km 活動時間 約8時間 DAY2 九折越小屋→本谷山→尾平越→古祖母山→障子岳→祖母山→九合目小屋泊 走行距離 約16km 活動時間 約11時間 DAY3 九合目小屋→八丁越→大障子岩→前障子→上畑登山口→九折登山口 走行距離 約15km 活動時間 9時間 総消費エネルギー量11600kcal(参考値)

おはようございます☀ 九折登山口より、いってきま〜す🥾
観音滝の音を聞きながら
観音滝上流を渡渉します🥾 実はお気に入りのマムートテトンのVibramが風邪ひいてて、全くグリップしない😅
初日は黄砂かPM2.5だかの影響で霞みが酷かった
生きてる木(左下) 下からリスザルの腰掛け、サルの腰掛け、ゴリラの腰掛け(右下)
危険だから行くのですよ…
自然が織り成す盆栽アート
傾リンドウ
このアングル好き
なに坊主だったっけ😅 紅葉がきれいだ🍁
傾山が見えてきた
チムチムニ〜チムチムニ〜 って歌いながらよじ登ります🧗‍♂️ 15kg背負っていてはちと辛いな💦
それでも写真は撮りたい😅
ザ・グレート傾山🌋
昔ルートの前傾と本傾間の崩壊は相変わらずエグい😰がこれを渡らねば進めない⁉️踏み外せば崖下に落ち旅は終わる…幸いYAMAP保険無料期間中(そんな問題ではないか😅) 皆さんはピンクリボンに沿って左に迂回して登って下さいね!
傾山(1605m)🙌 山頂標識が傾いているのが名前の由来(嘘です)😁
本傾から後傾を(上) 後傾から本傾を(下)
後傾より、この後2日間の課題の深さに胸踊らす✨
左のコブが、日本昔話「吉作落とし」の舞台「吉作坊主」 中国の景色みたい
九折越より坊主尾根と傾兄弟
今夜は九折越小屋ホテル(1270m)にひとりぼっち😅 でも誰(何か)かいそう🎃
師匠の形見分けのスキットル 唯一受信できたFM長崎を聴きながら、寂しさを紛らわす。気がつけばウイスキーの3分の2を飲んでいた😅 18時頃入眠→21時頃気持ちよく覚醒…俺はジジィか(爆)
おはようございます😃 今朝の気温は2度 朝日を浴びながら九折越小屋をチェックアウト
昨日とは打って変わって空気が澄んでいる 由布・鶴見岳(上)と九重連山(下)
笠松山(1522m)🙌
右手には障子岳と祖母山 後方には阿蘇山
左手には大崩山や五葉岳など高千穂の峰々
本谷山(1643m)🙌
尾平越手前のお地蔵様
古祖母山西側展望所にて一服
古祖母山(1633m)🙌
古祖母リンドウ
東方南方の神々しい峰々 (古祖母山頂より)
天・狗・岩👺 トランスフォームしないことだけを祈る🙏
障子岳(1703m)🙌 墓標には「熊ノ社」と刻まれている ほんとに熊いたんだなぁ🧸
これまで歩いてきた稜線を振り返ったが、 「歩く」ことの凄さにぞっとする
天狗岩へ そして天狗の鼻頭からの展望
天狗👺の鼻頭に立つ 絶対、くしゃみは無しで…💦
日も沈んできた たぶん天草の海(左)と雲仙岳(右)がかすかに見える
今日の目的地「祖母山」 ブロッケン岩のハシゴもよく見える
こんな感じで
最後の岩盤を登りきれば
Mt.グランマンマーレ⁉️ 祖母山(1756m)🙌
夕日が照らす今日の軌跡
祖母山頂で今日という日の終わりを見届ける。 この幸福感ときたらハンパない👍 さあ、今日のホテルへ急がねば💨
九合目小屋(1647m) 今日は管理人さんも昼間来ていたとか‼️ ソーラー発電による電気、TV、毛布、こたつ、ストーブ、トイレ(女性用は故障中)ありで、今は無料の超贅沢ホテル
今夜は、同じ別府からのIさんと二人 山の話などで盛り上がり、楽しいひと時をありがとうございました😊
3日目 九合目小屋を出た時の朝焼け 祖母山に急がねば💨
祖母山頂にてご来光(少し遅れたが😅) 昨日までの余韻と繋がった至福ノ瞬間 何故か、心の中でナマンダ〜ナマンダ〜と唱えていた🙏
過去と (今まで歩いた稜線を朝陽が照らす)
未来 (これから歩く稜線を朝陽が照らす)
中央の市房山の右隣にかすかに見えるのは韓国岳⛰❓
由布岳・鶴見岳、右端には高崎山(上) 九重連山(中) 阿蘇五岳(下)
小屋を出発し、Iさんともお別れ 少し下ったところから振り返る
完全に祖母に取り憑かれたな…
いよいよ最終日の前菜「障子岩」
まるで砦のよう…
大障子岩(1451m)🙌
ヤッホホーイ‼️
ヤッホホーイ‼️の目線
鳥になれたら
では主菜の「前障子岩」へ
大好物の岩をガシガシ登ったら
前障子岩(1409m)🙌
ヤッターヤッターヤッターMEN‼️
…の目線
本当に良く歩いた 「さらば稜線の光」
ここから上畑登山口までは延々と厳しい下りが続く 実は右足の内側広筋がやばい…特に下りと屈むのが辛くてたまらない😭
鶴見一気登山並の超スローペースでなんとか沢まで下りてきた😩ここでビバーグも考えたが、沢の水で顔を洗い、喉を潤すと力が湧いてきた💪 「力水」とはこのことなのだと思った…
17時ちょうどに無事下山🙌 登山届け回収中の地元のpolicemen🚔が九折登山口まで乗せてくれた🥺心から感謝です🙏
おつかれ山でした👋

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。