鉄塔巡視路~宝山寺暗峠道でヤブ漕ぎ三昧、おまけに豊浦山池で立ち往生。

2019.10.28(月) 日帰り Nara, Osaka
ふぁんトント
ふぁんトント

活動詳細

もっと見る

日曜日仕事してたら夕方に雨。これはラッキーかも。と言うワケで、快晴の朝を迎えて生駒山へ向かいました。今回の主な目的は旧鶴林寺から髪切峠までの古道歩きです。初めてこのルートに挑戦したのは、2013年秋の頃で、当然今のように草刈りなどもされていませんでした。2回挑戦して失敗(スカイラインへ逃げた)、3回目に成功したと思ったけど、肝心の区間は見逃してました。 そして、2016年のお正月明けに道願寺さん後方の谷を登りつめて、やっと道を発見し草に埋もれていた道を少しだけ掘り起こしました。(歩ける程度に) 今年は昨日からMさんの草刈り整備が始まっていたようです。毎年草刈りしても、夏を過ぎると立派に育つ。途中、倒木やらトゲのある大和蔓などに行く手を阻まれながら、やっとこさヤブを抜けると。。。あー、びっくりしたなぁ。まさかMさんに道で会うとは。いや、いつかは会うだろうと思ってました。しかし、それが今日だったとは。一瞬「Mさんかな」と思ったけど、「来た道を帰る」とおっしゃるので、「違うかも」と思いとどまり、挨拶と軽くお礼を述べて先へ。そこから先は、ヤブ漕ぎのない快適な道でした。 午前中の巡視路ヤブ漕ぎでへとへと。このまま、おとなしく客坊谷へ下ればヨカッタけど、ちょっと思い直して慈光寺さんの様子を見て、豊浦山池を下る畑道へ突入。ここでえらい目に遭いました。このルートは面白いけど、冬枯れまで待ちましょう。

久しぶりに石切駅からスタート。
すなくら橋から高尾渓へ。
ここが最初の難所。2,3年前に比べると、ずいぶん歩きやすくなった。
支谷沿いの破線道を登りつめます。残置石の休憩ポイント。
途中からジグザグに尾根へ登る。なかなか風情のある良き道です。
最初の鉄塔、泉南東大阪線178号を見上げる。
一人分歩ける程度に刈ってあるけど、太陽光線強くて先が見通せない。鉄塔が目印。
泉南東大阪線177号の真下撮影。
急斜面を下って登り返し。ここからは額田の旧道と合流。Y字分岐になってます。
通過後振り返って撮影。ずるずるで草木、根っこを掴んで行軍。
関電橋。最近、使ってるのか?
この周辺は、ツツジが良く咲いてます。
巡視路を南下して泉南東大阪線176号到着、ここから東へ尾根を直登。
イナカ菊かな。
ヤブ漕ぎして振り返ると、鉄塔越しに八尾の街並み。
一転して自然林の尾根道です。ここは歩きやすかった。
雨が多いので、キノコ大発生。ぽにやまさん、コレ何?
途中、ヤブ漕ぎで倒木を迂回して、やっと登りついた。かなり「登った感」ありますよ。
ランチタイムはのんびりと飛行塔を眺めながら。
新しい施設ができてました。ここは通年営業なのか?
大和八大龍王のミニ弁天島。
やはり十五丁道標の示す先はココなのか?
旧鶴林寺へ下ります。ここにも八代龍王。河内では大じゃなく代だけど、龍岳院と区別するためかな。ちなみに、ヤシロタツオじゃありまへん。
旧本堂址に到着。奥手に八代龍王をお祀りされてます。
大きな木が倒れてます。直下の滝行場危うし。
さて、ここから旧道へ突入。
うわー!いきなり倒木やん。この手の倒木は厄介。迂回するしかない。
うつぶせ地蔵さんに到着。山型天蓋部分に、うっすらとカーブしてるのがお分かり?
スパーッと切った跡。この辺り、何かお宝が眠ってるかも。
どへー。また倒木。今度はデカイ。しかし、迂回は簡単でした。
昨年切った残念木です。この区間は、日当たりが良いので、ヤブの育ちが早い。
ヤブ漕ぎで通過して振り返り。トゲに絡まって難儀した~。
鉄塔跡を過ぎると快適でした!Mさん草刈り中!
あっという間にグッジョブの木。後半はめちゃ楽しい古道歩きでした。Mさん、ありがとう!
慈光寺さんを偵察。今のところ、緑一色。
調子に乗ってエライ目に遭いました。豊浦山池の堤を通過するところで立ち往生。
大正八年銘の復刻道標。これを見て慈光寺へ行くのは、しばらく見合わせた方がイイです。

類似する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。