雨の鳥甲山、再び

2019.10.27(日) 2 DAYS Nagano, Niigata
samsam
samsam

活動詳細

もっと見る

先週の途中敗退のリベンジに2週連続で鳥甲山。昼頃小雨が降る以外は曇りの予報。先週よりはきっと天気は良い....はず! 3:30に自宅を出て、友人と待ち合わせして、ムジナ平登山口には06:30過ぎに到着。ここまでは先週とほぼ同じ。違うのは他に停まっている車がないことくらい。それにしても、二週連続で秋山郷に来るなんて思ってもみなかった。到着した時点の天気は曇り、道路は乾いているし、ここまでは予定通り。ところが、準備を始めるとなんだかポツポツと雨粒が😲しかも雨粒はだんだん大きくなるし、結局、レインウェアを着て歩き始めることになりました。 登山開始からしばらくは急登。1週間経って落ち葉多いし、雨降ってて滑りやすいし、どうみても先週より条件悪いじゃん😢でも2週続けてここまで来ているので、今日は行くしかない!! ガスガスで眺望がない中、「ホントは見晴らし良いんだろうなあ」と思いつつ足を運びます。ほぼ見晴らしを諦めた頃、布岩の上部あたりで急に雲が切れ、目の前にいきなり紅葉が。振り返ると苗場山も雲の上に浮かんでます。そこから山頂までは雨も止んで、まずまずの天気。下りでは再び天気は悪化したけど、ちょっとだけでも雨が止んだので、まあ良とします。赤クラの頭からは滑りやすい急坂。何度も転びそうになりながらも、屋敷登山口に無事に下山しました。 バッテリー切れのためログは屋敷登山口で終わりですが、そこから約6 kmの車道を1時間20分ほどかけてムジナ平登山口に戻りました。日暮れ前に戻れて良かった。 それにしてもさすが秋山郷!! 日が暮れた山道を長野側から新潟側に戻る際、堂々とした体格のカモシカ、オスのニホンジカ、そして野ウサギに遭遇しました。暗くなってから運転する場合はご用心。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。