大堂越からありなしの道:北摂里山サポーターズクラブハイキング下見

2016.09.14

活動詳細

詳しく見る
能勢妙見山大堂越から野間のおおけやき、ありなしの道を通って桜の森へ。クラブハイキングの下見で歩きました。 このコースの詳細は「サトトレ」で公開予定です。http://satoyama-trail.jp/
いつもどおりアクセスは妙見口です
そしていつもの道を・・
行きは八幡神社から回ります
気を取り直して歩きます。里山学習の聖地場所を通って・・
黒川ケーブル駅へ 左からが大堂越コースです
ちなみに、ここには北摂里山博物館のブースがあります
そして冠付きトイレまで
大堂越コースは定番ですが度重なる過去の大雨でえぐられた箇所がたくさんあります
天気は曇り、後半は小雨でした。今日は下見、本番は12月後半です。
林業遺産に指定された台場クヌギ
台場クヌギは今回のコースのキーワードです
大堂越地点。山頂へはここからキツくなりますが、今回のコースはこっから野間方面に下ります。
下りで、道幅が狭い斜面もあって転落への注意が必要な場所があります
開けた場所に出ました。砂防対策地でしょうか
このへんから車が入れる道幅になります。地面にラバーが立っていて引っかける危険も
ホダ木が並んでいます。保全管理地域のようです。
能勢の町が見えてきました
田んぼ地帯を抜けます
道路に出ると看板が。やっぱりさっきのは管理地だったんですね。「野間の森」か・・・
野間川橋からおおけやきに向かいます
野間のおおけやきの横側に出ました
この春来たときはかなり痛んでいましたが元気そうです
資料館はお休み。でもトイレは使えます
生物多様性って流行ってるんでしょうか。わたしが言うのもなんですが(>_<)
日本一?の「おおけやき」の説明
広場では週末に「ありなしコーヒー」のスタンドが出るはず
そう、ここからが「ありなしの道」なのです
順路は逆なのでしょうか? 僕らは看板の反対を歩きます。黒川桜の森に向かいます
ここ、間違いやすい場所です。このコース「サトトレ」で公開予定です。
林を抜けると・・・
眼下にソーラーパネルが
ここがえぐられているのは日光の確保かそれともソーラーの増設? えぐられたとこ歩きます
黒川も日本一、ケヤキも日本一。で日本一を結ぶ「ありなしの道」だそうで
なんかすごい看板
三角点に来ました。ここまでがありなしの道かな?
正直なところ「ありなしの道」の山は整備、道半ばという感じでした
滑りやすい斜面に来ました。なのでロープが張ってある。
そこを抜けると黒川桜の森です
さすがにここは整備が行き届いています。整備といっても里山保全活動です
10年前はここも荒れていました。
「微笑み桜」 シンボルツリーです
ここにはバイオトイレが設置されています
妙見の駅で会った人たち。セカンドライフの会だそうです。バーベキューやってます。いいな・・
桜の森から黒川公民館へ。クヌギ林です。
稲刈りの最中ですね
公民館につきました。ここにもトイレがあります
2015年のポスター写真コンクールで最優秀賞を撮った風景場所です。手前はクヌギ
ケーブル黒川駅を横目に妙見口駅へ
妙見口駅の「北摂租界」 多目的&パーティースペースです。11月にここにSATOYAMAの国際関係者が集まります。お疲れさまでした(^^)/

コメント

コメントはできません

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。