日生諸島シーカヤック

2019.10.26(土) 3 DAYS Okayama
どんぐり
どんぐり

活動データ

タイム

12:47

距離

29.6km

上り

729m

下り

723m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

日生諸島にはカヤックでずいぶんたくさん出かけてきたが、久々の今回は友人のシーカヤックの初出艇である。 3分割できるカーボン製の新艇。軽い、速い、運べると三拍子そろったいい舟だ。 進水式にならってシャンパンをふりかけ安航を祈る。 出発は、布浜。牡蠣上げ場の人に断わって車を置かせていただく。 初乗りで不安とのことなので、先に進んでもらい様子を見る。 何の心配もないまま鴻島と曽島の間を行き、頭島大橋をくぐって、外輪の海水浴場に上げた。 島内散策。ちょうど昼だったので、ふみちゃんというお好み焼き屋に入る。 名物のカキオコにはまだ早かったけど、島の人も交えて何やかや話しながらゆっくりさせてもらう。 食後はたぬき山へ。 最後にカフェのリボーンに立寄る。 行ったこともないのにカリブ海のようだのエーゲ海のようだのと言いながらパフェを食べる。 ここは景色もご馳走である。 外輪の浜に戻り、大多府島を目指す。 勘三郎洞窟を見ようと南側に回り込む。そこは向かい風と波。 岩場の岸には寄せられそうもなく、そのまま島一周になってしまった。この状況をしのげれば、まずは新艇は合格と言えよう。 泊まり予定の亥子浜キャンプ場は休業久しく、セイタカアワダチソウの茂る所となっていた。 大多府の港見物の後、泊まり場を探しに戻った。 ゴロ石のよい浜を見つけ、そこでテントを張る。 大多府島灯台と小豆島の灯りを眺めながら芋煮と焚火。いいキャンプの夜となった。 翌日は長島経由で戻った。時間があったので、かき筏の合間を漕いでブルーラインの備前片上大橋をくぐった。 おだやかな片上湾内の小島にある住吉神社を訪ねる。 布浜へ帰りながら、新艇のいいスタートにおつきあいできたことが嬉しく思えた。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。