石垣山 「現地集合 現地解散」

2019.10.27(日) 2 DAYS Hokkaido
てふてふ
てふてふ

活動データ

タイム

02:35

距離

4.3km

上り

332m

下り

329m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

8時に登山口。 それくらいのことしか、連絡したことも 連絡を受けたことも殆どない (時間と場所) しかも大抵は前日の夕方以降なことが多い。 そして登山をはじめた頃から(5年前) 私の中ではなんとなく、暗黙のルールなのか 誰と登山することになっても、個々に 登山口へ向かう。 帰りも登山口を通過すると同時に解散する ようなもので、その後、ご一緒したことは 一度もない。 例え、山に向かう途中に仲間の地域を 通ろうと、並んで登山口に向かっていても 何の疑問も持たない。 登山口には、毎回きっちり人数分の車が 並ぶ。 考えてみたら、なんとも不経済では あるが、誰も何の異論も申し立てないのだ。 けど 「自由」を、こよなく愛する 私には好都合なシステムといえる。 行く途中の朝日をボーッと好きなだけ 見ていても、気になる林道に立ち寄るのも、 自分のタイミングで家を出て、車で 寝ていてもいいわけだ。 自由の尊重。 と、言えば聞こえはいいが、 個々だからこそ、それぞれに下調べも するわけだし (いつでも自立できる) 登山以外の時間を有意義に活用する こともできる。 そして、何より 自分が自由であることはもちろん、 人が自由 (勝手) にしているのを見るのも ものすごく大好きなのである。 追記 なかなかどうして、すんばらしい お山でした。 ナビはきのこの里愛別オートキャンプ場 にセット。 その奥の愛別発電所からスタートです。 秋の落ち葉の山の中でも格別綺麗な 赤の落ち葉。 層雲峡のような絶壁が圧巻。 その直下を歩く登山道も細くて傾斜が ありスリリング。 歴史の洞窟。 命がけの崖登り。 (冬に向けて、早くロープワークを 覚えたい) 文句なしです! 期待を上回るアクティブマウンテン。 北海道には、どれだけ素晴らしい山が 潜んでるんだろう! 足腰が弱くなる前に登りきれるかな、、

国道39号線に青看あり
オートキャンプ場の前を過ぎたら 愛別発電所に向かう 発電所左手が駐車帯と登山口。
最初から最後まで どなたも来ず。 いい山なので、是非リストに 加えてください😊
ここを渡って行きます。 後はYAMAPがあれば 迷うことはないと思います😊
この山の落ち葉は群を抜いて綺麗でした! 真っ赤な落ち葉が素敵すぎる😍
落ち葉の登山道も 途中から、岩まじりになってきます
圧巻の崖。長い距離、崖下を歩くの だけど、道が細いうえに、傾いてますので 注意が必要。
素敵過ぎて、テンションあがってます
傾きに弱い人は 怖いかも💦
けっこう続きます😊 石垣山直下を過ぎて どんどん進みます!
見晴台(岩の広場) に到着。 ここの雰囲気が素晴らしく素敵でした
面白い岩がたくさんある
広場散策。広場から下る道があって 下ってみたのですが、どこまでも道が 続いている。どこへでるのかわかってる 方がいたら教えて欲しいです。
見晴し台から引き返し、石垣山直下から 登ります。 登る階段が右手にありますが 落ち葉に隠れて見つけにくいです。 ピンクテープあります!
階段あって、登りやすいですが なかったら急すぎて登れません😓
武四郎さん、ほんとにここで 寝ていたのですか?
武四郎の寝床より先は 少々道が荒れていましたが 進みます
そして、よじ登る。 細いロープがあったのですが、途中から 切れ落ちていて、信頼できないので 自力で。けど、登れても降らなそうなので 諦めました😔
とりあえず、一人づつトライ🤣
諦め下る
無事に下山。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。