群百 雨の王城山・高間山

2019.10.22(火) 2 DAYS Gunma
七半
七半

活動データ

タイム

02:53

距離

5.9km

上り

494m

下り

494m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

10月22日せっかくの祝日休暇、群馬百名山に行きたい。 陛下、休日ありがとうございます。 だが天気は悪いようだ。 長靴で短時間で行けそうな山、高間山&王城山にしよう。 先週も傘と長靴で福島の山を回って台風に巻き込まれ、阿武隈川の氾濫に遭遇して何やってんだって感じだったが、今回は大丈夫だろう。 沼田から中之条に向かい、買い出し。 今夜は沢渡温泉に入ろう。 向かったものの山中の小さな極狭の温泉街、小さな共同浴場の小さな駐車場は満車。 こりゃ参った。 仕方なくまた中之条に戻り、小野上温泉に入り、夕食に蕎麦。 他の人の食ってるカレーとか見たが、どれも美味しそうなんだな。 シャワーも源泉だったし、ここは大当たり。 すっかり夜になり小雨が降る中、登山口へ。 ナビは北の暮坂峠経由を示す。 こんな夜の雨の中、あの道は嫌。 いくらポテンザのタイヤでも濡れた落ち葉は滑りますとも。 南側の八ッ場バイパスに進む。 旧292号からヤマップとカーナビを拡大して標識の無い林道に入る。 舗装路でさほど狭くもない。 グイグイ林道を進み、高間集落?の辺りでカーナビに無い道を進む。 本来の林道に合流し、登山口に到着。 3台ほどのスペース、ゲートがあり王城山への舗装林道がある。 停めて飲んで寝よう。 何故か携帯電波は弱いが通じる。 雨音で目覚める朝。 なかなか降っている。 自衛隊がヨウ化銀を上空散布でもしてくんねーかな~などと準備する。 気温9℃、カツ丼食ってカッパ着て長靴はいて、荷は持たず出発。 すぐ高間山の登山口。 笹は刈られているが、後から生えた低い笹がだいぶ繁っている。 森をゆっくり登る。 標柱があり、まさか山頂?と思ったら中間点だった。 ここから急坂になる。 段々は無く笹と土の斜面。 発汗で濡れないようにゆっくり登る。 尾根に到着すると、すぐ山頂。 展望は無い。 なぜ群馬百名山なのかわからない山。 携帯も圏外。 一休みせず下山。 笹の刈り跡をザクザク下山。 駐車場に到着し、そのまま王城山へ。 コンクリートの簡易舗装。 どうも延々続く感じ。 しかも下ってる。 何か嫌だなぁ。 トコトコ歩きヘアピンを下り、巨石を眺めたところで林道末端の広場。 ようやく普通の登山道。 しかし笹や雑草が多く、雨でなくても足元は濡れるだろう。 森の笹の樹林帯をゆるく上下しつつ、神社のある山頂に到着。 と思ったら何か違う。 まだ先があるし。 とりあえず参拝。 先に下ると小屋がある。 ベンチが置かれ下地に小砂利が敷かれた立派な休憩小屋だ。 便所は無い。 登り返すと山頂に到着。 祠が3つ並び、標識と三角点。 低い雲が吹き荒れる雲海。 下界は見えない。 休もうかと思うが雨風がキツイのでさっきの小屋に戻る。 一休みするも寒くてたまらない。 さっさと戻ろう。 来た道をスタスタ戻る。 来る時は下った林道を登る。 終始降りしきる雨。 駐車場に到着。 雨はザーザー降る。 困るよね、カッパ脱ぐ時。 1㎜も濡れたくないし濡れたカッパの処置にも困るものだ。 帰りは道の駅八ッ場ダムに寄る。 規模のわりには大混雑。 今時カード払いできないし。 でもダムカレーパンは美味。 とにかくアクセスが悪いわりには大した事のない山でした。 何で群馬百名山なのだろう高間山。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。