摩耶山(山形県鶴岡市)滝を直登。360度の展望を楽しむ

2019.10.21(月) 2 DAYS Yamagata
ブナ太郎
ブナ太郎

活動データ

タイム

04:24

距離

5km

上り

804m

下り

762m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

初めて摩耶山に登りました。山頂からの360度の展望は素晴らしく、月山、鳥海山はもちろん、日本海に浮かぶ粟島も近くに望めました。眼下には荒沢ダム、その向こうに以東岳も確認できました。紅葉は山頂部付近が見頃で、山腹のブナの黄葉も素晴らしい。 登山ルートは、越沢登山口から沢沿いに進み、小国川を渡渉して分岐点に着き、ここから初心者コースとベテランコースに分かれますが、ベテランコースを歩きました。岩場の登りと急登の連続で、山頂まで一気に登ります。これがなかなかきつく、鞍部に出てようやく一息つきました。そこから山頂までは20分ほどでしょうか。山頂付近に飛び出て、360度の展望に接した時は本当に感動しました。 下山は初心者コースを選択しました。途中に6体地蔵が祀られており、ここが信仰の山だということを再確認しました。ここからのブナ林は実に見事です。途中、色とりどりの葉の向こうに七つ滝が見えました。 山頂では1時間ほど休んだのですが、記録では2分の休憩になっています。これは操作ミスでしょうか。初めて使ったので、記録の取り方がよくわかりません。実質的には、登り2時間47分、降り1時間33分、休憩1時間02分というところです。 摩耶山は標高が低いにも関わらず、変化に富み、眺望が圧倒的に優れ、渓流沿いの道とブナ林が素晴らしい秀峰ですね。高曇りの一日、山旅を楽しむことができました。

林道を進み、瀬戸橋を渡ると駐車スペースがあります。5台程度駐車できます。
登山道入り口です。
ここから杉林を進みます。
数分で杉林を抜けます。
右手に沢を見ながら進みます。雰囲気良し。
トチの木の向こうに岩壁が見えます。
ハシゴで渡渉します。不安定なのでトレッキングポールの助けが必要です。
沢が右手に変わりました。巨岩や岩壁が現れます。
この辺りの紅葉は、まだ始まったばかりです。
小さな滝がいくつも現れます。
流れが緩やかになります。
ミズナラやサワグルミの木々の林床をシダ類が覆っています。
この滝を見て、分岐点をベテランコースへ進みます。
渓流の流れが美しい。
見上げるとブナが目立つようになりました。
深い緑色に惹かれます。
大きな滝が見えてきました。弁財天の滝です。
滝の左にある梯子を登ります。右下に登山者が小さく写っています。
滝を右に見て登ります。
水しぶきが凄い。
梯子を登り切って滝壺を見下ろします。
梯子を登ったところから急登が始まります。
延々と登って分岐点に着きました。七つ滝コースは廃道になっているようです。
ブナの黄葉が始まっています。
トチノキとカエデは黄色に染まっています。
ドウダンやウルシ、ナナカマドなどは赤く染まっています。
山頂付近の稜線が見えてきました。
ブナの木肌が美しい。
鞍部に入り、いったん降ります。
先行する登山者に追いつきました。
山頂部の紅葉が見事です。
今日は高曇りなので、鮮やかさは今ひとつです。
ここから山頂部に飛び出ます。どのような景色に出会えるでしょうか。
あっと驚く景色が広がっていました。
山頂に人が見えます。
鉾ケ峰、鑓ケ峰の斜面は素晴らしい紅葉です。
山頂の対岸には月山が大きく見えます。
以東岳と泡滝ダムも確認できます。
切り立った岩頭に貼りつく紅葉が美しい。
日本海に浮かぶのは粟島です。
遠くに鳥海山が見えます。
手前が鉾ケ峰、その影に鑓ケ峰が聳えます。
山頂から鳥海山をもう一度眺め、下山します。
紅葉が凄い。
6体地蔵です。それぞれ表情が違います。
ブナ林を降ります。
摩耶山を振り返ります。
切り立った斜面が見えました。
避難小屋です。
ブナの巨木が点在しています。
開放的な道です。
気分が休まる道です。
木肌の美しいブナです。
七つ滝が見えました。
カラマツの木が混じってきました。
初心者コース、ベテランコースの分岐点に着きました。
渓流沿いの道を登山口に戻ります。
紅葉の時期にまた見てみたい構図です。
また梯子を渡ります。バランスが取りにくく、下手をすると沢に落ちてしまうので注意が必要です。
杉林を歩き、登山口に戻りました。
林道入り口の表示はこうなっています。ここから約2km入ったところが登山道入り口です。

類似する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。