大マテイ山のトチの木は巨大でした

2019.10.20(日) 2 DAYS Yamanashi
hakushinden
hakushinden

活動詳細

もっと見る

小菅ノ湯からモロクボ平~棚倉(大ダワ)を経由して、牛の寝通りを歩き、榧ノ尾山まで行ってきました。 紅葉には早過ぎたようで、まるで新緑の尾根を歩いているような、清々しい尾根歩きを楽しみましたが、あまりに大量の栗のイガイガが落ちていたので、熊が食べたのかな~などと軽口を叩いていたら、榧ノ尾山付近で、尾根の向こう側からパチパチと枝を折っているような音が。。。 なにやら嫌な気配を感じ、「おーいおーい」と大きな声を出しながら歩いていたら、同行者から、斜面を駆け降りる熊がいたとの報告が・・・。 弱気な熊で助かった~。 大マテイ山のトチの木は本当に巨大で、大木の幹のコブに座りましたが、写真では小さ過ぎて、分からないほどです。 山沢川沿いのルートは、何か所も橋が落ちていて、登山道が崩れ落ちている箇所が多数あり、ワサビ田は壊滅状態で、台風19号の影響が其処彼処に残っていました。 このルートを利用される方は、十分に注意してください。

道の駅小菅に駐車させていただきました。
まだ営業時間前でした。
モロクボ平に向かいます。
この付近の登山道は何の問題もありませんでした。
登山道には枯葉や折れた木の枝がたくさん。
折れた木もたくさんありました。
モロクボ平に到着。
登山道の土が流れていました。
歩きやすい尾根道です。
オートバイの不法投棄。
棚倉(大ダワ)に到着。
棚倉の広場。
狩場に到着。
大量の栗のイガイガ。
牛のノ寝に到着。
栗のイガイガがズーっと落ちていました。
榧ノ尾に到着。
大木が登山道をふさいでいました。
榧ノ尾山頂上に到着しましたが、ガスガスで景色は真っ白でした。
少しだけ紅葉していました。
下山は松姫峠方向に進みます。
ここで大マテイ山方面に進むと巻道に行ってしまいます。
分岐を右方向の大マテイ山へ進みます。
ここから大マテイ山に登ります。
紫色のキノコ。
大マテイ山頂上。
展望は皆無ですが、山頂標識は立派でした。
右方向にも左方向にも大ダワ・鶴寝山との表記が??? 結局、白テープで✖印。
斜面をトラバースして進みます。
トチの巨樹コースを進みます。
トチの巨樹が現れていました。
巨樹の幹のコブに座っています。
巨樹の大きさが分かります。
登山道の土が流れ落ちてしまい、木道が下が空洞になっていました。
橋が落ちていました。橋の左側を飛び石で渡りました。
沢床が無残な姿に・・・
大きな木は折れて斜面を落ちてきたのでしょうか。
路肩に注意しながら進みました。
この木道の下も空洞です。
大量の木が沢床に落ちていました。
壊滅状態のワサビ田。登山道をワサビ田のネットとポールがふさいでいて、橋も崩れ落ちていましたので、ネットを押さえつけて跨ぎ、飛び石で川を渡りました。
去年来たときには、立派なワサビ田でしたが、見る影もありません。
この橋は大丈夫でした。
一部助かったワサビ田もありました。
増水した川の水が登山道を流れていましたので、足をすくわれないように注意して通過しました。
下山してきたら、熊の目撃情報が・・・
小菅の湯に戻ってきました。

類似する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。