四王司山東尾根から勝山へ

2019.10.17(木) 日帰り
chipstar-green
chipstar-green

先々週、表山に登った時に、四王司山がよく見えました。 東に裾野を広げ、途中に二つのピークを従えていました。 権現山と石山です。 四王司山には田倉から登ったことがありますが、今日はその東尾根をとってみることにしました。 長府三山を巡りたいので、勝山御殿跡に車を駐め、バスで長府駅へ。 今日は長府駅が出発地点です。 しばらく住宅地の中を進み、林道に入ります。 ここから最初のピークの石山までは、余り踏まれていません。 ピンクリボンがあるので、迷うことはないでしょう。 石山から権現山まではぐっと道が良くなり、四王司山まではもっと良くなります。 四王司山から勝山、勝山から青山に向かう道も問題ありません。 勝山を降り、平畑山の辺りから雨が降り出したので、青山はパスして下山しました。

先々週登った表山で撮った写真。右端が四王司山、その左の三角ピークが権現山、さらにその左が石山。今日はこの尾根を登ります。

先々週登った表山で撮った写真。右端が四王司山、その左の三角ピークが権現山、さらにその左が石山。今日はこの尾根を登ります。

先々週登った表山で撮った写真。右端が四王司山、その左の三角ピークが権現山、さらにその左が石山。今日はこの尾根を登ります。

今日の出発は長府駅。奥に見えているのが、右から石山と権現山。

今日の出発は長府駅。奥に見えているのが、右から石山と権現山。

今日の出発は長府駅。奥に見えているのが、右から石山と権現山。

最初は住宅地を歩いて、ここから林道です。

最初は住宅地を歩いて、ここから林道です。

最初は住宅地を歩いて、ここから林道です。

林道は右に曲がっていますが、左をとります。

林道は右に曲がっていますが、左をとります。

林道は右に曲がっていますが、左をとります。

道ははっきりしませんが、このロープを伝って上がります。

道ははっきりしませんが、このロープを伝って上がります。

道ははっきりしませんが、このロープを伝って上がります。

だんだん道がはっきりしてきた。

だんだん道がはっきりしてきた。

だんだん道がはっきりしてきた。

石山山頂です。

石山山頂です。

石山山頂です。

長府の町を一望。海の向こうは九州です。そして、岩の上に、岩登り?のための何かが設置してあります。

長府の町を一望。海の向こうは九州です。そして、岩の上に、岩登り?のための何かが設置してあります。

長府の町を一望。海の向こうは九州です。そして、岩の上に、岩登り?のための何かが設置してあります。

次に向かう権現山。

次に向かう権現山。

次に向かう権現山。

石山山頂を後にします。

石山山頂を後にします。

石山山頂を後にします。

道ははっきりしています。

道ははっきりしています。

道ははっきりしています。

途中のやせ尾根。

途中のやせ尾根。

途中のやせ尾根。

左から道をあわせます。

左から道をあわせます。

左から道をあわせます。

権現山山頂。

権現山山頂。

権現山山頂。

青く光っているのは、下関ボートの巨大スクリーン。沖に見えているのは満珠島。

青く光っているのは、下関ボートの巨大スクリーン。沖に見えているのは満珠島。

青く光っているのは、下関ボートの巨大スクリーン。沖に見えているのは満珠島。

画面左に干珠島。海の向こうは九州。

画面左に干珠島。海の向こうは九州。

画面左に干珠島。海の向こうは九州。

四王司山に向かいます。

四王司山に向かいます。

四王司山に向かいます。

左から道をあわせます。

左から道をあわせます。

左から道をあわせます。

鉄塔広場に出ました。

鉄塔広場に出ました。

鉄塔広場に出ました。

四王司山へのメインルートに合流。

四王司山へのメインルートに合流。

四王司山へのメインルートに合流。

鳥居の向こうに四王司神社。

鳥居の向こうに四王司神社。

鳥居の向こうに四王司神社。

本殿前が山頂です。地形図には三角点の表示があり、探し回りましたが見つかりませんでした。

本殿前が山頂です。地形図には三角点の表示があり、探し回りましたが見つかりませんでした。

本殿前が山頂です。地形図には三角点の表示があり、探し回りましたが見つかりませんでした。

四王司神社の説明。

四王司神社の説明。

四王司神社の説明。

勝山に向かいます。

勝山に向かいます。

勝山に向かいます。

途中の分岐。右は岩山展望台とあります。行ってみます。

途中の分岐。右は岩山展望台とあります。行ってみます。

途中の分岐。右は岩山展望台とあります。行ってみます。

岩山展望台。

岩山展望台。

岩山展望台。

右に鬼ヶ城、左に竜王山。その手前に老僧山。

右に鬼ヶ城、左に竜王山。その手前に老僧山。

右に鬼ヶ城、左に竜王山。その手前に老僧山。

先々週登った表山。

先々週登った表山。

先々週登った表山。

左奥には華山が見えています。右手前には雌笠山と雄笠山。

左奥には華山が見えています。右手前には雌笠山と雄笠山。

左奥には華山が見えています。右手前には雌笠山と雄笠山。

木屋川河口。

木屋川河口。

木屋川河口。

ピラミッドが二つ。右が勝山、左が青山。

ピラミッドが二つ。右が勝山、左が青山。

ピラミッドが二つ。右が勝山、左が青山。

途中の休憩所。

途中の休憩所。

途中の休憩所。

道まで降りてきました。右へ。

道まで降りてきました。右へ。

道まで降りてきました。右へ。

分岐です。勝山は左。

分岐です。勝山は左。

分岐です。勝山は左。

鉄塔の脇を抜けていきます。

鉄塔の脇を抜けていきます。

鉄塔の脇を抜けていきます。

ひとやすみ展望台。写真右に見えているのは岩山展望台。

ひとやすみ展望台。写真右に見えているのは岩山展望台。

ひとやすみ展望台。写真右に見えているのは岩山展望台。

山城・郭跡。

山城・郭跡。

山城・郭跡。

ここから急坂。

ここから急坂。

ここから急坂。

巨岩帯。

巨岩帯。

巨岩帯。

城の石垣が残っています。

城の石垣が残っています。

城の石垣が残っています。

勝山山頂。

勝山山頂。

勝山山頂。

山頂から四王司山が見えました。右端が山頂、左端が岩山展望台。

山頂から四王司山が見えました。右端が山頂、左端が岩山展望台。

山頂から四王司山が見えました。右端が山頂、左端が岩山展望台。

今日のチップスターはブラック、和牛ステーキ味です。

今日のチップスターはブラック、和牛ステーキ味です。

今日のチップスターはブラック、和牛ステーキ味です。

山頂西側の展望地から。これから向かう青山です。

山頂西側の展望地から。これから向かう青山です。

山頂西側の展望地から。これから向かう青山です。

勝山から下山途中の巨岩、天狗の岩屋。

勝山から下山途中の巨岩、天狗の岩屋。

勝山から下山途中の巨岩、天狗の岩屋。

青山に向かいます。

青山に向かいます。

青山に向かいます。

歩きやすい尾根です。

歩きやすい尾根です。

歩きやすい尾根です。

途中の、かつやま展望台。

途中の、かつやま展望台。

途中の、かつやま展望台。

名前のとおり、勝山が一望です。それにしても、右側は急坂、あそこを降りてきました。

名前のとおり、勝山が一望です。それにしても、右側は急坂、あそこを降りてきました。

名前のとおり、勝山が一望です。それにしても、右側は急坂、あそこを降りてきました。

途中の展望地から四王司山。右端には満珠島。

途中の展望地から四王司山。右端には満珠島。

途中の展望地から四王司山。右端には満珠島。

響灘展望台。

響灘展望台。

響灘展望台。

その名のとおり、響灘。六連島が見えています。

その名のとおり、響灘。六連島が見えています。

その名のとおり、響灘。六連島が見えています。

反対側には、瀬戸内海。満珠島と干珠島。

反対側には、瀬戸内海。満珠島と干珠島。

反対側には、瀬戸内海。満珠島と干珠島。

途中の巨岩が鎮座するピーク。

途中の巨岩が鎮座するピーク。

途中の巨岩が鎮座するピーク。

平畑山に着きました。

平畑山に着きました。

平畑山に着きました。

山頂三角点。四王司山で見つからなかったので、今日初めて。

山頂三角点。四王司山で見つからなかったので、今日初めて。

山頂三角点。四王司山で見つからなかったので、今日初めて。

青山は直進ですが、雨が降り始めたので、左折して下山します。

青山は直進ですが、雨が降り始めたので、左折して下山します。

青山は直進ですが、雨が降り始めたので、左折して下山します。

勝山御殿跡。車が見えました。

勝山御殿跡。車が見えました。

勝山御殿跡。車が見えました。

先々週登った表山で撮った写真。右端が四王司山、その左の三角ピークが権現山、さらにその左が石山。今日はこの尾根を登ります。

今日の出発は長府駅。奥に見えているのが、右から石山と権現山。

最初は住宅地を歩いて、ここから林道です。

林道は右に曲がっていますが、左をとります。

道ははっきりしませんが、このロープを伝って上がります。

だんだん道がはっきりしてきた。

石山山頂です。

長府の町を一望。海の向こうは九州です。そして、岩の上に、岩登り?のための何かが設置してあります。

次に向かう権現山。

石山山頂を後にします。

道ははっきりしています。

途中のやせ尾根。

左から道をあわせます。

権現山山頂。

青く光っているのは、下関ボートの巨大スクリーン。沖に見えているのは満珠島。

画面左に干珠島。海の向こうは九州。

四王司山に向かいます。

左から道をあわせます。

鉄塔広場に出ました。

四王司山へのメインルートに合流。

鳥居の向こうに四王司神社。

本殿前が山頂です。地形図には三角点の表示があり、探し回りましたが見つかりませんでした。

四王司神社の説明。

勝山に向かいます。

途中の分岐。右は岩山展望台とあります。行ってみます。

岩山展望台。

右に鬼ヶ城、左に竜王山。その手前に老僧山。

先々週登った表山。

左奥には華山が見えています。右手前には雌笠山と雄笠山。

木屋川河口。

ピラミッドが二つ。右が勝山、左が青山。

途中の休憩所。

道まで降りてきました。右へ。

分岐です。勝山は左。

鉄塔の脇を抜けていきます。

ひとやすみ展望台。写真右に見えているのは岩山展望台。

山城・郭跡。

ここから急坂。

巨岩帯。

城の石垣が残っています。

勝山山頂。

山頂から四王司山が見えました。右端が山頂、左端が岩山展望台。

今日のチップスターはブラック、和牛ステーキ味です。

山頂西側の展望地から。これから向かう青山です。

勝山から下山途中の巨岩、天狗の岩屋。

青山に向かいます。

歩きやすい尾根です。

途中の、かつやま展望台。

名前のとおり、勝山が一望です。それにしても、右側は急坂、あそこを降りてきました。

途中の展望地から四王司山。右端には満珠島。

響灘展望台。

その名のとおり、響灘。六連島が見えています。

反対側には、瀬戸内海。満珠島と干珠島。

途中の巨岩が鎮座するピーク。

平畑山に着きました。

山頂三角点。四王司山で見つからなかったので、今日初めて。

青山は直進ですが、雨が降り始めたので、左折して下山します。

勝山御殿跡。車が見えました。

類似するルートを通った活動日記