”悪天停滞も愉しかった” 双六岳・三俣蓮華岳・鷲羽岳-2019-10-07〜9

2019.10.07(月) 4 DAYS Nagano, Gifu, Toyama
jotenki
jotenki

活動データ

タイム

55:27

距離

40.7km

上り

3,258m

下り

3,256m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

10月7日から三俣山荘一泊で双六・三俣蓮華・鷲羽岳を目指し、7日午前5時新穂高登山者用無料駐車場出発。最初からガスかかりどんより暗い空。それでも鏡平辺りまではまあまあ明るいものの、弓折乗越くらいから細かな雨。双六から雨まじりの濃いガスというより、雲の中にいるような水滴。悪天だからか雷鳥を20羽くらいみた。冬毛に変わりかけてた。三俣蓮華岳で本格的に雨模様。午後1時過ぎに山荘着時は雨風強くなる。小屋閉め間近で燃料節約なのか、若干寒い山荘内だけどレストランスペースはまあまあ暖かく快適にビール飲んでたら窓がゆれるくらいの暴風雨に。同宿の数人と打ち解けて楽しい夜を過ごす。翌日8日は移動とても無理な暴風雨で三俣小屋停滞決定。「黒部の山賊」など読んですごしていたが、11時過ぎ雨が弱くなったような感じだったので鷲羽岳往復。往復する1時間でびしょ濡れ。翌朝は昨日なにかありましたっけ?と言いたいくらいの大晴天。三俣蓮華でご来光を迎えようと5時過ぎ発。雲がなく透明度の高い景色が広がり。鷲羽、水晶、薬師、野口五郎、笠、白山、御嶽、乗鞍から穂高連峰にもちろん槍ヶ岳とどこを見ても山々山。北アルプス表裏両銀座オールスター勢揃い。双六からの槍や鏡池に映る槍と定番ショットもいただけました。何度も振り返りながら下山。初日のガスガスがあったからこそ感動ひとしでございました。小屋で仲良くなった人たちも個性的で知り合えてよかった。こういうのも山の愉しみですね。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。