大星山-2019-10-06

2019.10.06(日) 2 DAYS Kochi, Tokushima
hiropon
hiropon

活動データ

タイム

07:54

距離

9.7km

上り

870m

下り

872m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

以前、下の林道の一部が崩落して行けなかった大星山。 「星」が付く山とは相性が悪い様で、修行の様な山行でした……。 やはり、切り立ったトラバースの恐怖に勝てず。 一部、トラバース道が途切れてるの、ホンマにやめて……。 眺望は山頂近くまで、あまり望めませんが、木々のトンネルは清々しい気分になれました。 下りの練習と体力作りを本気でしなければ……。

ゲートが何故か開いていました。車両進入禁止なので、しばらく広い林道を進みます。
小さな滝がいくつも。
南の方。
ふとこちらに目を向けると…
中央上部の小さな岩の左下に鹿の姿🦌
画像の中央にポツンと見えます。二頭が鳴き声を残して去って行きました。
かなり伐採されてます。
花々も美しく。
西側の山々。
硬い砂利砂利の道を登山靴で歩くのはしんどいなぁ。
北側の山々。
見下ろすと、以前来た時に土砂崩れで行き止まりになっていた場所に堰ができてます。
岩の上に佇む木。
結構な水量。道に溢れてます。
林道分岐。
新旧、二つあり、古い方に大星山の名が。
滴る滴。
紅葉が見られ始めました。
右手に…
登山道入口です。
かなり強烈なトラバースが、延々続きます。
この辺りはマシですが、斜面が伐採されたトラバースは落ちたら死ねます。高所恐怖症にとって、トラバースほど恐ろしいものは無い。
タバコの吸殻。駐車スペースにも大量に落ちていました。分解されないフィルターによる自然破壊、山火事の危険性……怒りすら感じます。
空を見上げて、しばし現実逃避。
ピンクテープが随所に。先人に感謝。
UFOでも呼ぶ儀式か。
鉄塔20番。
黒こげになりますから。
やっと普通の道かと思いきや…
やはりトラばる。
木の実がたくさん。栗もたくさん落ちてました。
苔むした切り株に穴が。
やっとこさ、緩やかな道に。
栗の木。まだイガイガが残ってます。
枯れ木に落石が。恐ろしい光景。
ワイヤーにピンクテープ。
ヒメシャラも少しありました。好きな木です。
苔むした岩が目立ってきました。
鉄塔22番。
空を見上げて…
腹が減ってはなんとやらに。
写真をまともに撮れない程度には疲れてました(笑)。昨日も登ってるのにねー。
奥に道があります。緩やかだと祈りつつ。
23番。
比較的緩やかな道が続きます。
立派な広葉樹林になってきました。
謎の実。カサカサになる前の、緑と赤の新鮮なのもありました。
白骨。
倒木の一部が階段になってます。
苔の階段。雨の日は、絶対ヤバい。
キノコの楽園。
やっとこさ25番。ガレガレ。
眺望が良いです。
26番を目指し、靴幅程度のトラバースにビビりながら進みます。
獣道?
来ました、26番。
やはりガレガレ。そして、山頂に向け、足場の悪い急峻な道を登ります。
雄大な木々に癒されます。
急峻な登りの後は…
緩やかな…
登り。
皆さん、この辺りで休憩をなさるとか。
絶景です。
立派だ。
やっとこさ…
着きました!
会えたね、三角点さん……。
山頂からは立木のため、その隙間からしか景色を楽しめず。
帰ります。
イヤンなトラバースは下りの方が怖い……。
写真を撮る暇も無く下りてきました。これからは日没が怖いので、遅くとも16時までには下りたいです。
林道をひたすら歩いて…
景色を眺めつつ
もう太陽は山に隠れているなと軽く恐怖を感じ…
花を楽しみながら…
駐車スペースに到着。
駐車スペース近くの沢。迫力です。
帰宅前に、ある店でカツ丼。旨いわー。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。