穏やかに静かに国見岳&虎子山  伊吹山・伊吹高原・御座峰-2019-10-06

2019.10.06(日) 2 DAYS Shiga, Gifu
たけう
たけう

活動データ

タイム

03:50

距離

6.5km

上り

773m

下り

752m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

国見峠から国見岳と虎子岳へ。 国見岳 朝のうちは曇っていて、ちょっと暗い登山道。途中で舵ケ岩屋へ寄り道しました。 全体的には穏やかな登山道だけど、稜線直下の道は細くて湿っていて、岩が滑りやすかったです。 稜線にでるとススキゾーンと苔むしたゾーンが、とてもいい雰囲気で、すごい気に入りました。 いつの間にかすっかり晴れていて、山頂からは岐阜県側の景色が広がってました。 しばし景色を楽しみ、下山。 登りでは暗かった登山道にも木漏れ日が差し込み、さわやかな風が吹いていて、とても気分よく歩けました。 虎子山 国見峠を挟んで反対側の登山道へ。草もっこの道を少し入ると、まっすぐな尾根道が。 これがなかなかの急登で、ヤバかったです。 傾斜が落ち着いてきたところで、ブナの森。明るくていいね。 稜線に出ると、少しヤブ気味に。道はしっかりありますが、草でおおわれていたり、笹をかき分けたりして、ガソゴソ進んでいきます。ときどき動物のフンがあったり、強烈な獣臭がしたりして、国見岳に比べるとこっちはあまり人が入ってない印象。実際、この日は誰にも会いませんでした。 そんなところだからか、登山口から短時間ながらもすごい山奥に分け入った気分に。 山頂からはこちらも岐阜県側の景色が広がってました。のどかでおだやか。 いい眺望と山頂を独り占めしてランチタイム。 下山は急坂のおかげであっという間でした。 2座ともお手軽ながらよい眺望といい雰囲気をもった山でした。 いつか伊吹北尾根にチャレンジしたいな。

国見峠からスタート。
それでは行ってきます。
最初はこんな感じ。朝のうちは曇ってて暗かった。
岩屋へ寄り道。
登山道からはいったん離れます。
下るのねー💦
大きい岩があったけど、コレじゃあないよね?
もうちょっと下ると案内板ありました。
岩屋到着。
奥には壊れたお堂と光る南無阿弥陀。
周囲にはこのお花がいっぱい。
命を狙われて、ここで匿われたとのことですが、どんな気持ちでこの景色を見たんでしょうね。
登山道へ戻ります。
栗の中ってこんな風になってたんだ。イガの中はふかふか〜。
ゆるやか尾根道。
これ、ちょっと意味がわからなかったです。
苔の芽。
この辺、岩が湿ってて滑りやすかった。道も細いし。
稜線にでた。ススキいっぱい。
苔ブリッジ。
苔いっぱいでとてもいい雰囲気♪
びっしり。
山頂到着ー♪
となりは禿山。伊吹北尾根歩いてみたいけど、移動手段がなぁ…ピストンしかないかぁ。
おぉーいい眺め!
伊吹山は恥ずかしがり屋さん。
名古屋方面。
さて下ります。いい天気。
奥揖斐方面。いいねぇ!
コレってこういう花?下2本だけ花びらがびよーんと。
登りは暗かった道にも日がさしてきた。風もさわやか〜。
国見峠に戻ってきました。
一息いれて、反対側の登山道へ。
まっすぐな尾根、なかなか急だな、うはー💦
きのこでっか!
傾斜が少しゆるくなったところでブナの森。明るくて気分がいいね。
目の前でピタッと止まったので、そりゃ撮ります。
複雑。
ガサゴソ、ガサゴソ。稜線の道はちょい薮。
マンモス的な。
到着ー。あ、トラスと読むんだね。ずっとトラコかと…笑。
三角点あります。
国見岳に比べると範囲は狭めだけど、いい眺め。
ちょっと前に登ったばかりの貝月山。ニセピークと小貝月もバッチリ。
たぶん笹刈山。
Yamapには表示ないですが、道は続く。どこまでいくんだろ?
お昼ごはん食べて、コーヒー飲んでのんびり山頂独り占めでした。では、帰りましょう。
登ったときより急に感じる!
あっという間。
国見峠・駐車場からの伊吹山。心地よい秋の風吹く、よき山歩きでした。

類似する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。