待ちわびた四王寺山のオケラ🌸2019-10-06

2019.10.06(日) 日帰り Fukuoka
とっこ
とっこ

活動データ

タイム

00:00

距離

0m

上り

0m

下り

0m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

オケラ(朮)はコオロギに似た虫ではなくて、れっきとした植物です🌱生薬になります 6月からつぼみをつけていて、何度も訪れて長〜いあいだ待って 10月やっと咲きました(^^)/🎉🎉 待ちわびたせいもあり、一層かわいい💕 🌱センボンヤリ 秋のセンボンヤリの姿(茶色の綿毛で長い)が大名行列の先頭に立つ長い毛槍に似るのが名の由来だそうです

庭の一角に今朝ミョウガが出てました🌱花も綺麗🌼
四王寺山のひと月前のオケラです🌱 まだつぼみで6月以降 ほんの少しずつしか変化しませんでした
ひと月前🌱 苞葉は魚の中骨みたいなカタチで🐠内側と外側から二重に蕾をがっちり守っています❤️
そして今日のオケラ🌱少し咲いていました!💓 キク科オケラ属
かわいい💕 ついに咲きました(^^)/アザミみたい🌸 これは葯筒が見えないので雌花、雌雄異株で両性花があるそうです、花径は3cmくらい
これも雌花🌱
これは両性花、咲き始めも愛らしい ❤️
葯筒からにゅっと雌しべが出ています ♡
✨✨
オケラのつぼみ、魚骨状の苞葉は黄色くなってます🍁地下茎は健胃 整腸作用など生薬となるそう
これは昨年10/18の両性花
美しいです、針みたいなトゲはチクチクしそうですが柔らかくて痛くありません🦠でも花をしっかり守っています、すごいなぁ🥰
ここは四王寺山 665年に大宰府や日本を守るために土の城壁が作られました、石垣や倉庫跡の礎石が残っています
1300年以上前のことを想像するとここで働いていた人々の情景が浮かびます
焼米ヶ原には今でも探せば当時の焼米が見つかります🍙今日はひと粒だけ発見✨
ヤマハッカ
ヤマハッカの葉はやや丸っこい
キツネ顔のヤマハッカ、立ち上がった花弁には紫色のラインあり
キツネ顔で紫色のライン💜
可愛い色はマルバハギ
センボンヤリは面白い。春と秋の二回花をつけます🍀同じ植物とは思えない形状です *春は 草丈3~15cmで外ピンク~内側は白のとても小さな可愛い花と小さな葉 *一方秋は 花茎が何と30~50cmと長く(種子を遠くに飛ばしやすくするため)、タンポポのような葉も10cm以上になります😳
これが今年3/18に同じ場所で写した草丈3cmくらいのセンボンヤリの愛くるしい花です! 木の根元にうっかり見過ごしそうなくらい小さな花でした
そして今の姿、秋の花は開かず全てが閉鎖花、高さもビューンと高い訳は、冠毛が広がって風に乗り種を遠くまで飛ばし易くするため!うーん、考えてますね~🧐賢い
これ以上は咲きません!なんか勿体ない気がします
なので秋のセンボンヤリの光景は背が高くて、つぼみか綿毛です
ふわふわのセンボンヤリの茶色の綿毛は おしゃれなポンポンのよう💓 これが毛槍に見えて名前の由来になったようです
サイヨウシャジン、まだ咲いてます🌱
ベルのカタチ🔔が愛らしい💕
白のサイヨウシャジンも
白だけでなくほんのりグリーン🌱
シャシャンボの実、冬になって黒く色づいたら食べごろです🌑甘くて美味しいですよ〜😋
キッコウハグマ(亀甲白熊)の葉は ホントに亀の甲羅の形🐢六角形
花は? 残念(´-`).。まだつぼみでした🌱 10月下旬に咲きそうです
足もとにハイメドハギ、うっかり踏んでしまいそう
ヌマダイソン
キヅタの花が咲き始めました⭐️⭐️
ジョロウグモの雌、上の小さなクモが雄だそうです
太宰府市街と遠く耳納連山 青い屋根は国立九州博物館です
右側は筑紫野市の街並み
ナワシログミの花 ソバカスいっぱいですね~✨
色づいたカラスウリの実
ムベの実、熟れたら甘くて美味しい😋
あきののげし✨✨
✨あざみ
場所を変えて、途中の稲刈り後の一枚の田んぼには 虫を狙ってコサギとチュウサギが計15羽!
めちゃ美味しいおススメ豆乳を秋月の「あぜみち」で購入後 ふと前を見ると桜の花が!🌸わぁ!
十月桜かな🌸けっこう咲いてます
ん〜、かわいい😍
ここは知る人ぞ知る秋月の天然酵母のパン屋さん
ココです、うまうまパンが沢山で迷います😋
パンを買って外に出ると美猫さん🐈 影がかわいい💕
外の椅子に腰掛けてパンを食べてる人におねだりポーズ🐈しっぽ上がった!そしてニャア!
こないだはこの子もいました😾目ヂカラある!
帰りもコサギとチュウサギが仲良く残留組 今日も最後までありがとうございました😊

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。