紅葉始まりの火打山

2019.10.05(土) 2 DAYS Niigata, Nagano
ジロー
ジロー

活動データ

タイム

10:43

距離

17.6km

上り

1,458m

下り

1,462m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

最近、妻がファミリー登山に付き合ってくれるようになってきたので、これをチャンスとばかりに妻のトレッキングシューズを新調することにしました。 色々と試し履きをして、妻が選んだのはKEENのトレッキングシューズ。 やはり新しいものを手に入れると使ってみたくなるわけで、ソワソワ、ソワソワ。 「尾瀬にする?」 「それとも日光?」 天気予報とにらめっこしながら行く場所を考えます。 「ねー、どこにするの?」 と言うと 「面倒なので、遠くはイヤ」 「近くの国上山とか護摩堂山で良いんだけど。」 と妻。。。 どうやらソワソワしていたのは私だけのようです😓 そんなに遠くなければどこでもいいというので、紅葉始まりの火打山にしたのですが、妻に累計標高差1500m、18kmの行程は厳しすぎたようで、山頂直下では息も絶え絶え、下りでは膝痛が激しくなりもはや苦行モードに😅 「国上山くらいかと思っていたのに」 「また騙された」 「もう二度と行かない」 またイチからやり直しです😓

登山開始早々なめこちゃん😋
迫力のあるブナ
ガスっぽいのですが、次第に日が差してきました。
これは同じ場所の昨年の10/6の写真。十二曲がりの青空とつながる場所。
地上の楽園、高谷池湿原。素晴らしい😆🙌
接待登山のため、高谷地ヒュッテ前でコーヒーブレイクです。ここまででも来れで良かったねと安堵😅
紅葉の時期のSNSの写真って、良いところだけ切り取っていて、エフェクトがかかっていたりするので、行ってみたらガッカリするようなこともあるという記事を読んで強く納得😂 それを差し引いても火打山の高層湿地と紅葉は素晴らしい。来年もこの時期に行くと思います。テント泊したいな。
紅葉登山🍁🥾
湿地付近は水平歩きなので体力的にも楽で気分が高揚します。紅葉だけに😅
湿地ってなんでこんなに癒されるのでしょう😍
妻曰く、ライオン岩。見えなくても、見える!ホントだ!と言わなくてはなりません。
青空はモチベーションの添加剤
ビクトリー紅葉🍁
かなりしんどそう😓
火打山直下から見る稜線も見事‼️
雲海の山頂。青空‼️
昨年の写真。台風の中で怖いくらいの山頂でした。
メスティンで牛肉の炊き込みご飯
火打山にノックアウト😓
焼山
右から雪倉岳、白馬岳、唐松岳、五竜岳、鹿島槍ヶ岳という感じで見えました
薬膳スープ
戸隠連山が目の前に。黒姫山は雲の中。
ばっしーさん御一行と遭遇。下山中にも三条の山仲間御一行とも遭遇。数え切れないほど山があるというのにここで出会う不思議ってありますよね😆
晴れてきました☀️ 右の焼山の左の三角の山が雨飾山だそう。
逆さ火打。
草紅葉と火打山
青空と高谷地湿地がパラダイス✨
テント場
タマゴダケ‼️
ここにも‼️😆🙌
と思ったのですが、夕方で暗かったので、タマゴダケと誤認してしまいました💦調べてみるとベニテングダケです。死なないかもしれないけど毒キノコ😅 ベニテングダケって図鑑に載っているような均等で綺麗な白い斑点のものだけではないのですね。注意ましょう。
これは別の場所のタマゴダケ。柄の部分や傘の裏が黄色味かがっています。見比べると一目瞭然。キノコの同定は2つ以上のポイントを抑えること。ポイントが多ければ多いほど確実性が増します。くれぐれもお間違いなく。危うく死ぬところでした。タマゴダケのレシピを考えながら帰路についていたので間違えたことがあまりにもショックでダメージがでかい😓
さて、ゴール
感動のゴール‼️ よく頑張りました😊
ニューミサの味噌ラーメン
カツ丼も。カツ丼は味は良いのですがお肉は固め。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。