但馬の美人さんに会いに。猿壷、桂、シワガラの滝-2019-09-29

2019.09.29(日) 日帰り
ゆき
ゆき

活動データ

タイム

03:33

距離

5.3km

上り

500m

下り

849m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

某雑誌'SA〇〇Y'の関西絶景特集の表紙を飾るシワガラの滝。2年前から行きたくて、やっと実現しました✨ 同じく兵庫県新温泉町にある猿壺(サルボ)の滝、桂の滝も訪れました。 先ずは猿壺(さるぼ)の滝。経験者のpersさんより、朝が美しいとの情報あり。7時着を目標に出発🚗🌛。 猿壺の滝は、最寄りの駐車場から徒歩10分程度。 やや鬱蒼としたアプローチとは逆に、繊細な美しさでした。 長靴を持って行きましたが、この日は履き替えは不要でした。地元の方によると今は水量が少なく、5月は雪解け水で水量が多く、迫力あるとのことでした。(でも9月でも綺麗でしたよ!) その後車移動で桂の滝とシワガラの滝へ。 9:30前に駐車場に到着。駐車場は数台しか停められたないのですが、幸い先客はバイク2台のみでした。間もなく新たな駐車場がオープン予定だそうです。 桂の滝へのアプローチは3.5km。鎖場やロープ、田んぼのような泥道も少々ありましたが山のつもりでいけば大丈夫。迷いはしません。却って探検気分増し増しです😀。我々は45分程度で滝に到着しました(地元の方の見積もりだと片道1時間半とのことでした) 。 高さ35メートルの岩壁がそびえ立ち、迫力あり期待以上でした。潔い美しさ。岩肌のサイドに滴る水滴が美しい。滝壺付近はめっちゃ涼風が吹いてました。 シワガラの滝へは、桂の滝から徒歩で向かいます。一旦駐車場方面に戻り、途中分岐を北(駐車場とは逆)に向かいます。シワガラの滝は近づくにつれ、もうアプローチからして神秘的です。滝の奥に洞窟があり入ることもできます。岩肌や水流のラインが美しく、光り輝いていて、本当に自然が作ったの?と思ってしまいました。まさしく'映え'ですね〜。 帰りに新温泉町で温泉と温泉卵をいただきました。途中、出川哲朗を目撃というおまけ付きです。但馬牛のハンバーグも堪能しました✌️ ありがとうございました。 masseさん、ずっと運転お世話になりました!

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす