錦秋の栗駒山と須川温泉

2019.09.29(日) 2 DAYS Miyagi, Akita, Iwate
hakushinden
hakushinden

活動データ

タイム

04:44

距離

10.1km

上り

977m

下り

947m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

前日は須川キャンプ場でBBQ& テント泊。 夕方から降雨に遭いましたので、タープを張って、雨中のBBQを楽しみました。 テント泊は、須川高原温泉の目前にあるビジターセンターで受付。 ビジターセンターが閉まっているときは、須川高原温泉で受付します。 キャンプ場代は、一人1日100円ですから、1泊すると200円になりますが、駐車場から徒歩1〜2分で、水場もトイレットペーパー付きのシャワートイレもあり、素晴らしい格安キャンプ場です。 ただ、このときは、炊事棟が改修中でしたので、水はビジターセンター前の靴洗い場の水道利用となりました。 栗駒山登山当日開始時点では小雨が降っていましたが、歩き出すと直ぐに降り止み、その後は降られることなく、晴れ間も覗くようになり、神様の絨毯とも言われる紅葉を楽しむことができました。 須川温泉は高濃度の硫黄泉で、目に染みるほどでした。

須川高原温泉です。
須川高原温泉の露天風呂。 日帰り入浴は600円です。 洗い場は3つと少なく、シャワーはありませんが、大きな露天風呂は、広々していて、本当に気持ちよかった。
須川高原温泉は内湯も600円で入れます。 内湯には沢山の洗い場があり、シャワーもあります。 小さいですが露天風呂もあります。
駐車場の公衆トイレ。 キャンプ場利用者はこのトイレを使います。 トイレットペーパー備え付けのシャワートイレです。
キャンプ場は駐車場から徒歩1〜2分。 テント用のウッドデッキは壊れているものが多く、この一つだけが、壊れていない、立派なものでした。 石のテーブルセットもありましたので、テーブルクロスを掛けて、銀マットを石のベンチに敷いて、快適なテーブルセットで、BBQを楽しみました。
須川高原温泉から出発。
須川高原温泉の足湯。
足湯の温泉は川のように流れています。
登山開始。
須川コースは火山ガスの発生で通行禁止です。
歩き出して直ぐに蒸し風呂がありました。
蒸し風呂の内部。
ここに寝るようです。
登山道に温泉の湯気が吹き出しているところがありました。
雨は止んでいます。 晴れないかな〜。
名残ヶ原
苔花台
須川コースの分岐。須川コース方向には通行止めの案内看板。
下部はドロドロの登山道でした。
三途の川を渡って行きます。 だからさっきの原っぱが名残ヶ原?
ここが三途の川。 ということは、向こう側は彼岸?
青空が広がってきました。
池に紅葉が映っていました。
山頂まで紅葉のトンネルが続きます。
産沼。
赤が鮮やか。
栗駒山頂上に到着。
山頂到着時はガスガスでした
山頂表示の裏側。
山頂からの眺望。
中央道の下山路。
山頂のガスが薄くなってきました。
名残ヶ原に戻ってきました。
名残ヶ原。
賽の碩
地獄釜。
地面がなかなかの色になっていました。
須川高原温泉が見えてきました。

類似する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。