富士山 (富士宮口から往復)-2019-09-28

2019.09.28(土) 2 DAYS Yamanashi, Shizuoka
moonbow
moonbow

活動データ

タイム

09:30

距離

13km

上り

1,586m

下り

1,578m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

思っていたより人出は多く、4時半過ぎくらいに到着したところレストハウス東側の駐車場は略々満車で端の辺りに若干空きがある程度。 レストハウス時間外も使えるトイレが売店入口の西側にある階段を下りて行ったところにあるが電灯が点いていないのでヘッデンが必要、また手洗い用の水が使えないため濡れ ティッシュなど持って行った方がいい。 9合5勺と頂上との間で落石防止工事がやられていて登山道は通行止めのためブル道を利用(工事手前のところで工事関係者(自治体?)の方か立っていて案内してくれる)。 須走ルート(下山)のところでも雨のなか工事されてみえ、利用者として有難い次第。 恒例的になってきた閉山後の富士登山。前回は同行者がプリンスルートの砂地でやられてしまい途中敗退したため、勇んで出動したものの今回は予報にやられてしまった。どの予報でも凡そ曇一時晴、何れの時刻帯でも0ミリだったので仮にパラついても気にならない程度のハズがお鉢の途中でレインを着ないとマズそうなくらい降られてしまい下山7合目まで着用する羽目に。 予定では御殿場ルートからプリンスルートで下山して宝永山に立ち寄るつもりだったのが一気に気分が萎えてしまい富士宮ルートで下山。 === やはり富士山は観光地なのか色んなスタイルの方が多見。靴も着衣も普通の運動姿であったり、素足に短パン、ジーンズを穿いていたり、上下セパレートのレインウエアではなくレインコートやポンチョであったり... === 防備 ・水分は、2ℓ携行し摂取は0.4ℓくらい。 ・やはり足腰は不調。持病のヘルニアのほか、ここのところ股関節にも痛み。今回は7合目辺りから体力的にはバテてはいないのに何故か足の疲労感が酷く、少し休んでは少し進んで、の繰り返しでなかなか歩が進まず、腰から下を交換したいと思えたくらい。もう、数十人にはなったと思うが、抜かれ放題状態。

富士・富士宮方面
5:20 スタート
新6合目
右側の建屋(トイレ)右手から向う側に廻り込めます
6合目
真ん中右下辺りに見える屋根が新6合、その右の写真の端のところが5合目駐車場
7合目
8合目
真ん中辺りが復路で立ち寄り予定の宝永山
時折りガスは切れるものの8合目から上をみるとガスが掛かり勝ちの様子
下界はこんな感じ(鳥居は1枚前と同じ)
ようやく9合目
やはり上は真っ白
ブルで工事中
雲が切れた
腰痛(ヘルニア)の痛み止めをのむためお腹にちょっと補給(3500mを過ぎているので包装もパンパン)
痛みをゴマかして、さぁ再開
本来ならこちらが登山道ですが、
ブル道を進みます
登っているうちにガスってきたぁ
頂上到着
残念乍ら、剣ヶ峰もガスのなか
先ずは、白山に続いて愚息の合格祈願(お賽銭入れもなくなってしまっているのでお参りのみ)
お鉢のなかもこの通り
山頂でもやはり真っ白
白山岳(標柱らしきものはあるものの...)
ちょっと荒れてます。(この写真の直後に雨が降り始め7合目まで写真はナシ)
7合目でレインを脱いでいたら、こんな鳥が現れました
動植物には疎いので何の鳥なのかさっぱり分かりません
復路で寄るつもりだった宝永山
15時少し前くらいで登山口近くにはまだ多くの車

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。