福王寺山-2019-09-25

2019.09.25(水) 日帰り
tekuteku
tekuteku

よく人の日記を見て行きたくなって真似をするのですが、今日も真似をしました(^_^;)

福王寺口を出発

福王寺口を出発

福王寺口を出発

昭和九年の灯篭

昭和九年の灯篭

昭和九年の灯篭

あの山に登ります。

あの山に登ります。

あの山に登ります。

こんなのや

こんなのや

こんなのや

こんなのがお寺までずっとあります。

こんなのがお寺までずっとあります。

こんなのがお寺までずっとあります。

振り返ってみる。

振り返ってみる。

振り返ってみる。

住宅街をやっと通り抜け、遊歩道という名の階段地獄。

住宅街をやっと通り抜け、遊歩道という名の階段地獄。

住宅街をやっと通り抜け、遊歩道という名の階段地獄。

砂防ダムの横を登ります。

砂防ダムの横を登ります。

砂防ダムの横を登ります。

また振り返ってみる

また振り返ってみる

また振り返ってみる

落石防護ネットの横が落石しています。要注意

落石防護ネットの横が落石しています。要注意

落石防護ネットの横が落石しています。要注意

やっと山道らしくなった

やっと山道らしくなった

やっと山道らしくなった

南原方面との分岐点

南原方面との分岐点

南原方面との分岐点

安部真紀さん?

安部真紀さん?

安部真紀さん?

十四丁で車道に出る。ここには展望台がありベンチもあるので、米成分を補給しようと思ったのですが、車が一台駐車していて、タバコプカプカ、しかも長時間いるようで運転席の窓の下に吸い殻多数。気分悪いので景色の写真だけ撮ってパス。

十四丁で車道に出る。ここには展望台がありベンチもあるので、米成分を補給しようと思ったのですが、車が一台駐車していて、タバコプカプカ、しかも長時間いるようで運転席の窓の下に吸い殻多数。気分悪いので景色の写真だけ撮ってパス。

十四丁で車道に出る。ここには展望台がありベンチもあるので、米成分を補給しようと思ったのですが、車が一台駐車していて、タバコプカプカ、しかも長時間いるようで運転席の窓の下に吸い殻多数。気分悪いので景色の写真だけ撮ってパス。

白木みのるさん、お元気ですか〜またお会いしに伺います。

白木みのるさん、お元気ですか〜またお会いしに伺います。

白木みのるさん、お元気ですか〜またお会いしに伺います。

崩落

崩落

崩落

倒木を超えるパワーが残ってないので、この手前で米成分補給

倒木を超えるパワーが残ってないので、この手前で米成分補給

倒木を超えるパワーが残ってないので、この手前で米成分補給

南原ダムがチラリ

南原ダムがチラリ

南原ダムがチラリ

快適

快適

快適

と思ったらまた階段

と思ったらまた階段

と思ったらまた階段

素晴らしい倒木処理。邪魔なとこだけバッサリ

素晴らしい倒木処理。邪魔なとこだけバッサリ

素晴らしい倒木処理。邪魔なとこだけバッサリ

車道終点に合流

車道終点に合流

車道終点に合流

私には幸せが導かれます。

私には幸せが導かれます。

私には幸せが導かれます。

さらに登って、一丁

さらに登って、一丁

さらに登って、一丁

山門現る。想像していたよりはるかに立派。

山門現る。想像していたよりはるかに立派。

山門現る。想像していたよりはるかに立派。

お仁王さん。子供の頃、悪戯が過ぎて、お仁王さんの横に縄で縛ってやると言われたのを思い出した。子供の頃は怖かった。

お仁王さん。子供の頃、悪戯が過ぎて、お仁王さんの横に縄で縛ってやると言われたのを思い出した。子供の頃は怖かった。

お仁王さん。子供の頃、悪戯が過ぎて、お仁王さんの横に縄で縛ってやると言われたのを思い出した。子供の頃は怖かった。

境内に謎の道標

境内に謎の道標

境内に謎の道標

立派な二本杉

立派な二本杉

立派な二本杉

お寺も立派ですね〜

お寺も立派ですね〜

お寺も立派ですね〜

こんな山の上に池が

こんな山の上に池が

こんな山の上に池が

ちょっときつい登り

ちょっときつい登り

ちょっときつい登り

山鬼堂

山鬼堂

山鬼堂

また快適な道を行くと

また快適な道を行くと

また快適な道を行くと

前方が開け

前方が開け

前方が開け

山頂到着

山頂到着

山頂到着

四等三角点、福王寺山

四等三角点、福王寺山

四等三角点、福王寺山

眺望はありますが、ちょっとイマイチ

眺望はありますが、ちょっとイマイチ

眺望はありますが、ちょっとイマイチ

全てはこのマイクロ回線を確保するための伐採。登山者のためではないと思われる。しばらく休憩の後下山開始。

全てはこのマイクロ回線を確保するための伐採。登山者のためではないと思われる。しばらく休憩の後下山開始。

全てはこのマイクロ回線を確保するための伐採。登山者のためではないと思われる。しばらく休憩の後下山開始。

お寺に降りる別ルート上に立ち枯れの一帯が。なんだろう

お寺に降りる別ルート上に立ち枯れの一帯が。なんだろう

お寺に降りる別ルート上に立ち枯れの一帯が。なんだろう

黒焦げの何か案内中みたいなのあり。火事でもあったのかな。

黒焦げの何か案内中みたいなのあり。火事でもあったのかな。

黒焦げの何か案内中みたいなのあり。火事でもあったのかな。

お山めぐりを終わり、石段を降りる。

お山めぐりを終わり、石段を降りる。

お山めぐりを終わり、石段を降りる。

かなり荒れている。

かなり荒れている。

かなり荒れている。

深い谷だ

深い谷だ

深い谷だ

ここから観音坂参道へ降りてみます。

ここから観音坂参道へ降りてみます。

ここから観音坂参道へ降りてみます。

結構急

結構急

結構急

岩や石がゴロゴロしている箇所あり。

岩や石がゴロゴロしている箇所あり。

岩や石がゴロゴロしている箇所あり。

展望ができる場所がありました。

展望ができる場所がありました。

展望ができる場所がありました。

山頂より眺めが良いかもしれない

山頂より眺めが良いかもしれない

山頂より眺めが良いかもしれない

魔法の杖の上部に見えなくもない

魔法の杖の上部に見えなくもない

魔法の杖の上部に見えなくもない

倒木。超サイヤ人の方、指先でへし折ってください^^;

倒木。超サイヤ人の方、指先でへし折ってください^^;

倒木。超サイヤ人の方、指先でへし折ってください^^;

超急な階段で車道に出ます。

超急な階段で車道に出ます。

超急な階段で車道に出ます。

少し車道を歩いて、また山道へ

少し車道を歩いて、また山道へ

少し車道を歩いて、また山道へ

山道終わり

山道終わり

山道終わり

福王寺口へ向かって降りて終了。山の中は涼しかったですが、木陰がなくなると直射日光でやられました。

福王寺口へ向かって降りて終了。山の中は涼しかったですが、木陰がなくなると直射日光でやられました。

福王寺口へ向かって降りて終了。山の中は涼しかったですが、木陰がなくなると直射日光でやられました。

サイレンやヘリコプター飛んでると思ったら山向こうで火事のようです。

サイレンやヘリコプター飛んでると思ったら山向こうで火事のようです。

サイレンやヘリコプター飛んでると思ったら山向こうで火事のようです。

福王寺口を出発

昭和九年の灯篭

あの山に登ります。

こんなのや

こんなのがお寺までずっとあります。

振り返ってみる。

住宅街をやっと通り抜け、遊歩道という名の階段地獄。

砂防ダムの横を登ります。

また振り返ってみる

落石防護ネットの横が落石しています。要注意

やっと山道らしくなった

南原方面との分岐点

安部真紀さん?

十四丁で車道に出る。ここには展望台がありベンチもあるので、米成分を補給しようと思ったのですが、車が一台駐車していて、タバコプカプカ、しかも長時間いるようで運転席の窓の下に吸い殻多数。気分悪いので景色の写真だけ撮ってパス。

白木みのるさん、お元気ですか〜またお会いしに伺います。

崩落

倒木を超えるパワーが残ってないので、この手前で米成分補給

南原ダムがチラリ

快適

と思ったらまた階段

素晴らしい倒木処理。邪魔なとこだけバッサリ

車道終点に合流

私には幸せが導かれます。

さらに登って、一丁

山門現る。想像していたよりはるかに立派。

お仁王さん。子供の頃、悪戯が過ぎて、お仁王さんの横に縄で縛ってやると言われたのを思い出した。子供の頃は怖かった。

境内に謎の道標

立派な二本杉

お寺も立派ですね〜

こんな山の上に池が

ちょっときつい登り

山鬼堂

また快適な道を行くと

前方が開け

山頂到着

四等三角点、福王寺山

眺望はありますが、ちょっとイマイチ

全てはこのマイクロ回線を確保するための伐採。登山者のためではないと思われる。しばらく休憩の後下山開始。

お寺に降りる別ルート上に立ち枯れの一帯が。なんだろう

黒焦げの何か案内中みたいなのあり。火事でもあったのかな。

お山めぐりを終わり、石段を降りる。

かなり荒れている。

深い谷だ

ここから観音坂参道へ降りてみます。

結構急

岩や石がゴロゴロしている箇所あり。

展望ができる場所がありました。

山頂より眺めが良いかもしれない

魔法の杖の上部に見えなくもない

倒木。超サイヤ人の方、指先でへし折ってください^^;

超急な階段で車道に出ます。

少し車道を歩いて、また山道へ

山道終わり

福王寺口へ向かって降りて終了。山の中は涼しかったですが、木陰がなくなると直射日光でやられました。

サイレンやヘリコプター飛んでると思ったら山向こうで火事のようです。

類似するルートを通った活動日記