工石山-2019-09-23

2019.09.23(月) 日帰り Kochi
hiropon
hiropon

活動データ

タイム

04:20

距離

5.4km

上り

420m

下り

412m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

秋の工石山は初? 春は霞んで見えない土佐湾の絶景が素晴らしいですね。 今回は南側ルートからの登頂でしたが、非常に楽! 先に起伏のある南側を通っておけば、帰りは楽チン北側ルート。 華やかな花々は少なく、紅葉にも早い時期ですが、赤星山のヤバさを味わった後だったため、安らぎすら感じました。

行きます。
しばらく、歩きやすい砂利道。
トイレは済ませていきましょう。
工石山と三辻山の分岐です。
花々が
心を
和ませる……何だ、中央のクルクル葉っぱは?
お洞のキノコ。
さぁ、登りましょか。
子ども達が作った巣箱。
今回は、南側ルートから。当然、ヤッホーしました。
今にも崩れそうです。
山中にトイレが点在。助かります。
岩を
登れば
絶景。春は霞んで、見えない風景です。
分岐です。さいの河原へ。
根元から折れた巨木。
もやしっ子です。
さいの河原付近に石垣。誰が住んでいたのか。
見たことある方、教えてください。
さいの河原の癒しは半端無し。
休憩所は
立派な
造りです。
シャクナゲ道へ、初めて行きます。
最初のこの岩だけ、滑らない様に注意。
写真が横を向いちゃってますが、ナウシカポイントです。
岩に立つと
ここも絶景。
また横を向いちゃってますが、ラピュタが見えるのか。
根の凄まじい這い方。
竜の巣は、見えなかった……。
大好きなヒメシャラです。デカい。
シャクナゲの季節に来たいですね。
寄り道なしで行きます。
仲良く
寄り添うわよ。
山頂ー!
三角点を撮ろうとしたら、モンベルのクッキング登山イベントの方たちがくつろいでいました。
石でガチガチにガード。
山頂の眺望も好きです。
気圧。
腹が減っては何とやら。モンベルイベントのカレーの匂いをおかずに、モンベルのリゾットを喰らいます。カルボナーラは、相方。
モンベルのアルファ米は、熱湯3分で出来る優れもの。永谷園が作ってます。
皆さん、斜面のベンチに移動して、カレーを。真夏を避けて、食材持ってきてやりたいわー。
休憩所上の展望台で無線している方が。機材、重かろうに……。
北側ルートで帰ります。コルに休憩所。
北の頂からも、四国山地の山々が見られ、やはり絶景。
神秘的です。
まだこの時は蕾。
倒木や切り株に石を積む意味は何でしょうか?
緩やかーな道。
昭和38年に台風で倒れた檜。親父が9歳の頃の形を、まだ留めています。
おび杉林。
根曲がり杉。
檜を倒した台風は、杉の形をも変えました。
さらに楽々コースを。地面がドロドロしていないため、湿っていても歩きやすいですね。
キャラボク。
アコウの様に雄大な木です。
謎のブツブツ。
一部無くなっていますが、色々な県の木々を楽しめる北側ルート。
水飲み場まで降りて来ました。
ホッとする風景。
2086年に開かれるタイムカプセル。
埋めた方の子や孫が掘り起こすのでしょうね。
まさに県民の森。ぷらっと来られる、良い山です。
登山口への分岐。
名残惜しいが、降りるのみ。
苔むした岩から、苔を伝い、水が滴る幻想的な世界。
降りちゃった……。
砂利道を戻ります。
林野庁の車。パジェロミニ。お疲れ様です。
到着。疲れすら、清々しい。

活動の装備

  • クリスタロGTX
    SCARPA

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。