聖岳 笠松尾根 周回

2019.09.22(日) 日帰り
さとし
さとし

軌跡がとれませんでした。 距離約30キロ、累積標高差約3200㍍ 今日は北アルプスで広島の友人に会う予定が、天気予報が悪いので中止に。 というわけで、前から行きたかった聖岳へ。自分の名前は聖と書いてさとしと読みます。まさしく登らなければならない山だったわけです。 相棒のいつもの変態的な変態的な提案で笠松尾根へ。少し前にはやぶさ半さんのログがあったのでそれをパクることに。 そしたら、取り付きがとんでもないところだった。笑 これを下山で通ったはやぶさ半さん、恐るべし! このルートはピンクテープがちゃんとあります。が、倒木は何本越えたりくぐったりしたか分かりません。 笹やシダで足元が見えなくて何度もつまずいたり足をぶつけたりします。笠松山から兎岳の取り付きは広い尾根で少しだけ迷ったりします。極めつけは兎岳の山頂直下のハイマツ漕ぎ。笠松山の手前辺りから笹、シダ、ハイマツ、全部濡れてたので腰から下はびちょびちょになります。これからの時期冷えるのでカッパの下ははいた方がいいです。 と、こんな具合でバリエーションらしさを味わいながら兎岳へやっとこさ登った あとに聖岳への登り返し。ざっと400㍍くらいです。 なので、聖岳へ着いた時の達成感はたまりませんでした。 小聖岳でお昼にして、サーっと下山。 笠松尾根はもう歩きたくないけど、聖岳は絶対にまた行きたいです。 そういえば、百名山なのに人にまったく出会わなかったです。

笹ゾーン

笹ゾーン

笹ゾーン

シダゾーン
ズボンびしょ濡れです

シダゾーン ズボンびしょ濡れです

シダゾーン ズボンびしょ濡れです

笠松山

笠松山

笠松山

シダゾーン長い

シダゾーン長い

シダゾーン長い

たまにコケゾーン

たまにコケゾーン

たまにコケゾーン

フカフカ

フカフカ

フカフカ

ハイマツゾーン
これを掻き分けて進みます。
胸までびしょ濡れです

ハイマツゾーン これを掻き分けて進みます。 胸までびしょ濡れです

ハイマツゾーン これを掻き分けて進みます。 胸までびしょ濡れです

兎岳

兎岳

兎岳

兎岳は2峰になってました。うさぎの耳?

兎岳は2峰になってました。うさぎの耳?

兎岳は2峰になってました。うさぎの耳?

にっしぃさんほどではないと思うけど、今年はガス率高いです。

にっしぃさんほどではないと思うけど、今年はガス率高いです。

にっしぃさんほどではないと思うけど、今年はガス率高いです。

雷鳥のお出迎え

雷鳥のお出迎え

雷鳥のお出迎え

聖岳!

聖岳!

聖岳!

最高!

最高!

最高!

山頂にいるとき、青空でした

山頂にいるとき、青空でした

山頂にいるとき、青空でした

かっちょぶーなやつ撮ってもらった

かっちょぶーなやつ撮ってもらった

かっちょぶーなやつ撮ってもらった

雲のむこうに富士山がちょこっと

雲のむこうに富士山がちょこっと

雲のむこうに富士山がちょこっと

下山は歩きやすくてスイスイ

下山は歩きやすくてスイスイ

下山は歩きやすくてスイスイ

例のやつ

例のやつ

例のやつ

必死です

必死です

必死です

トンネル

トンネル

トンネル

芝沢ゲートから入ってすぐの林道の崩落地帯

芝沢ゲートから入ってすぐの林道の崩落地帯

芝沢ゲートから入ってすぐの林道の崩落地帯

笹ゾーン

シダゾーン ズボンびしょ濡れです

笠松山

シダゾーン長い

たまにコケゾーン

フカフカ

ハイマツゾーン これを掻き分けて進みます。 胸までびしょ濡れです

兎岳

兎岳は2峰になってました。うさぎの耳?

にっしぃさんほどではないと思うけど、今年はガス率高いです。

雷鳥のお出迎え

聖岳!

最高!

山頂にいるとき、青空でした

かっちょぶーなやつ撮ってもらった

雲のむこうに富士山がちょこっと

下山は歩きやすくてスイスイ

例のやつ

必死です

トンネル

芝沢ゲートから入ってすぐの林道の崩落地帯

類似するルートを通った活動日記