欧州山歩き(46)ドロミテ縦走125km Alta Via (AV)1: 11日目

2019.09.11 日帰り

活動データ

タイム

09:29

距離

8.6km

上り

1,390m

下り

1,523m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

Rifugio Pian de FontanaからRifugio 7 Alpini へ 7時からの朝食ではガイドとの待ち合わせに遅れるので、母屋の靴箱カウンターにパン、バター、ジャム、りんごジュース、ランチパックを置いてもらう。6時に起き、母屋の靴箱前で朝ごはんを立食いし、7時に山小屋を後にする。ガイドブックでは3時間半かかる距離を4時間で到着したから、普段よりも速く歩いたことになる。待ち合わせ場所は、ナイフエッジの稜線でこの先右へ行くにも左へ行くにも難しそうに見えた。ガイドのマリノさんの姿はない。勝手に進んで戻れなくなるリスクを考え、マリノさんの名前を大声で叫ぶと、Ciao!!!と、崖の向こう側から、すごいスピードで黄色の蛍光色のウェアで身を包んだマリノさんが駆け下りてきた。とりあえず落ち合えたことに安堵し、これからの数時間に及ぶビアフェラータに備え、ランチパックのサンドイッチをお腹に収める。その間、マリノさんは、目を細めて巻きタバコを楽しみ、ベニスのサン・マルコ広場の大聖堂の屋根修復に従事した時の写真を見せてくれた。国際山岳ガイドの意外な副業を知った。 ビアフェラータは、ハーネスから伸びた二本のワイヤーを岩のケーブルに繋げて移動するスポーツだが、繋がれているとはいえ、真下に何百メートルも切り落ちる崖を行ったり来たりしながら下山するのは難しかった。足場を確保できず、ロープで助けてもらう箇所が数箇所あった。梯子から梯子へ移動するのも冷や冷やした。 途中、休憩時にNovitaと書いた新発売のリッターチョコのオレンジ味を取り出すと、マリノさんが新味だね、と反応した。あぁ、そうか、Novitaはイタリア語で新しいという意味か。日本のドラえもんを知っているか、と聞くと、当たり前だ、というので、Novitaくんの話をすると、マリノさんのツボだったようで、笑いながらNovita、Novitaと連呼していた。 2時間半のビアフェラータが終わると腕がパンパンになっていた。30分ほど歩くと山小屋到着。ガイドをアレンジしてくれた山小屋のララさんに受付してもらい、すぐにホットシャワーを浴びる。三段ベッドが三つ並ぶドミトリーは、カリフォルニアからのご夫妻と、昨夜、地図を説明したスティーブンさんとシェアすることになった。 夕飯は連泊していた豪州人グループが教えてくれたとおり、ビーフ煮込みとポレンタが絶品だった。 Rifugio 7 Alpini http://rifugiosettimoalpini.it/ 飲料可能 充電ステーション バール受付奥 (地図はイタリアを選択できないので便宜上の選択です。)

動画

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。