ひーふーみー、ヨン! 貝月山-2019-09-15

2019.09.15(日) 日帰り Gifu, Shiga
たけう
たけう

活動データ

タイム

03:28

距離

9.2km

上り

736m

下り

741m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

3連休中日で天気よし。本当は遠出したかったけど、諸事情により断念。 ってとき用にとっておいた、1234mの連番標高で有名な貝月山へ。 今回は一番ポピュラーな揖斐高原よりヒフミ新道で。 で、まず登り口がよくわからずゲレンデをうろうろ。。。 結局はゲレンデ直登してススキのヤブをかき分けていきました。踏み跡はあったし、まっすぐ登るだけなので、特に問題はなしですが、意外に足にきたです。 ゲレンデを登りきるとすぐに正式な登山口がありました。 登山道は広くてとっても穏やか。歩きやすいです。 ひと登りすると、第2リフトとの分岐へ。 ここでなぜか山頂と逆方向へ歩いてしまった。 すぐに気がついたけど、登山道がのんびりすぎて気がヌケテいるかも。笑 このあともゆったりとした道は続きます。 標高があがってくると、さわかやな風が吹いてきて心地いい♪ 小貝月あたりから多少アップダウンがあり、ニセピークにだまされつつも山頂へ。 景色もそこそこにお腹すいたので、まずはお昼ゴハンです。 山頂は開けていて結構広く、展望台と4~6人掛けのテーブル、10人以上で囲める石のテーブル&椅子、平らな原っぱがあります。 この日は日差しが強く、展望台の下の影が一番人気でした。笑 展望台に登れば360度ビューで最高! この日は遠くはモヤってましたが、荒島岳や伊吹山、琵琶湖、濃尾平野の街なみなどが見えました。 下山はもくもく、たんたんと。 登山口に着いて舗装路に出たとことで、また逆にいってしまった。なんかこの日はダメだなぁ。 この後はふもとまで舗装路。沢があって涼しかったけど、ゲレンデを降りた方がよかったかもね。 下山後はすぐ近くの白龍の湯へよって帰宅。 のんびりとハイキングするにはちょうどいい山で、気に入りました。 イワウチワの群生地があったので、また春先に行ってみよっと。

揖斐高原、栃の実山荘前に駐車。キャンプ客がとても多かったです。
ゲレンデをうろうろ。。左のキャンプ場から舗装路を行くのが正解。
ゲレンデにこのお花がいっぱい咲いてました。
子どもたちはそり遊びに夢中。
ススキのヤブに突入!
イノシシのワナかな?
舗装路を越えて、ここが登山口。
まだ実の入った栗がいっぱい落ちてました。
道はひろびろ~
この日は真夏日、日差しが強い!
分岐。なぜが逆いってしまった。
穏やかな道が続く。
ときどき、深くえぐれた道がありました。
この日初の展望。一番奥は荒島岳かな。
葉っぱはまだまだ元気なミドリ!
あ、そうなんだ。
周囲をみると確かに。
とおせんぼ。
わずかながら苔。
春日村への道。消えてしまいそうな踏み跡。
小貝月。本当のピークはこの上。
伊吹山。
お、山頂!って思ったら。。。
池がある
ほとんど干上がった状態。
いよいよ山頂と思ってたら、これはニセピーク。笑
で、今度こそ。
はい、到着です! 1234mの看板はなくなっちゃったのね。残念。
山頂はけっこう広い。
展望台からは360度ビュー。白山方面。
伊吹山。9合目駐車場の車が反射してキラキラしてた。
ハラヘッタ! この日はお手軽ランチ。
ぽっかり浮かぶ雲がいいね。
立派な展望台。
日差しはまだまだ暑いけど秋の気配もしっかり。
さて帰ります。
小貝月。
登りではスルーした小貝月の山頂へ。
ほんのちょっとで到着。看板崩れているし、展望はないし。
ショートカットできそうな踏み跡あったけど、ヤブがきつそうなので素直に来た道を戻ります。
もくもくと下ります。
キリンのミイラ、あるいはジャコメッティー。
とうせんぼ。
舗装路にでました。
この直前、目の前をカモシカが駆け抜けていきました。スゴイ!
すずしい
沢の水があふれて川状態。
キャンプ場の間を抜けてゲレンデに到着。

類似する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。