ついに槍ヶ岳へ。

2016.08.16(火) 3 DAYS Nagano, Gifu, Toyama
ktake
ktake

活動データ

タイム

29:31

距離

37.2km

上り

2,083m

下り

2,107m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

今回、前回の浅間神社~富士山登頂から 中四日で槍ヶ岳へ行ってきました。 8/16~17の一泊二日。 脚の痛みに不安を抱えながらもマッサージやストレッチでほぐし 更にストックも準備し無理のない行程で挑みました。 沢渡のかすみ沢駐車場で車中泊し 5:10の上高地行きのバスに乗り込みました。 乗客は5名くらい。 天気予報は曇りのち雨。 6時前には上高地に到着し 軽く運動し登頂開始。 心配していた天気は 朝の時点では全く問題なし。 青空でした。 とにかくゆっくり身体に負担をかけないように 進みました。 他の人に抜かされてもあせらず。 上高地・北アルプスの自然を楽しみながら 進んでいきます。 明神・徳沢・横尾と それぞれ休憩しながら通過していきました。 横尾からはだんだんきつくなってきます。 ただ、ストックを上手く利用し登ったので 脚の痛みは大丈夫でした。 心配なのは天気。 当初槍沢ロッジに宿泊しての二泊での登頂を 考えてましたが、11時前には到着したので 少し考え、天気も大丈夫そうだったので 一気に本日中に登ってしまうことにしました。 翌日の方が天気が悪そうだったことも 強行した理由です。 ここから先は、きつかったけど何とか頑張りました。 たまらなかったのは汗をかいた顔にまとわりつく 虫たち。 少し止まるとすぐ寄ってくる始末で、おちおち 休憩もできませんでした。 それでも遠くに見える槍ヶ岳の姿を励みに登りました。 殺生分岐を越え、最後のつづら折れを登りきり 15時に槍ヶ岳山荘へ到着。 宿泊の手続きをし、いよいよ槍の穂先へ。 幸い風もなく、雨にも降られず、少々びびりながらも登攀。 あいにく霧の中で360度の絶景とはいきませんでしたが しばし槍の穂先で休息し、翌朝晴れれば再び登ろうと 下山しました。 そして、翌日。 残念ながら霧は晴れず天候も悪くなりそうだっため 朝食後、即下山。 雨には降られましたが大雨には遭うこなく 次回、北アルプスに来るときは 穂高かなー、燕からの常念かなーとか 思いを馳せながら無事下山しました。 下りは 横尾から上高地が長く感じました。 昼過ぎに、観光客で溢れる上高地へ到着。 そのまま沢渡行きのバスに乗り 帰路に着きました 今後の課題としては もっと体力つけること。 テント泊の実行。 そして、虫対策ですね。 虫はほんと悩まされたなー。

朝5時、沢渡かすみ沢駐車場より出発
うっすらと明るくなっていきます。
6時前には上高地へ到着
出発です。
この時間いるのは登山客のみ。
朝靄にかかる山
梓川沿いはほんと気持ちいい
河童橋到着
のんびり進みます。
明神 到着
雨の予報も外れ、快晴です。
徳沢を過ぎるとサルの楽園??
めっちゃサルだらけでした。
横尾に到着。三歩がお出迎え。
涸沢もいいいなー。
横尾分岐
ここからいよいよ本格登山スタート
沢は気持ちい
ほんと水がきれいで
槍沢ロッジが見えてきました。
槍沢ロッジ到着。当初はここで一泊の予定。
予定変更で一気に登頂目指します!!
このあたりから虫がいっぱい寄ってきて、たまらなかった。
数時間前、対岸にクマ出没との情報あり。クマ見たかった。
霧がかかってきました。
ようやくはっきりと槍が~。
雪渓あり。結構足跡も見えました。
だんだん近づいてるけど遠い。
脚がなかなか進まない。
播隆上人の坊主岩小屋到着。結構住めそう。
もうちょい
殺生ヒュッテ。
登ったなー。
最後のつづら折れへ。
はい。槍ヶ岳山荘到着。おつかれした。
そして槍の穂先は霧の中。
山小屋で手続き後、登攀開始。
びびりながら何とか。。
登頂!!
そして霧の中
ちょっと雲が晴れても遠くまでは見えず。
しばし景色が回復するのを待つが、あきらめ下山。
やっぱ山小屋の楽しみは夕食ですね。
雲海の向こうにお月さん
ミックスナッツをつまみにビール♪
ちょっと霧が晴れてもすぐに霧の中。
朝食ー。
霧が晴れればもう一度登ろうと思ったけど無理そうなので下山。
朝靄の中を下りています。
この後、下山中ぱらぱらと雨が。
急いで下山し、昼過ぎに上高地を後にしました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。