赤星山-2019-09-14

2019.09.14(土) 2 DAYS Ehime
hiropon
hiropon

活動データ

タイム

13:47

距離

11.9km

上り

1,280m

下り

1,276m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

悪夢の山行。 むしろ修行。 本に書いている歩行時間は信じてはいけない。 掲載されている写真もいつのものだか分からない。 下調べや勉強不足も祟り、まさかの遭難寸前。 近くのショップのお姉さんに聞いたら、やはり初めて登るには覚悟がいる厳しい山との事でした。 高低差1,124mってだけでまぁまぁですが……。 途中までは良かったものの、道が無い、ほぼ崖、ガスガスだから滑る湿った土と苔むした岩、滑る泥の足幅程度のトラバース道で、左は落ちたら死ねる崖。 ピンクマーカーは所々木の枝が折れて足元に転がっているから、踏み跡がはっきりしない所は超道迷い。 遂に日が暮れ、ヘッドライト頼み。 ブラダイのスポットに感謝。 無いと、確実に遭難。 水もあとわずか。 頼みの綱のYAMAPのGPSは微妙にズレるため、尾根沿いの道を歩こうとしても谷に迷い込ませようとする。 地図読み、再勉強します。 登りも厳しかったですが、下りも厳しかったです。 8時間ぐらいで帰って来られる方、凄いわー。 スマホの充電器は必須……持っていて良かった。 山頂の充電器、この日、空でした。 相方にはホント、迷惑かけてしまい、謝りたい。 体力を付けないとなぁ。

7時過ぎ、まさかこんな登山になるとは。。。
橋。結構渡ります。地元有志の方々のおかげで保たれています。
苔むした登山道。基本的に、ほとんどの岩は滑りやすいです。
機滝。ここまで約1時間。癒されます。
紅葉滝。
布引滝。ここまででも十分楽しめます。
玉簾。この美しさは、写真では表現できません。
名物?謎オブジェ……。
どちらに行っても、どっこいしょっとな。
滝を眺めながら鎖を頼りに。
どうしても千丈滝を見たい方でも無い限り、左に行った方が……。
千丈滝付近。女性や小柄な男性は苦労するかもです。道というより、土壁を登る感じです。
横から千丈滝。
この分岐に到着するまでに疲労困憊。ヤバい方は右の山頂ではなく、左の下りを選びましょう。
ガスガスの、もののけ姫の世界。
折れたポールを放置している不届き者が。T型I型一本ずつ、同じメーカーのもの。錆びて折れてます。メンテナンスはしっかりしないとね。
紫のカナブン。
黄色とターコイズの謎菌類。
青空が見えるとホッとします。
やっとのことで、こんにちは……な三角点。
7時間20分で到着。
充電器、空です……。
もう、最高のご馳走。
8時間過ぎに出発です。
ここまでの写真は、数枚です。 怖くて撮れないよ。 崖泥トラバース。
日が落ち、道迷いやらで写真どころではなかったですが、やっとここまで。あとは川沿いに下りますが……滑るんです。
生還。生きていると実感。八百万の神々に感謝。相方に感謝。
手を合わせて礼せねば。

活動の装備

  • スポット
    Black Diamond

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。