北アルプス縦走 6days

2019.09.09(月) 7 DAYS Toyama, Gifu
ガス男
ガス男

活動データ

タイム

51:19

距離

83.2km

上り

7,009m

下り

5,675m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

新穂高温泉から室堂まで、北アルプスを縦走してきました。 当初は8日間で計画していましたが、出発予定日の悪天候予報を受け、出発日を遅らせ行程を6日間に短縮しました。 体力的にハードでしたが、北アルプスの最深部でその懐の深さと、出会った方々の暖かさに触れ、充実した6日間となりました。 【1日目】 9/9(月) 新穂高温泉~双六岳~三俣蓮華岳~三俣山荘(テント泊) 【2日目】 9/10(火) 三俣山荘~鷲羽岳~水晶岳~雲ノ平(テント泊) 【3日目】 9/11(水) 雲ノ平~高天原~雲ノ平(小屋泊) 【4日目】 9/12(木) 雲ノ平~薬師沢~太郎平~薬師岳~薬師岳山荘(小屋泊) 【5日目】 9/13(金) 薬師岳山荘~薬師岳~スゴ乗越~五色ヶ原(テント泊) 【6日目】 9/14(土) 五色ヶ原~室堂 詳細は写真にて。

【1日目】 長い旅の始まり
地図と工程表を拾う。 少し前に出発した笠ヶ岳へ向かうグループのものだったので、ここから怒濤の追い上げで追いつき、無事届けることができた。
わさび平小屋
小池新道入口 ようやく砂利道の終わり
鏡平山荘手前で雨があがる
鏡池 少し待機して、一瞬の青空でパチリ
鏡平山荘
山の上は分厚い雲
弓折乗越 ここから笠ヶ岳の稜線も歩いてみたい
双六小屋のテント場
双六小屋 やはり昨夜は雨風強かったらしく、出発を今日にして正解だった
双六岳・三俣蓮華岳山頂と、三俣山荘への巻道との分岐 男は黙って山頂へ
双六岳はなだらかな山頂
双六岳登頂!
三俣蓮華岳へ
三俣蓮華岳登頂!
富山、長野、岐阜の県境
水晶岳、ワリモ岳、鷲羽岳 ガスが晴れた🙌
大天井岳
鷲羽岳と三俣山荘
三俣山荘
展望食堂
ハイマツがプライベート空間を演出
【2日目】 鷲羽岳へ
下の方はガスが晴れてきた
槍ヶ岳
三俣蓮華岳と三俣山荘
でも山頂方面はガスの中
鷲羽岳登頂!
鷲羽池が見たかった
ここで、先月登った白馬鑓ヶ岳山頂で一緒になったお兄さんとまさかの再会!
笠ヶ岳山荘スタッフのお姉さんも加わり、ここから3人で行動することに
ワリモ岳登頂! ここが山頂でいいのかな?
お兄さんの提案で、黒部川の最初の一滴を見に行くことに
黒部源流方面へ少し下ったところにある水場へ
水場に到着。 この流れのずっと下に「黒部川水源標」があるけど、すでに川があるので、ここを遡ったところにあるのが最初の一滴ということになる。
日によって水量が違うので、今日の最初の一滴はここ。 記念に一口頂く。
水晶岳方面へ
今朝は真っ白だった鷲羽岳とワリモ岳が姿す
雲ノ平が見えた!
水晶小屋
野口五郎岳、烏帽子岳方面
水晶岳
黒部湖
水晶小屋名物の力汁 生姜とお餅でエネルギー補給
ザックを小屋にデポして水晶岳山頂へ
水晶岳登頂!
赤牛岳に向かうお兄さんとはここでお別れ またどこかの山頂で会いましょう!
ワリモ北分岐まで戻り、祖父岳を越えて、最後の秘境・雲ノ平へ
祖父岳登頂! 360度の大パノラマ
「この付近迷いやすい ルート確認しっかりと!」かな?
水晶岳
雲ノ平の向こうに薬師岳
黒部五郎岳
槍ヶ岳
双六岳、三俣蓮華岳
ワリモ岳、鷲羽岳
明日行く予定の高天原山荘 だいぶ下らなきゃいけないな
祖父岳分岐まで下りてきた 雲ノ平はもうすぐ
右から大回りして雲ノ平山荘へ向かうので、なかなか着かない
下が雲ノ平のテント場 上の雲ノ平山荘からこんなに離れてる
雲ノ平山荘
雲ノ平山荘に泊まるお姉さんとはここでお別れ テント泊デビューがんばって!
テント場は水が溜まりやすいところもあって、安心して張れるところが少なめ
【3日目】 雨のテント撤収
雲ノ平山荘に避難 一番乗りで今日の宿泊の受付をしてひと休み
雨やまないね・・・
雨の中、高天原に向かう
高天原へ約500m下る
高天原峠
高天原の湿原
広角で撮りたがる
高天原山荘
日本一遠い温泉へ
左が露天風呂 右が女性専用露天風呂
左の露天風呂へ ※女性専用風呂の写真はありません
来るだけで3日かかったよ
贅沢に独り占め ※入浴シーンはありません
川の向こうに野天風呂
入浴後、高天原温泉の奥にある夢の平へ
竜晶池
とても静かで落ち着く
どしゃ降りの中、登り返して雲ノ平に戻る
奥スイス庭園
温泉で暖まった体は完全に冷えてしまった
雨でテント泊を小屋泊に変更した人も多かった
夕食は雲ノ平山荘名物の石狩鍋 食べる前に撮らないとね
夕食後には、黒部源流域の開拓の歴史のスライドショーと、ご主人の伊藤さんのお話
【4日目】 一晩中降り続いた雨があがり、最高の朝
雲ノ平山荘を後にして、薬師沢方面へ向かう
祖母岳へ寄り道
祖母岳登頂!
祖母岳からは、雲ノ平山荘をはじめとした雲ノ平の全景と、北アルプスの主脈が望める。 一緒になった山岳部学生グループと、大はしゃぎで写真を撮り合う。
薬師岳
笠ヶ岳、黒部五郎岳
槍ヶ岳方面
赤牛岳、水晶岳
薬師岳、剱・立山方面
奥日本庭園
アラスカ庭園
木道が終わると、滑りやすい急登の下りが待っている
薬師沢出合 高天原の看板がいい感じ
沢で行水してクールダウン
沢の水も澄んでる
吊り橋は高度感がないけど、足元が細いので怖い
薬師沢小屋
木道が多い
正面の台地になってるのが雲ノ平
太郎兵衛平
太郎平小屋
太郎ラーメンでエネルギー補給 以外とペロリだったので、大盛でもよかった
薬師峠のテント場
明日の長距離移動を考えると少しでも進んでおきたいので、今日はこの先にある薬師岳山荘泊を選択
薬師岳山荘
受付後、山荘の方の厚意で、雨に濡れたテントを天日干しさせていただく
雲海から顔を出す白山
黒部五郎岳の右は御嶽山
明日の下見も兼ねて薬師岳山頂へ
壊れた避難小屋
避難小屋から先はなだらかな稜線
薬師岳登頂!
今回で最も賑わっていた山頂 って言っても7~8人(翌朝は15人くらい)
剱岳、立山
槍穂方面
赤牛岳、野口五郎岳、水晶岳
オコジョを初めて見た すばしっこくて写真は撮れず
剱・立山、後立山方面
金作谷カール
中央カール、南陵カール
左に富士山も見える
夕日はイマイチ
【5日目】 最もしんどかった長い移動の1日
薬師岳登頂!(2回目)
剱岳、立山
雲が出てきて、ご来光は拝めず
北薬師岳へ
北薬師岳登頂!
「ここで雨なら稜線風強い 荒天時薬師越え厳しい」かな?
浅間山かな?
有峰湖
ガレ場を通過
間山まで下る
間山
雷鳥に遭遇
さらにスゴ乗越まで下る
スゴ乗越小屋
崩落箇所があるので注意
スゴノ頭、越中沢岳と続くアップダウン
スゴ乗越
スゴノ頭は立入禁止になってた
ここで会った老紳士に、やたらと海外の山を薦められる
下ってから越中沢岳への登り返し
また雷鳥に遭遇 分かりにくいけど5羽写ってる
越中沢岳登頂!
五色ヶ原が見えてきた
振り返ると、今朝越えてきた薬師岳が遥か向こうに
そしてまた下ってから鳶山への登り返し
鳶山
ここから真っ白に
五色ヶ原山荘
美しい湿原
眺望抜群のテント場 明日登る獅子岳方面
針ノ木岳
今日は中秋の名月
【6日目】 最終日の朝
ダイヤモンド針ノ木
立山カルデラ
富山の街が見える
獅子岳への登り返し
ザラ峠
ザレ場なので、落石注意
振り返ると、五色ヶ原の全景とその奥に薬師岳 この景色はお気に入り
獅子岳登頂! 360度の大展望
槍穂方面
後立山方面
富士山
鬼岳、雄山
鬼岳は東から巻く
今日登る人は最高だね
剱岳
龍王岳は山頂まで登れる?
富士の折立、大汝山、雄山
浄土山の山頂がどこか分からん
大日岳、奥大日岳
浄土山のガレ場
連休初日もあり、室堂はかなりの賑わい 浄土山からの下りだけで100人以上とすれ違った
旅の終わり
車の回収のため、富山駅から新穂高温泉までバスで戻る
無事下山届を提出 とりあえず、お風呂入ろう

類似する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。