坊村、御殿山、武奈ヶ岳、イブルキのコバ、八雲が原、堂満岳、比良駅。

2019.09.08(日) 2 DAYS Shiga, Kyoto
マキ
マキ

活動データ

タイム

05:24

距離

14km

上り

1,189m

下り

1,404m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

晴。強風。 武奈ヶ岳西南稜を登ってみたくて来た。 15号台風の距離感と速度感がわからず、予定していた北アルプスへの山行を中止にしてしまった。一緒に行く予定だった方々には申し訳なく思う。山岳気象に関する勉強不足が原因。しかし、事前にわかっている不安を解消、対応する策の用意もなく山登りしようと思ってない。一人でも、一緒に行くヒトがいるときも、好天のもと、安全、安心に出かけたい。 ※レーズンパン 2/3、水2l。

2週前にも通った道。沢歩きだから、アイフォンを密封していたので、yamap記録も写真も無し。
地図で見て、山荘だから、山小屋かと思ってた。webで調べたら、自分が大好きな山の幸の料理を出される様子。訪ねてみたい。
出町柳からのバス、増発なく、坊村で降りるヒトも数人。少し迷って、ようやくコースに。
スキーで歩くにしろ、(そんなに雪積もる?)担ぐにしろ、たいへんそうな道。
こんな感じが続く。
積雪時ルートは稜線上を辿るのだろう。
積雪時ルートと無雪期ルートの合流点。
同じく。
北側に迷い込んではいけない。
トリカブト。
トリカブト。
御殿山。雪の時期に武奈ヶ岳目指したけどに、御殿山で引き返しました、とかの記事見て、せっかくだから、頂上まで行けよ、とか思ってたけど、お詫びします。私は、まずもって、雪の時期には近寄りません。
御殿山から武奈ヶ岳。
ワサビ峠。ワサビが生えてる様子はない。
西南稜がもう少しで見える?
これが西南稜ですか。風がとにかく強い。帽子、飛ばされそう。風で立ち止まってるヒトが何人もいる。
快晴、強(爆)風。
立ちすくむヒト。追いついた。
あと、少し。なにやら棒を掲げて歩いてるヒトがいると思ったら、GOPRO掲げて歩いてるヒトだった。
着いた。今年2回目。人生3回目。
頂上から。
頂上から。
西南稜。相変わらず、風強い。
うってかわって、無風、静か。
武奈ヶ岳を望む。
なにが、イブルキ、なにが、コバ。学生の頃に耳にした記憶があり、気になっていだので。わざわざ来た。あたりを見回しても、何もわからない。
八雲が原。
このあたりは、スキー場だったらしい。間違いなく、来たことはあるのだが、どこがゲレンデなのか、さっぱりわからない。
トリカブト。
トリカブト。
今年、二回は見た標識。
このあと、ずっと下りだが、道が消える部分あり。秋には来ない。もちろん冬も。
堂満岳から。
安全圏。
これが、イタノホリ?

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。