SUBARU多摩川源流トレイル!塩ってさ、大事だよね。

2019.09.08(日) 日帰り
しまお
しまお

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

先週、米子大瀑布スカイレースで30kmを7時間半というタイムを叩き出した自分。 そんな僕が参加していいんでしょうか。 なんせ、今回のコースは制限時間付。 25km(どうやら21kmらしいですけど)を4時間半で走れと。 しかも3箇所関門があって、それぞれの時間内に通過しろと。 この1週間、不安と諦めの気持ちしか出なく、とりあえず行けるとこまで楽しめばいっかな位の前向きさは持てるようになり当日を迎えました。 今日のトレランはぽいっさんと一緒。 相変わらずぶっとい足をしています。こりゃ登りが早いわけだよと改めて思います。 ぽいっさんも完走できるか不安と言ってましたが、ぽいっさんが完走出来なければ、僕なんて確実に出来ないじゃない。 とは言え、過去のレポを見る限り、レース中の道は狭いらしいので、早めにスタート地点に並び場所を確保。 本当に台風は来るのかと思えるほどの好天気で、気温もちょうどいい。 唯一の失敗は塩タブレットを忘れたことだけ。まざ、エイドにあるだろうし大丈夫かね。 スタートと同時に皆ダッシュ!え?え?そんな飛ばすの?というくらい走って、そんな流れにつられ自分も飛ばします。 でもそうだよね。この後の狭いコースを考えると、少しでも前に出た方が有利ですもんね。 今回のコースは山を2つ超えて、最後に登り坂を超えてのゴール。 この山の登りがね、辛いのなんの。気持ち的には先週の米子大瀑布よりきつかったわ。 なんせ、人一人しか通れない幅で一列で延々と続くんです。 途中でね、立ち止まれるポイントがないんですよ。後ろが詰まっちゃうからスピードも落とせないし。 完全に自分のペースではなく、周りのペースで息が上がり、ゼェーハァー言ってたら目眩がして、僅かなスペースを見つけて4、5回座り込んでしまいました。 酸欠か脱水かな?と思いつつ、深呼吸と水を摂取しても視点が定まらず、騙し騙し一つ目の山を超えます。 やっとこさエイドに着いて、お皿にあった塩を舐めてみると、 「うんまっ!!!」 なにこれ?塩が甘い!?ちょ、うんまっ!!! どうやら塩タブレットを忘れたせいで、完全にミネラル不足。 体が塩を最優先に欲してると、塩って甘く感じるんですね。 みるみる目眩も治り、2つ目の山に向かいますが、個人的には、ここの登りが一番きつかった。主に精神的に。 ずっと 狭い山道を延々と、延々と、延々と続き、次第に「僕はなんでトレランをしているんだろう?」と哲学的なことまで考え始める始末。 このレースのレポを書いている人は、ほとんどの方がきついコースと書いているかと思いますが、本当にきつかったです。 2つ目の山を越えて、最後の登り。もう精神力の戦いでしたね。 気持ち走りたいのに体は動かないし、っていうか、もう早く休みたい。休むために登らなきゃ。でも登るためにも休みたい。卵が先か鶏が先か。「ちょっとくらい休んじまえよ」という悪魔の囁きが何度聞こえたことか。 結果的に無事完走でき、タイムは4:11。 ちょっと自分でも信じられません。 なんだかんだで、狭い山道で周りのペースに巻き込まれたことがいいタイムに繋がったようです。 また今回のレースでのエイドは3箇所ありましたが、地元の奥様方、足つりなどのケアをしてくれた学生さん、スタッフの方々がとても温かく、すごく力になり感謝感謝です。 ちなみに今回のレースは必死過ぎて写真が全然撮れてません。申し訳ない!

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす