八方ヶ岳周回

2013.12.21(土) 10:49 - 2013.12.21(土) 16:15
Yahogatake (Kumamoto, Fukuoka, Oita)
【山行日】2013年12月21日(土) 【ルート】八方ヶ岳登山口→(右回り)穴川分岐→般若分岐→山の神分岐→八方ヶ岳山頂→山の神分岐→植林地帯→予定外の登山道→山の神養魚場→八方ヶ岳登山口(駐車場) 2週間前に登った国見山から見た八方ヶ岳が気になっていたので、行ってきました。 カーナビは、八谷渓谷キャンプ場を目的地に設定。 キャンプ場からも登れますが、八方ヶ岳登山口まで車で行きました。 10:51 登山口(駐車場)スタート。 沢に沿って登って行きます。しばらく行くとうっすらと雪が! 11:45 稜線出合/穴川分岐 着きました!ここで小休止。もうここは一面雪景色です。案内板も雪を被って見えません。そのためか⁈こま石を見落としてしまいました (*_*) 12:27 班蛇口分岐 12:29 山の神分岐 八方ヶ岳山頂への案内板がありますが、雪で覆われていました。ここは左の道を進みます。 12:40 八方ケ岳山頂到着 天気が良ければ360℃の大パノラマを望めたのでしょうが…雪雲に覆われて2週間前に登ったほんの近くの国見山さえ見えませんでした。山頂にはカメラ台が設定してあり、同行者と一緒に写真撮影が出来ました。貸切状態の山頂でカップラーメンとおにぎりを食べ、パンとコーヒーで〆ました。 13:48 山頂下山 13:53 山の神分岐 山の神方面に行きます。誰の足跡もありません。新雪をサクサクと踏みしめながら、植林地帯へと入って行きました。 15:06 作業道分岐 右折してアスファルトの道を歩いていたら、同行者が左側に登山道を発見!こっちじゃない⁈と言われ、従ってついていきましたが、しばらくして不安になった私はYAMAPで確認。ずれてる(*_*)でもコースサインはあるし、引き返したくもないのでそのまま進みました。 15:44 山の神養魚場に到着 案内板を見れば、私たちが歩いてきた道も登山道と表示されていました。カニのハサミ岩の見える登山道は外れたけど、この天気じゃきっと見れなかったろうし、また来ればいいんだからと言いながらアスファルトの道を歩いて帰りました。 16:14 駐車場到着 今日出会ったのは、3人の男性と1組のご夫婦。国見山よりメジャーなのかもしれませんが、穴場的な山でした。 雪道でしたがアイゼンの必要性は感じませんでした。 下山後は平山温泉に行き、温泉と地鶏(三蔵)を堪能して帰ってきました。 充実した一日となりました。(^_^)v

    写真

    3台まで止められる駐車場あり

    3台まで止められる駐車場あり

    登山口

    登山口

    沢沿いの道を進みます

    沢沿いの道を進みます

    水神

    水神

    うっすらと雪が!

    うっすらと雪が!

    穴川分岐  丸太のベンチが設置してあります

    穴川分岐 丸太のベンチが設置してあります

    2つ目のはしご

    2つ目のはしご

    班蛇口分岐

    班蛇口分岐

    山頂です。カメラ台が設置されています。

    山頂です。カメラ台が設置されています。

    山頂  カメラ台が設置あります

    山頂 カメラ台が設置あります

    水の神分岐 水の神方面へ

    水の神分岐 水の神方面へ

    動物の足跡あり

    動物の足跡あり

    山頂付近では樹氷も見れました

    山頂付近では樹氷も見れました

    植林地の中を進みます

    植林地の中を進みます

    作業道分岐 右へ

    作業道分岐 右へ

    間違って入って行った道の入り口

    間違って入って行った道の入り口

    水害で道が荒れています

    水害で道が荒れています

    同行者が足を滑らせて水に浸かった沢

    同行者が足を滑らせて水に浸かった沢

    案内板

    案内板

    水の神養魚場

    水の神養魚場

    アスファルトの道を進みます

    アスファルトの道を進みます

    季節外れのアザミ?

    季節外れのアザミ?

    到着です

    到着です

    コメント

    読み込み中...

    もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

    登山ほけん

    1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

    週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。