猿倉〜大雪渓〜白馬岳 (1日目)

2019.09.07(土) 日帰り
ちゃんあつ
ちゃんあつ

活動データ

タイム

05:08

距離

6.4km

上り

1725m

下り

123m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

今回の山行計画は、 1日目:猿倉〜大雪渓〜白馬岳〜白馬山荘泊。 2日目: 白馬山荘〜杓子岳〜白馬鑓ヶ岳〜不帰ノ嶮〜唐松岳〜八方尾根 【白馬尻小屋】 標高:1,560mにある白馬尻小屋から、白馬岳山頂と大雪渓の方向が綺麗に見渡せます。 ずっと眺めていても飽きない👌 実はこの山小屋🏠、冬には豪雪地帯のようで、雪崩による倒壊を防ぐ為に春に除雪して建物を建て、秋には解体するそうです。 ここでゆっくり休憩できるのも、景色を満喫できるのも、当たり前のようで、実は苦労があるんです。 関係者の皆さん、本当にありがとうございます🙇‍♂️ 【白馬大雪渓】 日本一の規模を誇る白馬大雪渓❄️ 雪の回廊を歩いてきました。 針ノ木大雪渓(針ノ木岳)と剱沢大雪渓(剱岳)を含めて、日本三大雪渓の一つに数えられている白馬大雪渓。 標高:1,600m点に、巾100mにも達する雪渓は、圧倒的なスケール感と天然クーラーでの爽快感が味わえる場所です。 しかし、しかし、 大雪渓では、所々に大小の岩が点在してますが、この岩は、全部落石(岩)です❗️ 【岩室跡】 大雪渓が終わり、軽アイゼンを取り外して残りの急登残すのみ。しかしここで登山道を外れ、岩場道を選択してしまい、時間ロスと落石による少し危険な目にあいました。 また、登山途中で初めて、両太ももが痙攣🦵するというピンチも。残り少しだったので、ゆっくりなんとか登り終えました。 【白馬岳】 白馬岳⛰登頂❗️ 白馬岳は標高:2,932mで、長野オリンピックの熱き舞台となった長野県白馬村、飛騨山脈北部の北アルプスの後立山連峰にあります。 【白馬山荘】 すごく綺麗な山荘🏠 ご飯も美味しく、初日の疲れも、アーベントロート🌇と星空✨で癒されました。 2日目に続く。。。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす