金剛山(石ブテ東谷・妙見谷)

2019.09.07(土) 2 DAYS Osaka, Nara, Wakayama
赤ちん先生
赤ちん先生

活動データ

タイム

06:00

距離

13.8km

上り

1,418m

下り

1,415m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

定期的に登らないと体がなまってしまう… という事で、今日は金剛山を2回登る。 まずは石ブテ東谷。 もう4度目なので迷いはない。できるだけ沢を離れず、滝も登っていくが… 5〜6mほどの滝だろうか、最上部あたりで両手とも手掛かりは良いが足場が小さいスラブ状の岩に乗っていてスリップ。片足が外れたはずみで両足とも滑落。 「ヤバイ、本気でヤバイ」 全身で岩にへばりつき、焦る。幸い両手がしっかりしていたため、なんとかお助けロープに触れるまでバランスがとれた。 助かった…が本当に危険だった… 調子に乗って岩登りをしていた事に対するお灸だな。反省。 ラスボスを登ったあとは中尾の背へとエスケープし、無事に山頂へ。 千早本道を使いたくなかったので、今日はタカハタ道から下山。時間も変わらないし、こっちの方がいいや。 次に妙見谷。 ずいぶん久しぶりになってしまった。 やはり最初の林道は長く、入渓までは退屈。グラグラハシゴを越えてもまだ沢沿いの登山道をしばらく進んでから沢登りスタート。先行パーティが2組いたが、1組はジーパンにスニーカー?やめた方が… もう1組はカップルで進むか迷っているようだったものの、自分が行くと後をついてきていた。でも大丈夫かな?といった様子。まあ序盤なら撤退もできるし、自己責任だしなぁ。 今回は水量多目だったが、基本的に巻道は使わず滝も登った。やはり石ブテに比べて滑りにくく、あまり不安なく登れる。 最後の急なガレ場、樹林帯を抜けて千早本道が見えるともうすぐ山頂。無事に登り切れた。 帰りはいつもの青崩道。淡々と下って終了。 Trango TRK GTXやっぱり踵は擦れるな。それにグリップがいまひとつ。

この活動日記で通った山

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。