薬師岳~遙かなる山路への第一歩

2019.09.06(金) 3 DAYS Toyama, Gifu
たこさん
たこさん

活動データ

タイム

12:02

距離

21.9km

上り

1,852m

下り

1,850m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

働き方改革による年間五日間の有給休暇取得の義務という制度。立場的に有給が取りづらかった自分にとって堂々とこの上ない素敵な制度♪今年こそ必ず平日に有給使って泊まりでと春先から虎視眈々と計画を練ってました。選択肢が増える7月以降に、されど子供ら夏休みで二学期になる9月まで待ちました笑 天候の安定しない9月、過去9月に予定した泊まり山行は中止か雨にたたられてましたが絶好の2日間となりました♪ 天候の都合で全てに対応しようと東北から西限で白山、北ア南ア奥秩父など全ての地域にアンテナを張り巡らし、直近で北アの安定を確信し新穂高か折立で計画を進めてテントを購入した時からずーっと行きたいと色んな意味で遠かった折立へ。 今回は色々と軽くしたつもりがそれでも19㎏(´Д`)薬師峠キャンプ場まで高低差1000の約8㎞、牛歩で一歩一歩進みますがなにせこの重さ背負ってガチで登るのは山岳部以来笑 歩荷慣れしてない体にはキツかったですが、最初のベンチまでの急登を終え次第に重さにも慣れ快調と思いきや先述の腹の調子です笑 無事小屋につき懸念を払拭すると目の前の山々に、ついにここに来れたと一回目の感無量笑 憧れの裏銀座、稜線フェチにはたまらない鷲羽岳と水晶岳、そして黒部五郎と間近で見る黒部源流の山々とそこへと向かう第一歩に益々感無量 翌朝山頂からは憧れ続けた黒部源流の山々が益々よく見える、私の足では二泊あっても厳しいですがいつかはとの思いを馳せしっかりと目に焼き付けてきました。   すでに何回も感無量笑 歩荷練とともにいかに軽くするか(酒を減らせw)も考えつつ、装備も再考です。 何気に初ソロテン泊でしたが予定変更も重さもソロの醍醐味かと笑 いつかは歩く遙かなる山路への第一歩、天候にも恵まれて今思い返しても感無量です(^^ゞ

有磯海SAにてSA仕様のマイルドな富山ブラック
ここも今回の目的の1つ♪
有峰林道亀谷ゲート到着。7台目くらい、通行料金1900円
いずれ来るであろう来たるべき時へのようやくの第一歩
最初のベンチから、剱や奥大日の山々 この前後から腹の調子が悪い…
さすが北ア、整備されまくった登山道をさらに整備されてました。 ついでにストッパ飲んで腹も整備しておきました
薬師岳現る♪ウヒョー(・∀・)といつもならニヤつくところ、背負う重さと腹の具合でかなりシンドイ
トイレがいや小屋がもうすぐ
太郎平へ。見たくてもなかなか見れない山々キター(・∀・)
テントの受付(1000円、トイレ水代込み)を済ませテン場へ
薬師峠キャンプ場までちょいと下ります
快適な場所♪せっかくなので昼食べに太郎平小屋へ
キタコレキタコレ♪
こちら太郎ラーメン(1000円)、普通のラーメンと何が違うのだろうかと、多分山菜的なやつがあるか否かではなかろうか
水晶岳(黒岳)が素敵♪
中央とんがりワリモ岳、右奥に鷲羽の頭、その前が祖父岳 手前の平らなところが雲の平
ド迫力の薬師岳東南稜
左水晶岳からワリモ岳、鷲羽岳まで
薬師岳の懐の深さよ
富山湾と能登半島
太郎平小屋までの色々がシンドカッタので薬師岳アタックを明朝にして、マッタリ過ごすことに
軽く一眠りして夕方散歩
まだまだ残るツガザクラ
お夕飯です、今日はワンバーナーで
ご飯を蒸らしてる間に、塩豚鍋作ります(某有名ブログ参照)。仕込んでおいた塩豚を家で切って酒とニンニクで揉み込んで凍らせて持ってきます。
鶏ガラスープの素をちょいと入れて野菜と油揚げを煮込む、七味をかけて♪シンプルで美味い
サンマ蒲焼き缶と乾物(干し椎茸、アタリメ、貝ひもの干物)の炊き込みご飯。吸い物の素を入れて炊き込む。これも美味し
このまま酒飲んで寝るわけにはいかないので笑 アーベントタイム
ちょっと色づいてきた水晶岳ら
もう人の往来がなくなった木道で、贅沢な一時♪
中央、黒部五郎は雲の中
中層域に雲がわいているため地平線へのサンセットは無理っぽい
なかなか素敵なアーベント薬師
草紅葉が始まりつつある草原も赤くなり
益々アーベント♪♪
邪魔なやつらが水晶を隠しやがる
山容が白いので赤さが映えるね
ドンドン沸いてくるわ(´Д`)
さよーならー
良き時間でした
あっという間に暗くなります。この後テント内でチビチビ飲んで7時半には寝ました
星空ミッションスタート
三脚忘れるし(´Д`) 安物ミラーレスでもこれくらい撮れる事がわかりました
もっと勉強ですな
ご来光には間に合わないであろうけど、夜が明けてきました
富山の夜景、朝だけど
槍から穂高のモルゲンシルエット
山頂アタック中、薬師岳山荘を見下ろして
槍、穂高から右側黒部五郎、笠ヶ岳
まだビクトリーロードではありません
なんだかんだ槍には目が行く
このギザギザ連峰は眺めるのが一番笑
黒部五郎(中)笠ヶ岳(左)乗鞍(左奥)御嶽山(右奥)
今さらカメラの設定で明るく撮れる事を知る笑
一応避難小屋
山頂にはたくさんの人が
これこそビクトリーロード
モルゲンくさくなってきた槍ら
陽はとうに昇ってました
モルゲンな薬師岳圏谷群(特天)の中央カール
後立山シルエット
写真撮ってて進みません
およっ、フジヤマ?
遙かなる山路への第一歩薬師岳へ
と、剱立山から後立山のオンパレード♪
薬師堂です
autoで撮るとまだ暗いが、
マニュアル設定で撮るとこれだけ違うのかと改めて思い知る無知。 実はシャッター速度の設定を誤ってブレブレ画多数の無念(´Д`)
長野は雲海だね
マダム達の撮影会をしばらく待ってようやく
五色ヶ原方面へ縦走するテン場が一緒だった山岳部若人達、若いっていいな♪
剱立山のツーショット
剱の存在感たるや
立山と奥に五竜と鹿島槍
素敵な朝日でした
こちらは白山
黒部五郎がモルゲン
泊まらなきゃ見ることが出来ない醍醐味♪
フェーンのせいかこの時期のこの標高の朝にしてはそれほど寒くもなく。
中央カールと山々、逆光がキツくなってこっち方面ばっかり撮る羽目に
黒部五郎と笠ヶ岳と乗鞍
槍穂高、手前は三俣蓮華とか双六とか
次来るときは向こう側へ
薬師岳山荘と太郎平小屋、そして黒部五郎へと続くダイナミックな稜線
トウヤクリンドウ
この山最大の欠点は朝は常に逆光となること笑
果穂果穂果穂
振り返って、行きは暗くてわからなかったこんな稜線を歩いて山頂まで
薬師平
テン場に戻りました
撤収完了、19㎏で来て飲み物食材がなくなって軽くなったと言っても14㎏くらいはあるからやっぱり重い笑
極上の2日間でした
次はあちら側へと思いを馳せ
マッタリとか言いつつ結果的にこれが正解で、色んな薬師岳と周りの山々を眺められて我ながら会心の旅になりました
ビールはやめときます笑
折立までクソ長い下山が始まります
さらば薬師!
疲れた足にこの石まみれの登山道は…
さらば剱!
んちゃ!行きでは撮る気すら起きなかった名物アラレちゃん
歩荷慣れしてない足がガッタガタで戻りました。それにしてもこの標高でこのクソ暑さ
最近ルーマニアファンタばっかり(´Д`)
立山町の鱒寿司屋大辻。ます寿司買って帰らないとえらいことに笑
さらば剱!さらば薬師!なんつってたけど普通に麓から国上弥彦角田のように剱立山薬師と見えますから笑
ラーメン食ったし、寿司は鱒寿司あるしで魚津のとんかつやでヒレカツ定食、ボリュームたっぷり♪ 段取りよし!素晴らしい分担制で待ち時間もそれほどなく出てきます。
やっぱ美味いね♪

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。