加西ポタリング 北条線

2019.09.03 日帰り Hyogo

活動データ

タイム

05:41

距離

60.6km

上り

995m

下り

983m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

昨日に引きつづきポタリング。 数日前yo4o3さんが拙宅を訪ねてくださった粟生経由コースが面白くて、その逆を行ってみた。 そう言えば、神鉄を粟生まで乗ったことがなかったし、北条線も「長」までだった。 粟生駅は、神鉄、JR加古川線、北条鉄道の交わる要衝。 その割には、質素で田舎臭い。跨線橋も昭和の雰囲気でいい。ここで乗り換え。 北条鉄道の列車は、西脇へ行くJRを右手に見送り、草の生えた鉄路を行く。乗客は数人。 列車内に置かれた130円のワッフルを食べながら車窓から加西アルプスの山並みを眺める。 コーヒー缶くらい買っておくのだった。 北条町駅に降りて、駅員さんに教えてもらった喫茶店で昼食。 その建物の3、4階が加西市の図書館になっている。 図書館の良しあしは、その町の教育・文化水準を現すという独断をもっている私は機会があれば、そこをのぞくことにしている。 広々としていい図書館だった。下がコープで食べ物もある。 こういう商業施設とジョイントさせるのは、いいアイディアだと思う。 物を食べるように本も読めばいい。 30数年ぶりに五百羅漢に寄ってみた。どうも記憶と違っているような。 こんなに木立の中だったかなぁ?料金もとるようになっている。 「親が見たけりゃ」ここへ来ればいいそうだ。 前に来たときは、今は亡い親といっしょだった。似た顔は見つけられなかったが思い出す。 笹塚古墳と玉丘古墳にも立ち寄ってみた。 「播磨国風土記」に記された根日女の墓と伝えられる玉丘古墳は、整備され気持ちの良い所だ。 日陰の風の通る場所で昼寝をした。 帰りは、播磨中央自転車道をひた走り、粟生駅まで戻った。 北の空にうず高く盛り上がる積乱雲が、行く夏の名残りのように思えた。

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。