バースデー登山 快晴の「アポイ岳」-2019-09-02

2019.09.02(月) 2 DAYS Hokkaido
ゆきを
ゆきを

活動データ

タイム

04:25

距離

10km

上り

845m

下り

845m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

今年から始めた登山、ここだけは必ず登ると決めていた「アポイ岳」、何度も何度も悪天候で断念 誕生日のこの日、天気は快晴、準備を整えさぁ出発 駐車場に先客2台、登り始めると、暑くなく寒くなく、またガスもかかることなく最高の登山日和 時折ふり返ると太平洋の絶景が素晴らしい 天気、眺望に恵まれどうしても早足になります。 頂上手前の登りは楽しめました。 いきなり現れた頂上、途中の景色に比べるとはっきり言って期待外れです。 でも、沖縄の波照間島出身の私が北海道のアポイ岳山頂にいる、そう考えるとそれだけで感慨無量 山頂からHBCラジオに電話してメッセージ読んでいただきました。 誕生日の良い記念になりました。 森結有花アナ、ありがとうございました。 さぁ下ります。 膝の痛みも気にならず太平洋側や日高の山並みを愛でながら下山完了 下山後は、アポイ山荘のアポイの湯で疲れを癒やすの巻 大好きな山になりました。 今年中にもう一度チャレンジしたいと思います。 ちなみに、ちなみになぜか写真がアップできません。 一括では全くアップできず、1枚づつまたは数枚づつしかアップできず、ストレスたまりまくりです。 皆さんはどうでしょうか?

駐車場から登山口へ
熊🐻に注意
ちゃんと守りましょう。
アポイ岳が迎えてくれてます。
入山届け
この橋を渡ります。
足裏をしっかり洗います。
しっかり洗います。
1合目
登ります。
🐻よけの鐘を鳴らします。
先客です。
所々に休憩所が設けられています。
食害調査
第4休憩所
綺麗に整備されています。
3合目です。 2合目はわかりませんでした。
3合目
4合目
5合目
山小屋
山小屋裏から太平洋望む
太平洋望む
あそこへ行くの?かな
山小屋
あそこが頂上
稜線
階段
絶景
急登
絶景
絶景
ひたすら登る
毒ヘビ注意 どうやって注意しようかな?
はんれい岩質とかんらん岩の互層らしいです。
絶景
絶景
絶景
さぁ頑張って登ります。
7合目、かしがってます。
お花発見
馬の背花畑
頂上は近い
お花
眼下に絶景
先客
もうすぐか?
帰りはこっちから
8合目
楽しめました。
ふり返ると太平洋望む絶景
もうすぐ
見づらいけど9合目
いきなり山頂
アポイ岳頂上
お約束
祠がありました。
山頂
登山者全員の無事祈願しました。
山頂はこんな感じです。 ここからHBCラジオに電話してメッセージ読んでいただきました。 いい記念になりました。(笑)
下山です。
ふり返ると山頂 あそこから下山しています。
日高の山並み
ここから来ました。
太平洋の絶景
山頂が遠くなる
階段 蛇籠積みですね。
こんな快晴 誕生日プレゼントかな
ススキが揺れています。 秋の気配です。
戻って来ました。
橋の名前はあぽいばし
橋の名前はアポイ橋
お疲れさまでした。 こういう心遣いが妙に嬉しい またきます。
下山後、アポイ山荘へ
アポイ山荘、アポイの湯で疲れを癒やすの巻

活動の装備

  • ツオロミーブーツ ワイド オリーブグリーン(OVGN)
    mont-bell

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。