相馬山・天目山の登山-2019-08-27

2019.08.27(火) 日帰り Gunma
よしけん
よしけん

活動データ

タイム

04:31

距離

8.3km

上り

643m

下り

711m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

ヤセオネ峠→(50分)→相馬山→(45分)→磨墨(スルス)峠→(ユウスゲ群生地経由30分)→松之沢グランド→(60分)→天目山→(40分)→氷室山→(30分)→天神峠→(20分)→湖畔の宿記念公園 活動時間4時間半(8.2㎞) 高低差314m(累積高低差733m)  尾根沿いを歩く楽なハイキングコースかと思いきや、アップダウンの多い登山コースでした。  この日の東京の最高気温が30℃。ここ榛名湖周辺は25℃弱だったのでしょうか。心地よく汗をかくことが出来ました。

 まず湖畔の宿記念公園前の無料駐車場に車を停めて、バスで出発地のヤセオネ峠に向かいます。
 ヤセオネ峠バス停到着です。湖畔の宿記念公園から410円です。ただ本数が少ないので時刻表などの下調べは必要です。
 バス停から見える大きな鳥居が目印です。ここがまず最初に目指す相馬山の登山口です。
比較的なだらかな上りを20分ほど登ると再び鳥居が見えてきます。この先に相馬山と関東ふれいあいの道の分岐があります。
分岐を相馬山方面へ向うと、今までと打って変わって道が険しくなります。所々、チェーンや梯子を伝って登ります。
 分岐から30分間、ハードな上りが続いた末、標高1411m、相馬山山頂に到着しました。
曇り空の為に景色は楽しめませんでしたが、涼しいです。  山頂の黒髪山神社で登山の無事を祈り、分岐まで来た道を戻ります。
次はスルス峠(磨墨峠)を目指します。
下りの道が続きます。
スルス峠(磨墨峠)です。休憩所がポツリとあるだけです。
次はユウスゲ群生地を通って天目山を目指します。
ユウスゲ群生地です。残念ながらユウスゲ(黄色の花)はもうほぼ終わってました。
 ユウスゲ群生地を抜けると松之沢グランドがあります。  ここにはトイレがあります。但し自販機はありません。
 再び山道に入り、天目山を目指します。  山道の状態は草で覆われて良くありません。
長い長い上りが続くのですが、木々の隙間から時折、顔を出す景色に気持ちが救われました。
 松之沢グランドから登り続けること1時間。標高1303mの天目山山頂に到着です。  ここで昼食を摂りました。
天目山から40分。標高1236mの氷室山山頂に到着しました。
後は天神峠までひたすら下るだけです。
天神峠のバス停です。この路線は最初に乗車した伊香保方面に向かうバスではなく、高崎駅に向かうバスです。
もう少しで車を停めた湖畔の宿記念公園前の駐車場です。
 最終目的地の湖畔の宿記念公園前の無料駐車場に到着です。  奥に見えるのは榛名湖&榛名山です。
最後は榛名湖温泉ゆうすげ元湯に立ち寄って、汗を流して帰りました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。