乗鞍岳で、やっと50座 半分万歳

2019.08.26(月) 日帰り Gifu, Nagano
takabou
takabou

活動データ

タイム

03:58

距離

6.4km

上り

527m

下り

868m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

本日の乗鞍岳登頂で、日本百名山の半分を登ることができました。 百名山を意識したのが、5年前に、今80歳になるおじさんが、75歳で達成されたのが、きっかけになったと思います。 それから、ねちねちと登ってきましたが、やっと半分。先は長いなー 西日本は、全部登ってますが、アルプスも含めまだまだこれこらです。 本人は、体力、資金力は落ちてますが、気力だけはまだまだ衰えてないので、これからも頑張ります。 少しは、乗鞍岳の話もしておかないとね。😅 今回は、最短距離の、畳平    からの往復を考えていましたが、途中の肩の小屋までの道が幅の広い、砂利道だったので、ここをまた降りるのは、勘弁して欲しいと思い、バス停2つ分ほど、違う山道をおりました。 バスの時間と競争になりましたが、標準タイムより少し早く下りれて、前日の若者と降りたトレーニングが効いたかな☺ 乗鞍岳は、老若男女が登られており、特に小さな子どもが多く登っていたのが、感動ものでした。

乗鞍スカイライン 前日は、全国から足自慢のチャリダーが集まってました
自動車で登れる、日本最高点のバス停らしい
神社は、ここにもありました
畳平登山口
さあ、出発
ヘルメットかぶって、測量してるかと思ったけど、植生の調査でした。 学生かな?
最初はこのように、幅広の砂利道
やはり、火山でできた山らしく、池はありました
まだ、砂利道が続きます
頂上は、ガスのなか
観測所には、一般の人は行けません
肩の小屋に到着 夜の星が売りらしい
ここからやっと、登山道らしくなります
ガレ場が続きます
肩の小屋を上から こちら側は、天気がいいのになー
ピークをふたつ越えて、頂上が見えてきました
月曜日なのに、多くの人が登っています 子連れが多い
頂上小屋を過ぎたら
山並みが、見えました 勿論、写真ですよ
剣が峰の直ぐした
登頂 こっそり、5本指を出してますが、勿論だれも気づいてくれません
頂上は、満員電車状態
少し降りて、ここで昼食
上高地で買った、オニギリ弁当 野沢菜漬けが、無茶苦茶美味しかった
角度を変えると、ハートにみえません?😅
途中のピークは、蚕玉岳と読みます
中学校の夏期学校?
帰りは、肩の小屋から、別の山道を降ります
歩きやすい登山道です
ここは、春には大雪渓を登ったり、スキーも出来るらしい
スカイラインに出ますが、横断してまだ登山道を降ります
ここからは、登山バスの時間との闘いになりました。 標準タイムで降りれば、間に合います
枯れ川の道です 水量の多いときは、歩けないらしい
歩きやすい、道ですが、川沿いだけに、花が多く咲いていて、写真を撮る時間が標準タイムの敵になってきました
でも、やっぱり撮ってしまう
段の高い所もあり
ちょっと、沢下りを楽しんでしまった
まともなルートに戻りましょう 時間が無い
乗鞍岳も、最後のお別れ
1回もスカイラインに出ますが
直ぐに登山道に戻り
先ほどより、幅の狭いルートです
ここらは、写真をとるのも我慢して、おりるのに集中しました
やっとバス道路に出たと思いましたが
バス停は少し下にありました
ここを走って
標準タイムを5分あまして、バス停に到着
まだ、余裕がありましたが、この後バスがいっぱいで、30分以上待つことに
待っている間に、チャリダーがどんどん降りて行きます さすが、自転車のメッカ
やっと、観光センターに戻り、温泉と
ビールで独り祝杯をあげました 寂しいなー😂 もう一座、頑張りますよ

類似する活動日記

この活動日記で通った山

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。