由布岳 お鉢回り-2019-08-25

2019.08.25(日) 日帰り
YOSHI
YOSHI

活動データ

タイム

04:00

距離

8.2km

上り

1,209m

下り

1,205m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

2回目の由布 午後からだったので少し小走りになってしまいました。 今度は朝からゆったり登ろうかな。 大分県湯布院町(現・由布市湯布院町)と別府市との境にある山。  双耳の岩峰を東西に突き上げるようにして屹立する姿は、古代から神います山としてあがめられ、数多くの伝説や物語が残されている。また『豊後風土記』には「柚富峰」として記され、『万葉集』には「木綿山」として詠われている。そのシンボリックな山容から、「豊後富士」の愛称がある。大分県の名峰の1つで、登りやすいこともあって、九重連峰に次いで根強い人気がある。  独立峰だが、由布・鶴見火山群に属すトロイデ火山で角閃石安山岩からなる。由布岳の最新の活動は2000年前ごろだが、鶴見岳(1375m)は『日本三代実録』によれば貞観9年(867)の記録がある。ともに豊富な温泉を提供している。  山頂からの展望はよく、火口跡や美しい由布院盆地、さらに九重連峰や祖母・傾山地、耶馬渓山地などが遠望できる。また、ミヤマキリシマや霧氷の美しさも見逃せない。  やまなみハイウェイ(九州横断道路)の正面登山口から取り付くのが一般コースで、山頂まで2時間。西登山口から寄生火山である飯盛ガ城(1067m)を経由するコースは3時間。猪ノ瀬戸の東登山口からは2時間。 

動画

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす