雲取山荘クリスマスパーティー! 峰谷バス停〜七ツ石山〜雲取山荘〜雲取山〜三条の湯〜お祭りバス停

2014.12.20(土) 2 DAYS
Ixxal3Sm
Ixxal3Sm

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

2014年12月20日の土曜日に雲取山荘でのクリスマスパーティー。 奥多摩駅0743発の峰谷行きのバスで、峰谷に0820頃に着。この日このバスでの登山は1人だけ。トイレもあります。しばらく車道を歩いて奥の集落を目指します。途中で近道。案内板もあるので、迷うことはないと思いますが、民家に直進してその目前で左に曲がる箇所があります。 鷹ノ巣山避難小屋への尾根道はうっすら雪化粧。足あとをみると、この日は数人程度しか通っていないようです。マウンテンバイクと思われるわだちも。 鷹ノ巣山避難小屋へ1130頃。小屋で昼食。水場も使えました。今日は鷹ノ巣山には登らず、石尾根縦走路へ。昼過ぎには雪が舞い始め、風も出てきました。 七ツ石山への縦走路はすべて巻いて。七ツ石山は巻くと遠回りになるかなと思い、登ります。この辺りから風も雪も強くなってきます。 天候も良くないので、小雲取山を超えた後は雲取山荘への巻き道へ。ここが一番雪が積もっていましたが、それでも20cm程度。ここまでのルートでアイゼンは使っていません。 1530頃に雲取山荘へ。夕食後のクリスマスパーティーはホールケーキにシャンパン、フライドチキンの代わりに手羽先。参加者は60人程度(?)でしょうか、きちんと数えたわけではありませんが。 夜になり、雪は雨に。この時期にしては暖かい夜となり、翌朝の雲取山への道はツルツルの氷道。この日はアイゼンを着けて出発です。 山頂からは富士山や南アルプスなど綺麗に見えました。 下山は三条ダルミから三条の湯へ。三条ダルミへの下山道はこちらも凍っていますが、雪はあまり積もっていないので、さくさく歩けます。 三条ダルミから三条の湯は、ところどころ凍結していますが、アイゼンを着けていればそれほど危険でもなく。途中の水場もいきていました。 アイゼンは青岩鍾乳洞との分岐で外したのですが、ちょうど三条の湯が見えてくるあたりで凍結箇所が多数。小屋前も氷がはっており、小屋まで着けて行けばよかったかなと。 三条の湯を独り占めしてから、さらに下ります。このあとはほぼ平坦な道をだらだらと。東京の水源地を見ながらバスの時刻にあわせて、1330にお祭りバス停へ。1348バスに乗り、1430頃に奥多摩駅到着です。 いつもは三峰に下るのですが、三峯神社の神の湯が休止と聞いて、三条の湯へ。後半の林道があまり楽しくないので、下山ルートとしては個人的にはオススメできないかなと。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす