与那国島-2019-08-20

2019.08.20(火) 2 DAYS Okinawa
momosaku
momosaku

活動データ

タイム

04:50

距離

38.4km

上り

978m

下り

974m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

8月17日から与那国島へ。 18日 19日はダイビングをして 念願の海底遺跡をこの目でしかと確認できた。自然造形か遺跡かまだ決着がついていないようだけど いずれにしても 素晴らしい景観だった。 そして20日は 電動自転車を借りて島内一周。 お天気が不安定な中、灼熱にさらされ 雨に見舞われ なんとか完走。 事前の情報で起伏が激しいことはわかっていたけど 想像以上にキツくて 想像を遥かに超えて爽快でした。

最初の目的地 ナンタ浜にはすぐに到着
本日の愛車
誰もいないビーチ
18日に行ったティンダバナ
浜に咲いていたキレイな花たち
ティンダバナと宇良部岳
祖納港 漂着ゴミがー
東崎へ向かう
カメラ目線のヤギ
お馬さんと一緒
東崎の灯台が見えてきた
到着〜。
展望台は馬に占拠されている
足元注意だ。いたるところに 〇〇○
親子かな
先端にあった
灯台 当たり前だが登れない
岬からの風景 長閑だけど 足元にはくれぐれも注意だ
東崎から下りを気持ちよく疾走 でもすぐ向こうに上りが見える〜
おぉ。琉球の風の撮影地か
サンニヌダイの説明を珍しくちゃんと読む
軍艦岩
千畳石
なかなかの絶景なのに 購入した観光ガイドブックには載っていなかった
暗雲が広がっている
立神岩
展望台にあった
真上から見えるようだけど 雲行きが怪しいので先を急ぐ
比川集落に到着
まずは ここから
おお。コトー先生いるかな
コトー先生どころか誰もいない とりあえず入場料300円を置いて 失礼しまーす
病室から比川浜を眺める
屋上からの眺め
カタブル浜へ
蟹が急いで横切る
ここのビーチも誰もいない
人よりも馬の方が多い
と 思っていた矢先 女性一人旅のガイドをしていたオジイが突然声を掛けてきて 一緒に案内してあげると まずは 「俺が見つけたライオン岩」だと。
オジイ オススメの景観は続く
グアバだそうだ
団子三兄弟だと
おひとり様用お風呂だと
まぁいろいろ親切である
なかなか1人では踏み込まない藪越えたしね
晴れていれば台湾が見えるそうだ
とりあえず オジイありがとう
オジイと別れ 西崎を目指す
あと少し〜
可愛い花
日本最西端の碑に到着するも
本当の最西端はあの岩だそうだ トゥイシ というそうだ
西崎の灯台
ダイビングでお世話になった久部良港
東屋にあった
日本最西端の公衆トイレ
波に乗って浮かれているモニュメント
ちょっと 悲しい久部良バリ
こんなに静かで美しい場所なのに
日本最西端の灯台と岩も見える
久部良バリ近くに気になる廃墟
特になんの説明もないが いつでも花はキレイだ
ダンヌ浜へ
この円の中に落ちる夕日が美しいそうだ
真ん中で眠っていた 黒ニャンコが近づいてきた。 お腹が空いているのかスリスリしてきたけど ゴメンね何も持っていないのです
ダンヌ浜も誰もいない
お腹が空いてきたので 空港のレストランでランチ
お腹も満たし 与那国岳を目指したが 山頂は黒雲に覆われ 雨が一層激しくなるので 自転車から降りることもなく 下山
とにかくゴール目指して走る
ホテルだー。ゴールだー。 与那国岳については なんだか迷い子のような軌跡を残しただけになったけど 40キロ 楽しかった。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。