唐松岳(信州百名山)

2019.08.18(日) 日帰り Nagano, Toyama
u2
u2

活動データ

タイム

07:35

距離

14.2km

上り

1,315m

下り

1,315m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

先週の五竜岳に引き続き、今週はお隣の唐松岳にハッポウタカネセンブリを探しに行ってみました。 さすがは本家の八方だけあって沢山のハッポウタカネセンブリを見つけることができました。

黒菱駐車場からスタートします。
東の空が赤く染まってきました。高妻山のシルエットがいい感じです。
はじめはゲレンデの道を進みますが、この坂が一番きつかったかも知れません。
モルゲンロート白馬三山。
白馬槍ヶ岳。
トレッキングコースを進みます。木道や石が朝露で滑りやすくなっています。
ハクサンシャジン。
鹿島槍ヶ岳と五竜岳も見えてきました。
朝露に濡れたホツツジ。
マツムシソウ。
イワショウブ。
そして本日の目当ての花、ハッポウタカネセンブリもありました。写真は帰りにゆっくり撮りたいと思います。
ハクサンシャジンと白馬三山。
気持ちのいい青空です
分岐を石神井ケルンに向かいます。
石神井ケルンに到着しました。鹿島槍ヶ岳と五竜岳がいい感じです。
五竜岳。
ハッポウウスユキソウ。
ミヤマダイモンジソウ。
第2ケルンを通過します。
ミヤマアキノキリンソウ。
八方ケルンの横顔が見えてきました。
白馬三山に雲が湧いてきてしまいました。八方池までもつでしょうか。
キンコウカ。
八方池に到着しました。水面が鏡のようです。
クガイソウと白馬三山。
飯森神社奥社の祠と白馬三山。
八方池のビューポイントに到着しました。超絶景です。凄すぎます。
逆さ白馬三山。
逆さ天狗ノ頭。いつまでも眺めていたいのですが先に進みます。
カライトソウ。
ハクサンシャジン。
ここから先は登山の装備と技術が必要らしいです。
タムラソウ。
タテヤマウツボグサ。
シモツケソウ。
一部では早くも紅葉が始まっています。
扇雪渓で小休止。
ヤマハハコ。
チングルマの綿毛。
山頂が近づくとだんだん下ってくる登山者が増えてきました。
渋滞発生中。ここでしばらく待たされます。
山頂がだんだんと近づいてきました。
狭い場所では譲り合い。
もうすぐ唐松岳の山頂です。
唐松岳山頂に到着しました。リフト組がまだ登ってこないのでそれほど混雑していません。
剱岳をバックに山頂標識。
立山と剱岳。
立山をアップで。
剱岳。
先週登った五竜岳には雲が湧いてきてしまいました。
白馬三山方面も雲がかかってしまいました。
水晶岳、赤牛岳、黒部五郎岳、薬師岳。
なぜか山頂にはチョウがいることが多い気がする。
リフト組が登って来る前に山頂を後にします。
コマクサ。
コマクサ。
トウヤクリンドウ。
予定の時間よりもだいぶ早いので牛首という所まで行ってみます。
ハクサンフウロ。
牛首から五竜岳方面のクサリ場。こちらにもいつか行ってみたいと思います。
唐松岳頂上山荘に戻ります。
リフト組が登って来て登山道が込み始めました。
コバイケイソウ。
ミヤマリンドウ。
カラマツソウ。
イブキジャコウソウ。
ネバリノギラン。
八方池に戻ってきました。この辺りからは人がいっぱいです。
ミヤマママコナ。
ウメバチソウ。
ミヤマコゴメグサ。
イワショウブ。
ハッポウタカネセンブリ。目立たない花なので誰も見向きもしません。
ハッポウタカネセンブリ。
ハッポウタカネセンブリ。
こんな状態なので慌てずゆっくりと下ります。
八方ケルン。
クルマユリ。
ミヤマクワガタ。
オトギリソウ。
ミヤマシジミかな。小さなチョウを撮るのは難しいです。
ヨツバヒヨドリ。
オオバギボウシ。
ネジバナ。
黒菱駐車場に無事戻ってくることができました。

この活動日記で通った山

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。