とりあえず鳳凰三山

2019.08.18(日) 日帰り
pong
pong

活動データ

タイム

07:27

距離

27.8km

上り

3,631m

下り

3,634m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

しかし暑い。どうにもこうにも暑い。山に行く気も起きず、最近はジムのトレッドミルを坂道にしてお茶を濁していた。そうこうしていると8月も半ば過ぎ。雨が多かったのもあるけれど、山にぜんぜん行っていない。そろそろ登っておかないと、登りかたを忘れてしまう。 ということで鳳凰三山。夜叉神峠からオベリスクの往復。鳳凰三山はとりあえずビール的な位置づけだ。 午前4時20分、ヘッドランプを点けて駐車場を出発した。里に比べればだいぶ涼しくて、熱中症の心配はなさそう。それでもじわっと汗をかく。出かけるときはなんだか気が重かったけれど、山に入ってしまえば気分は軽い。 夜叉神峠小屋では、夜明け前の空にうっすらと白峰三山のシルエットが見えた。あっちの稜線は、もうちょっと体力をつけてから行こう。 南御室小屋の手前で犬連れの登山者と会った。紀州犬かな。スリムで凛として賢そうだった。小屋で止められて、稜線には上がらずに引き返しているそうで、犬と国定公園っていろいろと難しいところがあるのだろう。犬をなでたかったけれど、へらへらするタイプの犬ではないので、自重した。 南御室小屋で冷え冷えの給水。今回は500mlのソフトフラスク2つと、背中に1.5Lのハイドレを用意した。でもこのルートはちょうどよい場所でおいしい水を給水できるから、実は500mlx2で十分。背中の重りは、そういうトレーニングだと思って背負っておく。 稜線手前の樹林帯にウグイスっぽい見た目の鳥がいて、どうやらメボソムシクイ。銭取り、銭取りと特徴的な鳴きごえ。 稜線に出ると、あぁまたここに来れたなぁと思う。美しい稜線。タカネビランジが砂礫を彩る。トレランっぽく、軽く走ったりする。すぐに息が切れるけれど。 ホウオウシャジンを見たのは1ヶ所だけ。そろそろタカネビランジと交代していくのだろう。稜線ではイワヒバリが近づいてきた。ホシガラスが飛び回る。 オベリスクでは先っちょをぐるっと周って、付け根の狭いトンネルをくぐって、満足。岩場は楽しい。甲斐駒は雲で見えなかった。 帰りに高山性の軽い頭痛がきた。ちょっとした登りで息が上がる。余裕をもって行動していたけれど、高山は何回か登らないと身体が慣れない。 薬師岳まで戻ってきて、夢のような稜線も終わり。帰るのがもったいなくて、少しぼーっとする。 下山を始めて後ろからきたランナーさんに道を譲ると、地元のガチランナーで、ラストの下りをご一緒させてもらった。 後ろから見ていると、軽々と流れるような走り。直線はストライドが大きめで、障害物をひょいひょい飛び越えて、危なそうなところでは左右ステップで減速して、カーブは小股でスタタタと駆け抜ける。迷いのなさが動物的。 苺平あたりのガレた下りが苦手でいつもペースダウンするのだけど、今回はコツを教わってペースアップすることができた。山梨のランナーはみんなガレ場を走るとのこと。神奈川のヘタレは危ないとすぐ歩く。 一緒に走ると、みるみるうちに背中が遠くなる。登山客とのすれ違いの待ちでどうにか追いつく。その繰り返しで必死に背中を追い続けていたら、かつてない速さで下山してしまった。走り抜けるのが気持ちがよくて、下山後はすごい爽快感。また練習しにこよう。トレランのYさん、ありがとうございました。 帰りにトレランショップの「道がまっすぐ」に寄ろうと思っていたら、Yさんは店長さんと知人で、しかも店長さんはさらに下りが速いとのこと。いったいどうなっているのだろう。 道がまっすぐは、いい名前のお店だなと思って気になっていた。スポーツウェア特有の変なハイテク感がなくて、けれどちゃんと山で使える機能的な服なんかを売っている。家ではTシャツを買う気満々だったのに、山で賢者モードになってしまい、お店に寄ったときに物欲がわいてこなかった。帰ってから、あのTシャツ、買っとけばよかったなと思っている。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす